乗り出しメンテナンス その1

Citroën Xantia V-SX について。
だいぶ経ちましたが、1月某日のこと。

昨年末に油圧系システムがおおむね安心なレベルにまで改善できたので、、、


たぶんこれまで手つかずであろう他の部分にも手を入れちゃおう、と思ったわけです。
xan_20140118aR.jpg
(手前、修理屋さんではないんですけれども、ね)


まずはタイミングベルト&ウォーターポンプ等の定番一式、でありますが、
36,000km時に前オーナー氏による交換履歴アリ。


それからまだ5,000kmしか走行していない状態なので、、、
三点セット交換02R
当分交換の必要ナシと判断。



となれば、お次はこれまた定番の乗り出し三点セット。
20140205メンテナンス01R
(ずいぶん安価に買える時代になったんですね、とても助かります)



↓まずエアクリーナエレメント、外してみると…
20140205メンテナンス19R
見える側はそんなに汚れていないので、まだダイジョブと思ったんでしょうかね。

でも裏側(つまり仕事をしている側)は真っ黒。
20140205メンテナンス03R
こりゃおそらく一度も換えてないな…。

こちら新品のエレメント、さすがに綺麗。
20140205メンテナンス04R
私見ですが、真っ黒になってから交換したんでは遅いと思うんですよ、えぇ。

ではさっそく取付け。
20140205メンテナンス06R
手元が狭過ぎてマイナスネジを回すのにかなり往生しますが、どうにか完了。



↓続いて点火プラグ。
20140205メンテナンス10R
取付け角度が斜めなので、これまた回し辛いんですな…。

外したプラグ…
20140205メンテナンス09R
うわ。これも新車から換えてないんじゃなかろうか…。

ちなみに私はイリジウム等の高性能プラグは使わない派です。
20140205メンテナンス11R
安価なプラグを使って早めに交換、な主義。

新旧プラグの比較。
20140205メンテナンス07R
言わずもがな。



↓それから、プラグコード。
20140205メンテナンス12R
大事な部分ですから、我が日本が誇る永井電子製を奢っちゃいます。

点火の順番に注意しつつ装着、完了。
20140205メンテナンス15R
見た目がちょっとハデでナンですけれども…。

↓こちら、これまでがんばってくれたプラグコード。
20140205メンテナンス17R
まだイケル?とも思ったものの、触ってみればだいぶ堅くなっていることに気づきます。
長い間ご苦労さま。ありがとう。



以上三点セット、やはり早めの交換が肝要でありましょう。
このXantiaの場合、新車から16年以上経過してますからなおさらです。



↓ついでに、ISCバルブを外して汚れ具合をチェック。
ICSバルブ清掃03R
バルブ…と呼ばれるけど、これ単体は所謂ステッパーモータであります。

ココが汚れ易くて、カーボンが不着しアイドリングを維持できなくなるケースが多い。
いちおう汚れていた場合を想定し、コンビニ袋を敷いてから外したんですが…
全然汚れていない車輛もあるのだそうで、この車輛の場合もキレイな状態でした。
せっかく外したので、さらにウエスでフキフキして戻すことに。

ちなみに右ハンドル車だとスロットルケーブルが真上を跨ぐため脱着し辛いんですが、
ICSバルブ清掃01R
このコは左ハンドルですからISCバルブの整備性は至って良好、つまり、らくちん。

私が普通自動車運転免許皆伝以来の輸入車左ハンドル支持派であり続けるのは、
こんなトコロも理由だったりします。


こうしたすべての労苦がフランス製中古車を愛でる喜びに直結するのであります。
お金はなるべくかけず、手間暇はなるべくかけて、引き続き良い状態に戻してゆきます。


とりあえずこんな感じで、その1、おしまい。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR