Xantia 継続車検

Citroën Xantia V-SXの継続車検、完了。
xan20131230hR.jpg
これまでに必要と思しき箇所はおおむね整備してあるので、比較的らくちんでした。



車検ステッカー。
車検シール03R
今のようにサイズが小さくなって、もう何年経つのだろう?。


古いステッカーを剥がして…
車検シール01R
ガラス面の清掃&脱脂を行い…


新しいステッカーをフロントガラスにぺたり。
車検シール04R
おーけー。これから2年間どうぞよろしく。



今回の整備内容は、Egオイル (&エレメント)・ATF・LLCの交換 (これらは定番ですね)、
LHMフルードは3ヶ月前に全量交換済みだから今回は見送るとして、Fブレーキパッド、
ついでにサーモスタットも念のため交換。
20140329_EgルームR
それから、この機会にブレーキコントロールバルブをリビルト品と交換。
僅かですがLHMの滲みが生じ始めていたので、大事に至る前に。



ハイドロ車のブレーキバルブは要注意箇所。
最悪の場合、シールの劣化によりLHMが車内側にじわじわと漏れ出てしまう。
フロアカーペットの裏側に流れ込むため、普段乗っていてもなかなか気づかない。
そうこうするうちカーペットはタプタプベトベト、終いには自走不可となってしまいます。
(BXの症例もよく聞きますね…私自身、経験したことはないけど…)


ですので、今回ブレーキバルブからのLHMの僅かな滲みをご指摘いただき助かりました。
少しでも兆候を認めたならば、早めの部品交換を。
コレ、シトロエン等のフランス車に限らず、どこの国の自動車においても鉄則ですナ。
というわけで、モダンサプライさん、ありがとうございました。



「シトロエンは壊れ易い」なんてよく言われるけれど、その表現は適切ではなくて、、、
桜20140405_08R
「壊れる前に予兆を示して、部品の交換時期を教えてくれる賢いクルマである」といった
表現の方が実は正しい、とワレ思う。



その場合、乗る側のセンスも試される、とも思うわけで、、、
桜20140405_11R
そのあたりもシトロエン車を愛でる醍醐味なのであります、たぶんね。


À bientôt!

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR