鍵の引き渡し、完了

本Blogですが、記事には若干の時差が…いや、日差?…ともかくタイムラグがございます。

もう数日前になりますが、10月27日夕刻のこと。
渋谷区渋谷一丁目のマンション404号室にて、鍵の引き渡しが完了しました。

えぇと、賃貸住宅から退居する場合は鍵の返還ということになりますが、自己所有していた部屋なので、鍵は返還ではなく建設業者に引き渡しということになります。以後、解体までの間、建設業者が鍵を管理し、残置物の整理を行い、しかるのち解体に着手し…

…って、そんな解体までの段取りなんかどうでもいいですね。

↓4階居室のベランダよりの眺め。
ベランダより1

この建物は1~2階部分が事務所で、3階から上が住居になっています。
3階フロアには北棟と南棟の間にいわゆる中庭というものがありまして、共用部分となるそのスペースには様々な植物が植えられ、我々居住者の目を和ませてくれました。
これら植栽も共有物となるので、建物解体の際には廃棄物として、ゴミと一緒に捨てられる運命にあります。

ワタクシ、なんとか助命できないものかと考えましたが、例えば我がD2計画の発動がもう少し早ければ、そちらへ植え替えることも可能なのですけれども、時期が半年ほどずれこむ関係でそれも叶わず。

じきに引っこ抜かれて捨てられるなんて…
そんなこととはつゆ知らず、今もひっそりと息づいている植物たち。
ベランダより2

かわいそうですけど、仕方がない。

都会では珍しい野鳥たちがここに毎朝訪れ、ぴーちくぱーちくと賑やかにさえずっておりましたが、彼ら彼女らも寂しい思いをするでしょうなぁ、この植栽がなくなったら。

いや、でも、ここに緑豊かな植え込みがあったなんてことは、すぐに忘れちゃうのかな。
瞬時に。まさに、瞬忘、って感じで。

なにせ相手は鳥だもの、ね。

あれやこれやについていつまでも思い出しては懐かしんだり悔やんだり泣いちゃったりするのは、ワタシら人間くらいのものなのでしょう。
がらんとした室内2

ふぅ。


さてと。
早く借りぐらし先の部屋を片付けなくっちゃぁ。
とはいえ山積みになった荷物がぐちゃぐちゃで見通したたず。
はて、何から手をつけようかなぁ…。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR