『SAIL BACK REPTILE』すなわちディメトロドン

えーっと、2年ほど前になりますかね。
世界初のゴジラのプラモデルキットについて書いたことがありましたが、、、


↓コレね、このゴジラのキット。コレを世に送り出した、、、
goji0.jpg
アメリカのプラモデルメーカー、AURORA社のキットについて、再び書きます。


お題は、AURORA社 PREHISTORIC SCENES のシリーズの一つ…


『SAIL BACK REPTILE』
ディメ箱
…すなわちディメトロドンでございます。


そもそも、、、
私がこのAURORA社の製品と初めて相対したのは、小学6年生の2学期のこと。
1976年の、たぶん9月頃(てことは今から38年も前だ…)。
ちょーど我が家がタイヘンな事態に陥り、仕方なく転居した直後のことでございましたよ。
でもって、転居先の近所にあった某模型店の店内で偶然見つけて(というか出会って)、
プレゼントとしてね、買ってもらったんでしたな、たしか。


ところで、ディメトロドンとはなんぞや?。
背中に大きな帆をもつペルム紀前期の盤竜類のこと。
恐竜みたいに見えるけれど恐竜ではないんですよ、恐竜より古い時代の生物です。
二種類の長い歯(犬歯とそれから肉切り歯)を備えたディメトロドン、
この歯の独特な形態が、時を経て、後の哺乳類に受け継がれることになるのですね。
Dimetrodon という学名も、この独特な二種類の歯から由来しています。
背中の大きな帆は背骨が変化したもので、体温調節を行うためのラジエター機能のほか、
個体識別や雄のアピール等に使われたのではないかいな、と考えられておりますね。
ちなみに、よく似た種にエダフォサウルスがおりますが、あちらは植物食、こちらは肉食。


と、能書きはここまでとしまして、、、


1974年に発売されたディメトロドンは、1/13スケールのプラスティックモデル。
当時の価格は…1,800円じゃなかったかなぁ…2,000円だっけ?…


で、こちらがキット組み立て後。
ディメトロドン14R
小学生の時に組んだまま、パテ埋めも何にもしていない素のまんまデス。


目とか歯とか爪など、ラッカー塗料にて若干の彩色はしておりますが、、、
小学生だった私は、箱絵のイメージそのままの成形色が気に入ったんでしょうな、
それで、あえてディメトロドンの体には一切塗装はしなかったのでした。


さて、PREHISTORIC SCENES シリーズの特徴は、、、
ディメトロドン1R
まず、ご覧のようなジオラマベースが付くこと(ちなみにベースは塗装してあります)。


そして、頭部や口、足、尾などが可動すること。
ディメトロドン4R
特に、首と尾の可動部はなかなか凝った作りになっていますが、、、


頭を上下させたり口をちょっと開くだけで、ずいぶん雰囲気が変わるものです。
ディメトロドン5R
ふむ、どこか哺乳類っぽさを感じるのは、やはり独特な歯並びの故でありましょう。


ちなみにサイズは…ヒトの手と比べてこのくらい。
ディメトロドン13R
(ヤダヤダ!とじたばたしているみたいでかわいい(笑))


その他、化石の産地が記された学習教材風のネームプレートが付属したり、、、
ディメトロドン3R
いろいろ趣向を凝らしたアクセサリーが付属するのも特徴ですね。


と、このあたりでお気づきになったかもしれませんが、、、
日本の田宮模型が発売した恐竜シリーズ、アレ、実はオーロラ社のパクリなんですよね。
ん?…そう断言しちゃっていいのかな?…


ま、ともかく、、、


このディメトロドンのキットの場合、
ディメトロドン8R
アクセサリーとして小さな生き物が2体付属します。


↓生き物その1 ディプロカウルス。
ディメトロドン7R
両生類ですよ、恐竜じゃなくて。


↓生き物その2 メガネウラ。
ディメトロドン6R
古生代の大型のトンボですね、メガヌロンじゃなくてね。


思い起こせばこの当時、、、
日本製の恐竜や怪物のプラモデルは、ゼンマイでのしのし歩くといった幼稚な製品ばかり。
造形も荒く、生物感などまるで感じられず、とても褒められた代物ではありませんでした。
恐竜など古代生物たちのリアルなフィギュアなんかまだ存在しなかった70年代に於いて、
この手の製品は、単なる稚拙な子供騙しの玩具に過ぎなかったのですよね。

ディメトロドン9R

ですから、ゴジラの時にも書きましたが、筋肉の躍動感や、繊細な皮膚表現といった、
生物感を感じさせる丁寧な彫刻ぶり、それを実現した秀逸なデッサン力と造形センス、
当時の私はそこらへんに子供ながら感心し、すっかり魅せられちゃったのであります。


AURORA社の PREHISTORIC SCENES、、、
ディメトロドン10R
中でもこの『SAIL BACK REPTILE』…すなわちディメトロドンは、、、


いま見ても充分優れた、魅力的なプラモデルキットであろうと思っております。
ディメトロドン2R
<あの日、キミに出会えてホントに良かったよ。いろんな意味において、深謝。>


おまけ。
↓この小さな骨、いったい何だろー?
ディメトロドン15R
小学生の頃から今日に至るまで、「キミは誰くん?」と問い続けております(笑)。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

すごい、幾度の引っ越しに耐えて、よく残っていたね。
しかしいろんな意味でレベル高!

当時の小学生はプラモよくつくっていたよね

Re: No title

さざ波さん コメントありがとうございます!

大半はもう無くなって、残っているのはごく一部ですが、
何十年もの間よく無事についてきたなぁ…と思いますね。

当時はよく作りましたねぇ、プラモ。
戦車が多かったかな…

あと、ゼンマイで動くアブラゼミとかミヤマクワガタとか、
ナナホシテントウやクロオオアリなんかも作りましたよ、
虫キチだった父の影響なんでしょうね、きっと(笑)。
プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR