『サラの鍵』

鑑賞しました。そして、心に深く刻まれる作品となりました。

saranokagi.jpg
フランス映画『サラの鍵』

1942年夏、ユダヤ人の少女・サラの身に起きたあまりにも痛ましい出来事を、
現在と過去とを行き来しつつ描いた作品。

父と母・・・
想像し難いほど過酷な運命が幼いサラの小さな心にのしかかる。
しかし、手を下したのはヒトラー率いるナチスではない。
直接手を下したのは、当時のフランス政府なのだ。
そして、弟・・・

サラが深い絶望の淵でもがき苦しむ間、
我々観客の心もまた激しく痛み、とことん絶望を味わう。

とっても過酷なのだ。そして悲しいのだ。
わかっている。だってそれは戦争の最中の出来事なのだから。
かつての日本だってそうだったし、世界のどこの国でもそうだったに違いない。
悲しくって当たり前。
それは重々承知している。わかってはいるが、やっぱり、とてつもなく悲しい。
それでいて、ふしぎなことに、
悲劇の波間に漂ううち、ワタシの心はすっきりと洗われてゆく。
悲しい、だけではないのだ。
残酷でありながらも、なにか清々しい。
気がつけば、この物語の内々に己自身の存在を感じ取っているような錯覚に落ち入り、
次第に、あたたかい、澄み切ったような気持ちに変化してゆくのがわかった。

破滅的なサラの運命を描いたこの悲しい映画は、間違いなく良い映画なのだ。
だから、悲しいけれど、同時に、とても嬉しい。

悲しいのに、嬉しい。

それは・・・ワタシがだいすきだからなのかもしれません。
フランスのことが。

映画の中で描かれている狂ったような出来事は、かつて、かの国で現実に起きたことであり、
それをこの映画を通じて当時のフランスの人々の痛みをほんの少しでも共有できたことの喜び。
それは一種の、安堵感みたいなものかもしれません。

命はいつか果てる。
でも命の ”ある部分” は何かのかたちに姿を変えてこの世に残る。
そうして命は何か ”別のかたち” として生き続け、決して消えることはない。

あなたは、この作品に何を見い出し、何を思うでしょうか・・・
ぜひご覧下さいまし。

『聯合艦隊司令長官 山本五十六』

先月末(つまり昨年末)鑑賞してきました。

東映映画『聯合艦隊司令長官 山本五十六』。
五十六2

ワタシらの世代的には、どうしても比較してしまうのが、
isoroku68.jpg
昭和43年東宝制作による『連合艦隊司令長官 山本五十六』であります。

主演の三船敏郎氏の存在感、円谷英二氏の特撮技術、佐藤勝氏の音楽が印象的な作品でした。
isoroku68a.jpg isoroku68b.jpg
皆さんすでに故人となられて久しいですが、作品の中では今もこれからもご活躍なわけですね。

ちなみに以前、広島県呉市にある帽子屋さんを訪れたことがありまして、、、
boushiya.jpg
山本長官の軍帽はこのお店で作られていたのですよー。


さて、今作のほうです。
isoroku_cgi1.jpg
現在も公開中の作品ですから、詳細な内容については書きませんが、、、
昭和43年の東宝版との違いについて、2点触れておきたいと思います。

1つは脚本及び演出について。
歴史上の人物を史実に基づいて描いた作品なので、どうしても東宝版のリメイクに思えてしまいますが、その後新たに得られた研究成果が反映されたり、当時の社会情勢に関する解釈の仕方も刷新されていて、そこに今作のオリジナリティを見出すことは充分可能です。
特に東宝版の時代は、俳優にも制作スタッフにも、また多くの観客にも、戦争体験者が大勢おられた。そのためわざわざセリフにしたり描写しなくても共感でき、理解できた部分が多々あったはずなんですが、さすがに戦後67年を経た現在においては、背景にある当時の世界情勢と太平洋戦争の因果関係、そもそも我が国の戦争とは何か、そこで散らされた命とは何であるか、といったことをあらためて判るように描く必要があり、それらが加わったことは今の観客にとって大いに歓迎すべきでありましょう。
こうしたほうがいいんじゃない?なんて思うところも若干あったものの、それはそれとして。
じっくりと楽しませていただきました。

2つめはCGIにより、過去の特撮ものとは比べ物にならない程に映像がリアルであること。
映像技術の革新は目を見張るものがあり、そろそろCGか合成かそうでないのかの区別が難しくなってきました。一方でその迫真に迫った(迫り過ぎた)映像のせいで「ホンモノみたいによくできたニセモノ」の写真を延々と見せられているような印象が強いのも事実。嘘なはずなのに妙にリアル過ぎて、脳がいささか疲れてきます。一部ではミニチュア模型を使用した特撮シーンも存在していて、一式陸攻のカットでは護衛機のコクピットからの見た目ショットがミニチュアで撮られており、その場面にはぐっと感情移入することができましたけれど、それ以外の、どこかのできそこないのゲーム画面みたいなのを散々見せられて、そこに豆粒くらいの人間がキレイに合成されていたりしても、大して驚かないし、さほど感動もしないし、感情移入もできにくい。
ほー、よくできとるねー、くらいのもので。
この「ホンモノみたいによくできたニセモノ」を見せつけることが、はたして映像技術の革新の帰結と言えるのか。ワタシにとっては、いやはやナントモ、なのであります。
がしかし…時計を逆回しにはできないもんですからネェ…。
isoroku_toku2.jpg isoroku_tokuR1.jpg
↑模型のコクピット越しにカメラを据えて撮った↑一式陸攻撃墜の臨場感溢れる特撮カット。


昨年末に最終回を迎えた『坂の上の雲』といい今作といい、実にタイムリー。
五十六1
日本の若い人たちに、またそうでない人たちにも、この機会にぜひ観ていただきたい。


しかしナンですなぁ、CGIも含めて映画作りのデジタライズがほぼ完成の域に達したようで、
つまりそれで何が起きているかというと、昔なら東宝映画は東宝映画でしかなく、東映は東映のカラー、大映はそうそうこんな感じ、日活は…松竹は…と各社の社風のようなものが息づいており、映画を見ただけでどの会社が作った(正確には配給した、ですが)作品かだいたい判ったものですが、今やどれも同じような密度、そっくりなカラーで作られた似て非なる複製品みたいに成り果てたようで、今作も東映だか東宝だか外国映画なんだかもぉよくわからない(笑)。
これも映像技術の革新が成せる業、ナンデショウカ??

でもまぁ最近の自動車だってそうだから。どうでもいい広告とかチラシだってそうだから。
一抹の寂しさ。そう、歳を重ねるということは寂しさが増すということなのかもシレマセヌ。


TACといえばウルトラマンA。

仮住まいPART2の地に転居して1週間ほど経ちますが、ず~っとお仕事中(笑)。
就寝時間以外は仕事部屋で絵を描き続け、外出は食事時にちょこっと出かける程度。
そうそう、昨夜は急遽、渋谷まで画材を買いに行きましたっけ。
なんだかんだで2月の後半からこのかた、ちゃんとした休日がほとんどとれていません。

お仕事をいただけるということは誠にありがたく、しかしながら引越し荷物は片付かず。
あと1ヶ月はこんな状態が続きそうです。
ま、そうは言ってもオーライなんですけれどもネ、楽しいお仕事ばかりなので。。。


ところで。近所にて、こんな案内板を発見セリ。
TAC従業員1
『TAC従業員専用駐車場』

子供たちがだいすきなTVの怪獣番組には、怪事件を解決する架空の組織が登場します。
ウルトラマンでは科学特捜隊(略称”科特隊”)。
ウルトラセブンではウルトラ警備隊。
ミラーマンではScience Guard Members(略称"SGM")。
スペクトルマンでは…怪獣Gメン(!?)。

まぁいろいろありましたが、マグマ大使に登場した国際緊急出動とか、ジャイアントロボのユニコーン日本支部、ジャンボーグAのパット(PAT)などは、イマイチ冴えない名称ダナと子供心に思ったものでした。 (怪獣王子に登場したレンジャー遊撃隊というのもナンダカ…)

さて、TACといえば…1972年に放送されたウルトラマンAの劇中に登場した超獣攻撃隊(Terrible-monster Attacking Crew)の略称ですね。

そうか、TACってばこんなところに駐車場を構えていたのか。
例の政府の事業仕分けのせいで(?)ここへ自動車もしくは自転車で通っているとか…。
TAC従業員2
すると、あの裏山にタックファルコンのカタパルトなんかが隠されているのかも?。
出撃時はさぞかし凄い騒音でしょうに、横浜市長に訴えられたりして(笑)。

なんて…おふざけがすぎましたね。
どうやら肩だけでなく脳もコリコリみたいです、嗚呼…。


仮住まいPART2の地では、、、
TAC従業員3
今日もウグイスがあちらこちらで鳴いております。

の・ど・か♪。

1月25日、円谷監督の命日ナリ。

いつの時代にもですね、今しか見ることのできない旬な風物というものはあるにせよ、
東京スカイツリーのお膝元では、大挙しておしよせる見物客にちょっとお困りのご様子。
そのおかげで地域経済が潤おうという嬉しい側面も、もちろんあるわけですけれども、
地元に住まわれている方々は、毎日そこで静かに暮らしておられるわけですものね…。


↓鋭意建設中の東京スカイツリー。
スカイツリー
1月初旬、浅草方面を走行中にシトロエンBXから1枚。
(注:走行中とありますが、他の写真も含め、停車してパチリですよ!)

↓同じ日、言問橋を走行中にもう1枚。
スカイツリー101229_1
なんだかテリー・ギリアム監督の映画に出てきそうな近未来的な風景。

3月頃には世界第1位の高さになるのだそうです。
するとまた見物客も増えますなぁ。


さて、スカイツリーが新しい東京のランドマークであるならば、
昭和29年の東京のソレは、やはり銀座の和光ビル(旧服部時計店ビル)でしょうか。

↓昨年末、師走の銀座を走行中に和光の時計台を激写。
和光時計台
和光ビル…1932年の竣工以来、そのままの姿で建っているんですね。
多額の負債がどうこうと取り沙汰されているものの、何はさておき、すごいことです。


ところで、なんで昭和29年?。


えぇと、昭和29年11月3日に公開された映画『ゴジラ』(第一作) の劇中、当時東京のソレであった和光ビル(のミニチュア)が、ゴジラによって惜しげもなく破壊されたのです。

↓がおー。うぎゃー。
ゴジラ2

↓ついでに国会議事堂も足蹴にされて木っ端微塵。
ゴジラ1
時代が時代なだけに、このシーンでは観客の拍手喝采が劇場内に鳴り響いたとか。
(いつの世も変わりませんね、政治不信というものは)


あ、でもなんで今日、話題が『ゴジラ』?。


1月25日。


ただの作り物にすぎないゴジラに生命を吹き込んだその人、
円谷英二特技監督の御命日なのであります。

円谷英二写真集
↑円谷英二監督の写真集。
…昭和45年にお亡くなりになってから3年後、昭和48年に刊行。
円谷監督については、これまであまたの書籍が出版されてきたものの、一番グッときちゃうのはやはりコレ。なにしろ著者はご子息の円谷一(はじめ)氏なのですから。

監督の作品を見て育ったボクたち、みんな、がんばっていますよ。
それぞれの場所で、それぞれの分野で。

ゴジラ3

合掌。

木造の駅舎

ワタシが仮住まいをしているあたりの最寄り駅の駅舎が木造なことについて、一筆啓上。

↓のんびり。ほっこり。郷愁を誘う。
木の駅舎4
白いペンキで塗られた木造の駅舎はとってもすてきだ。

渋谷区に長く住んでいたワタシですが、生まれ&育ちは東京都世田谷区の片隅にある喜多見という小さな町。東京だというのに、あの頃(S.39~S.51年頃)は立派な(?)田舎でありました。友だちの家ではブタやニワトリが飼われていたし、小学校の裏手にあった田んぼで田植えや案山子作りや稲刈りのお手伝いもしましたし。
そんなワタシが頻繁に利用した最寄りの小田急線・喜多見駅も、やはり鉄骨+木造でした。
(その当時としてはごくあたりまえなんですけれどね)

偶然にも、円谷プロのTV番組『怪奇大作戦』の「かまいたち」というエピソードに、
S.43年当時の喜多見駅が登場しております。
喜多見駅2

この頃、家から円谷プロや東宝撮影所へ歩いて行けましたし(怪獣の着ぐるみを作る工房も近所にあったりして)、そんな事情から、怪獣さんたちにさわったり、まだ放映前の番組の撮影風景に出くわしたり、ウルトラマンのシリーズやらシルバー仮面やらに登場するロケ地のいくつかも徒歩圏内だったりしました。

喜多見駅1
↑同じく『怪奇大作戦』S.43年12月29日放送「かまいたち」より、喜多見駅のホーム。
間もなく出発しそうなのは小田急線の各駅停車…なのですが、色が青白でなく紅白!。
コレ、S.42年に小田急デパートが全館開店した際の記念カラーをまとった珍しい車輛です。

で、再び現在の最寄り駅。木造の駅舎はなんともあたたかくて懐かしい。
↓壁面も木造。
木の駅舎2

↓ベンチももちろん。
木の駅舎3

↓こういう駅、東京23区内にどのくらい残っているんだろう。
木の駅舎5


しかしながらフシギなことに、反対側のホームや隣の駅はなぜか近代的な作りだったり…
つまり木造の駅を、わざと1駅飛ばしで路線に残してあるように感じるのですが…
なぜだろう…区の方針なのか…どゆこと?。


À bientôt!

「季節はずれの海岸物語」のこと。

近所のコンビニへ買い物に出かけた際、店内にユーミンの『DESTINY』が流れていた。

この歌を耳にするたび、条件反射で必ずワタシの脳裏に浮かんできてしまうのが、
88年~90年代前半にフジテレビで放送されていたドラマ「季節はずれの海岸物語」、
次いで思い浮かぶのが故・可愛かずみさんが演じた "とっこちゃん" という名の女の子、
そして番組の最終話を録画したVHSのビデオテープ。


国道134号のトンネルを抜けると、材木座海岸が目の前に広がる…
…松任谷由実さんの『DESTINY』のイントロとともにはじまる印象的なオープニング。
「季節はずれの海岸物語」は、連続ドラマではないものの単発ドラマとして人気を博し、
年に1~2話、全部で十数話放送されたので、ご記憶の方も少なからずおられるかと。

片岡鶴太郎さん演じる主人公、"圭介"が経営している喫茶店 QUE を手伝う"圭介"の友人、
"とっこちゃん"こと"新井徳子"を全話通じて演じたのが可愛かずみさん。

毎回登場する美しいマドンナに恋してはふられ続ける"圭介"。まるで寅さんのような切ない物語なのですが、実は "とっこちゃん"、そんな"圭介"に好意を抱いていたことに気づき… といった流れで最終話は展開される、らしい。


らしい…というのは…
1994年に放送された最終話をビデオに録ったものの、そのうち見ればいいやと、なんとなく視聴を先送りしていたのですが、97年5月9日に可愛さんが自ら命を絶ったことを報道で知り(遺書はなく動機は不明)、その瞬間、可愛さんと "とっこちゃん"が一つに重なってしまいたまらなく悲しくなって、なんてかわいそうなのだろうと…それ以来、最終話を見ることができず今に至るわけです。


可愛かずみさんの他のご出演作はよく知らないのですが(『ひょうきんベストテン』の明菜ちゃんのモノマネとか…)もしもご存命だったとしたらワタシと同い年なわけで、思い出すたびに空虚な気分になりますし、まことに残念でなりません。


ユーミンの『DESTINY』が耳に届く時、また同じ思いをするのはわかっています。
最終話を録画したVHSテープは…たぶん引越し荷物の中に、他のテープと共に収まっているはずなんですが…


いつの日か、ワタシは最終話の"とっこちゃん"を見られるようになるのだろうか…


今回、画像の掲載ははばかられるので、番組冒頭のタイトル画面だけ。

海岸物語

Smile at me, again.

死んじゃぁ、だめだぞ。

『SPACE BATTLESHIP ヤマト』

先月、ていうか、もう去年か…

新宿ピカデリーにて見てきました。いま話題の映画。
かつて一世を風靡したSFアニメ『宇宙戦艦ヤマト』の実写版、、、
ヤマトポスター
『SPACE BATTLESHIP ヤマト』。

劇場で映画を見るなんて久しぶり。『犬神家の一族 リメイク版』…『ハウルの動く城』…いや、『こま撮りえいが こまねこ』以来か??(笑)。
学生時代には年100本前後見ていたんですがね。今はDVDで見たりもしているとはいえ、
少ない。少なすぎる(だって高価いんだもの、入場料)。

↓リニューアルされてシネコンスタイルとなった新宿ピカデリーのチケットカウンター。
ヤマト観に行く1
もんのすごい混雑ぶり。
カウンターにいた劇場スタッフ嬢に「いつもこうなの?」と笑顔で問うてみたところ、
「本日はレディース・デイですから」とのご返答。なるほど。たしかに女性が多い。
こうして映画館が大勢の人で賑わっている様子は、いつ見ても気分がいいものです。

↓おや?なぜかアニメ版のセル画(みたいなの)が展示中。
ヤマト観に行った2


でもって、巷では賛否両論、評価が別れているようですけれども、あのアニメの実写版としてはかなりイイ線いってるんではないかとワタシは高い評価をいたしております。
内容についてはここでは触れませんが、キャスティングも現在考え得る最良の配役であろうと思いますし(アニメで見た真田さんや島といったキャラクターたちがちゃんと実写の世界観の中で息づいていますし)、伊武雅刀さんや緒方賢一さんら声優陣も、そして何よりあの勇壮なテーマ曲もしっかり健在なのが嬉しい。

過去のアニメやヒーローものをリメイクする際、外してはならない要素というものがいくつかあると考えていますが、そのあたりをおおむね外すことなく踏襲したり発展させたり。
限られた上映時間の中でストーリーが幾分駆け足気味なのは仕方ないとしても、中学1年生の時に初日の朝5時、渋谷の映画館の大行列に並んでアニメ版を見たかつてのファンの一人として、今作はかなり楽しませていただきました。
いくつかのシーン(セリフ、ナレーション等)ではグッときちゃったりもしましたし。

そして、劇場では若い観客のすすり泣きや嗚咽が耳に届いてきたりもいたしました。
やはりねぇ、これって戦争映画なのですよね。もう敵側の理不尽な理由から仲間がばんばん殺されまくる。そういう日本映画ってここ最近ないでしょ。あったとしても、これほどまでに話題に上る作品は。
自分の人生、愛する者のいのち、家族との絆、そういったものをどう捉え、どう考えるのかってことを見る者に問いかけてくる映画なのですね。
若い皆さんにとってはきっと新鮮なショックなのではないかな。
アニメ版も当時は、はい、そうでした。

と、そういうわけでありますが、
ただ唯一、やはり佐渡先生の配役が…ちと残念で…。
沖田艦長、徳川機関長、佐渡酒造先生の3人は、古代たちとは年齢も、生きた時代も異なる
旧世代の男たちでなければいけないと思うんですが…
ま、ワタシの個人的な意見ですがね…


↓奇跡的に(?)ウチに保管してあった当時のポスター。
ヤマトポスター旧
たしか3種類あった図柄のうちのBタイプ?。

昭和52年公開の『宇宙戦艦ヤマト』。
のちにあらゆるSF・怪奇ものとか東宝特撮とか大林宣彦監督、市川崑監督、ヌーベルバーグと種々様々なるフランス映画、宮崎アニメ(ナウシカ以前のね)、モンティ・パイソン、
黒澤映画、007、チャップリンその他のサイレント喜劇、等ナド、あまたの作品を見まくる
ようになったキッカケというか、映画小僧の誕生前夜みたいな時期に出会った記念碑的作品であったなぁと、今この瞬間ふと思いました。


あれ?なぜか主演のキムタクさんには触れていませんな。
こちらについても賛否両論みたいですけど、いえね、ワタシはアリだと思いますよ。
なんか、上から目線でキョウシュクですが。
だってアニメのまんまの古代進では、今どき作品として成り立ち辛いでしょうに…。


↓最後に、以前もUPしましたが松本零士さんからいただいたサイン。
松本零士サイン

そういえばお名前、クレジットされてました?。
今作でも、設定・デザインの大部分は氏のお仕事の流用とお見受けしましたが。
見落としたかな??(パンフ買ってないしわからない)。


À bientôt!

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR