イグ・ノーベル賞 2013!!

さてさて、毎年お伝えしているイグ・ノーベル賞。
今年も9月12日に授賞式が開催されましたよ。

以下にAFP通信の記事と、それでは内容が不充分なため、朝日新聞の記事もご紹介。
 
……………………………………………………………………………………………………………


『イグ・ノーベル賞、「タマネギ涙」の謎に挑んだ日本人も受賞』
(AFP通信の記事より)


ノーベル賞(Nobel Prize)のパロディー版、第23回「イグ・ノーベル賞(Ig Nobel Prizes)」の授賞式が12日、米ハーバード大学(Harvard University)で行われ、「人々を笑わせ、そして次に考えさせる」研究を行った科学者らに、正真正銘のノーベル賞受賞者たちから賞が手渡された。


自腹で授賞式に参加した受賞者には各1分間のスピーチ時間が与えられたが、持ち時間は8歳の「無情な」少女がきっちり管理した。


各賞の受賞者と受賞内容は以下のとおり。


・平和賞
 公共の場で拍手をすることを違法としたベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ(Alexander Lukashenko)大統領と、腕が1本しかない男性を拍手をした罪で逮捕した同国の警察が共同受賞。


・安全工学賞
 飛行機をハイジャックした人物をわなにかけて箱詰めにし、パラシュートで警察に引き渡すシステムを発明した、米研究者の故ジュスティーノ・ピッツォ(Gustano Pizzo)氏が受賞。


・確率賞
 ウシは横たわっている時間が長くなればなるほど、もうすぐ立ち上がる確率が高くなるとの研究結果を発表した英蘭カナダの共同チームが受賞。同チームはまた、1度立ち上がったウシがいつになったら次に横たわるかを予測するのは難しいことも発見した。


・物理学賞
 人によっては、池の表面を走れる身体能力がある可能性を発見した研究チームが受賞。ただし、月面であることが条件。


・生物学賞および天文学賞
 道に迷ったフンコロガシは天の川を道しるべに帰巣することを発見したスウェーデン、オーストラリア、ドイツ、英国の国際研究チームが受賞。


・心理学賞
 酔った人は自分のことを本気でもっと魅力的だと考えていることを証明した研究チームが受賞。


・化学賞
 タマネギを切るとなぜ涙が出るのかという長年の疑問に取り組み、「生化学過程はこれまで認識されていたよりも、ずっと複雑だった」という結論に至った日本とドイツの国際研究チームが受賞。


・考古学賞
 トガリネズミの死骸を湯通ししてかまずに飲み込み、人間の消化器系内でどの骨が消化されるかを確認するために、自分たちの排泄物を入念に観察した米国とカナダの国際研究チームが受賞。

……………………………………………………………………………………………………………


『日本人研究者が「医学賞」と「化学賞」を受賞した。日本人の受賞は7年連続』
(朝日新聞デジタルの記事より)


 医学賞を受賞したのは帝京大医学部の新見正則准教授(54)ら。マウスの腹に別の心臓を移植すると、その心臓は免疫の拒絶反応で8日後には鼓動が止まる。ところが手術後にオペラ「椿姫」を聴かせ続けると、平均26・5日、最長約100日間も心臓が動き続けた。モーツァルトの音楽でも同じ効果があったが、地下鉄の雑音ではだめ。鼓膜を壊すと効果はないため、音楽が脳を介して免疫反応に影響していると考えられる。

 授賞式では、マウスの姿で登場した共同研究者らがオペラを歌う隣でスピーチをして、会場を沸かせた。外科医の新見さんは音や匂いが免疫に与える仕組みを研究する。「いずれはノーベル賞に値する研究にしたい」と意欲を語った。


 化学賞に選ばれたのは、ハウス食品ソマテックセンター研究主幹の今井真介さん(56)ら。タマネギを切ると涙が出てくる。この成分は、タマネギやニンニクの風味をつくる成分と同じ酵素でつくられると考えられてきたが、今井さんらは催涙成分が別の酵素から作られることを突き止め、2002年に英科学誌ネイチャーに発表した。

 この酵素を働かなくすると、風味の成分はそのままで涙が出ないタマネギができた。遺伝子組み換え技術を使ったため「今のところだれも食べていない」と言う。

……………………………………………………………………………………………………………


というわけでした。
本気の大真面目な研究成果なのに、ユーモアセンス満点で笑っちゃうでしょ?。
うふふ、楽しい。


それで毎年のことですが、、、


このアカデミックな記事に相応しい写真が何もありませんので、
今年は『コノハチョウ』の写真をば。


↓たしか私が8〜9歳位の頃じゃなかったかな、今は亡き父からもらった標本です。
コノハ1
コノハチョウ…その名のとおり、、、


↓羽をたたむと木の葉にそっくり。
コノハ3
(経年劣化で触覚が折れてしまっているのはご愛嬌)


↓あはは。よく見ると「コノハチョラ」って書いてある。
コノハ2
この誤字に今日初めて気づいた…40年近くも経つっていうのにねぇ(笑)。


しかしナンでしょ、アレでしょ…
自分を外から客観視して隠蔽擬態の具合を確認しない限り、こういう模様を作り出すことは
できないと思うんだがなぁ…でも現実にコノハチョウにはそれができたわけで…

昆虫ってホンッッットにふしぎ。。。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR