なんたって17歳のCitroën Xantia VSXは高速移動が得意。

6月末のこと。
仕事の合間に都心を離れ、今年で御歳十七になる Citroën Xantia を駆って御殿場へ。
某銀行某支店において、とても大事な用件がございまして。


およよ。自分で運転しての長距離移動は、腰痛を患って以降ではこの日が初めて。
御殿場行20140627bR
不安はありつつ、休憩とりつつで、酷い痛みに見舞われることなく任務遂行してきました。



さて、ここからが今日の本題。
御殿場での用件を終えたあと、ちょっと足を伸ばして箱根へ移動。
『箱根模型工房クラフト』を訪問し、35年来の親友 S君に会ってきました。


閑静な仙石原の一角に佇む、かわいらしいコテージ風の建物が『箱根模型工房クラフト』。
クラフト20140627bR
おしゃれな店内からオープンデッキに出ると…

眼前に広がるのは大規模なヨーロッパ式庭園鉄道!すごい!思わず童心に返っちゃうよ。
クラフト20140627aR
おっきいお客さんも、ちっさいお客さんも、ここに来ればみな大興奮!。

…但し、現在のところ庭園鉄道は未完成のため、今はまだプレオープンの期間。
クラフト20140627cR
完成はまだ先の先ということで、今日も拡張工事(つまり模型制作)が鋭意進捗中。

箱根の豊かな自然に囲まれて日々成長を続けるクラフトさんのド迫力な庭園鉄道、、、
クラフト20140627dR
まだプレオープン中ではありますが、ぜひとも皆さん、足をお運びくださいましね。


あー。うーん。しまった。
ちょっと現地でリラックスしすぎてしまい、ちゃんとした写真を撮るのを失念しまして、
この庭園鉄道の魅力をお伝えするに相応しい写真がまったくもってございません。
ごめんなさい。

でもね、大丈夫。クラフトさんのHPには、様子がよく判る素敵な写真がたくさん。
興味がおありの皆さんは、ぜひ下記HPをご覧になってくださいまし。
楽しいですよ!お出かけの際はHPで営業日をご確認くださいね!

↓『箱根模型工房クラフト』HP(S君のブログもあるデヨ)
http://www.craft-s.com/

  「S君、プレオープン1周年おめでとう!また遊びにいくよ!」




さてさて。
ここで、Xantia VSX 97モデル (生まれは96年11月…) の燃費についてご報告をば。


時速70kmを超えないと4速に入らないZF製ATは、明らかに高速向けのセッティング。
xan_20140712R.jpg
一般道では基本3速ギアで走行していることになり、どう考えたって燃費に不利ですな。


実際、都内を徘徊した数値はリッター7km台と低迷気味ですが、なんせ90年代生まれだし、
旧型8バルブ2リッター、おまけに車重が1,380kgとあってはそんなものかって気もしたり。

ならば高速道主体での燃費はどうなの?ってわけで、この機会に計測を実施。

今回、満タン方式で計算したところ、距離258kmに対してガソリン21.5Lを消費、
1リッターあたり12kmを記録しました。
帰路のこっぴどい渋滞(東名高速及び都内一般道)を含めての数値ですから、
空いた高速道で、しかもエコランにチャレンジできれば、14km/L位はいきそうですよ。


そんなわけで、以前所有していた紅いBX16TRS(キャブ+AT)より良好な数値でしたな。
P1010646RR.jpg
乗り心地もBXより洗練されてて秀逸だし (あくまで私見)、おおむねヨシヨシであります。


しかし…こんな感じで箱根での楽しいひと時を過ごせたものの、足腰の状態を考えると、
自動車での長距離移動はなるべく避けた方が無難だよなぁ…とあらためて実感。
ま、適度に、それなりに、が正解なのでしょうな。



そうだ。
今日のお題とは関係ないけれど、、、

二子玉川の駅周辺もずいぶん変わったものだね、おっきな建物がにょきにょき。
車窓にこたま02R
私が住んでいたのは中2〜中3の頃だったから…変わって当然…なのかなぁ。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR