引越しは、引越した後がタイヘン。

いやはや。。。
四十肩というのは知っていたけれど、五十股というのがあるとは知らなかった…
というか五十股というのが"あの"股関節痛のことを指すのだということを初めて知った…

仕事のし過ぎによる長時間の座位や、極端な歩行不足・運動不足が原因で起きる、
"あの"股関節痛を最初に患ったのが今から十数年前のこと。
映像プロダクションに勤務していた頃で、毎朝BXで会社へ通勤するのがキツかった…
座っている状態とその途中の動作が最もツラく、クルマの運転もままならなくて。

今回ので3度目か、はたまた4度目か?…
ここ半年ほどの間、仕事に引越しにと随分がんばっちゃいましたからねぇ。
仕方がない…とはいえ、しんどいですょ、いやはや。。。

今までは数日で治ったのに、今回は歳のせいか(?)1ヶ月以上経過しても完治せず…
でもね、あと少しで治りそうなんですよ、だいぶ上向いてきましたからね、うしし。



さてさて。
いろいろなあれこれの合間に、ようやくというか、徐々に部屋が片付いてきた。

その様子を少しだけご紹介。



↓長年に渡り我が家で使い続けてきた食器類。
食器all02
1枚ずつ洗って、丁寧に磨いて、食器棚に納めました。

そうしながら感じたのは、
家にある食器は子どもの色彩センスの形成にかなり影響を及ぼすらしい、ってこと。

食器01
食器02
食器03
食器04

というのも、昔から使ってきた食器類をこの歳になってあらためてじっくり見てみると、

食器05
食器06
食器07
食器08

これら幼少時から接してきた食器は、どれもすきな色やデザインのモノばかりなんです。

食器11
食器12
食器14
食器10

毎日眼にして馴染み深いからとも言えるけど、『食す』という行為とセットだから、
余計に食器の色が、眼に、そして心に焼き付くのかもしれません。

『食』と『色』。
どちらも読みが『しょく』で同じだというのもおもしろい。

良い食器、そして良い家具。
子どもの成長にとって、とても大事な要素なのではなかろうか。

ありがたき哉…親に感謝。



↓おまけ…ガラス製の重たい灰皿とビールの栓抜き。
食器17

↓この栓抜き…札幌冬期オリンピック開催時のノベルティグッズでして…
食器16
♪ミュンヘン〜サッポロ〜ミルウォーキー…

いやはや。。。なつかしぃ。。。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR