そういうのって…

↓この古いフィルム…
W8film02.jpg
ダブル8なので、私が所有している8ミリ映写機では映すことができません。

実は…亡き両親の結婚式の模様を写したフィルムなのですが…
二人とも、結局一度も見ることなく他界しました。

現在のようなデジタル化がほぼ完了した社会では、まず有り得ない話でしょうが、
でも…

「結局、見られなかった」

その方がずっと自然な出来事のように思えるんですよ、私には。
なので、ラボにテレシネを依頼して見ようと思えば見られるけど、そんなことはせず…

↓今もそのままの状態で保管しておりますよ、父上、母上。
W8film01.jpg
…でも、いつかはやらなきゃいけないよなぁ…たぶん…いやきっと…


さて。
渋谷に戻って、利点と思えることは多々あれど、
その筆頭は再び徒歩で墓参りに行けるようになったこと、であります。

青山130507a

青山霊園まで。
仮住まいの地からは、駅まで徒歩20分、電車で40分、地下鉄には乗らずに徒歩30分以上…
合計1時間半以上かかっていたものが、ウチから30分歩くだけで行けるのですから。


30分歩く…というのは、やはり地下鉄に乗らず、であるから。


でも、なんで地下鉄という便利な乗り物を利用しないのか。
それに乗って行く方が早いし、疲れないし、ラクチンなのに。


そりゃま、運動不足だからってのもたしかに理由の一つですけれども…


墓に参るっていうのに、すぐ現地に着いてしまうのは勿体ないと常々思っているんです。
過ぎ去った時に思いを馳せたり、ゆっくり心を清めたりする時間が欲しいじゃないですか。
そういうのは、歩いてその場に近づいてゆくその道中でしかできないことだと思うんです。


自分の足で、歩いて、じゃないと、そのための時間が作れない。
そうしないと、そのための "心の状態" といったものが準備できなくなる。
だから、なのでありますよ、私の場合。


『いとも簡単に ”答え” が見つかる』
…そんな危うい錯覚に溢れた今の世だからこそ…


なおさら…
そういうのは、大事にしたい…


おまけの写真。
青山130507bR
↑いつも思うんですが…シュールな光景ですよねぇ…


↓もう一枚。
青山130507cR
ありゃ?…上の写真と構図がそっくり(笑)。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR