冬の色、彩、輝…

さむいサムイ。
だって12月だもの。

でも一週間前のこの日の東京某所は、ただひたすらに暖かく心地よいのだった。

ohme_AX20121206_1.jpg

↓穏やかな日差しを受けて、紅葉もきれいに輝いて見えましたよ。
ohme_AX20121206_2.jpg

とはいえ、赤や黄色に染まったこれらはじきにすべて落ちてしまう。

ohme_AX20121206_3.jpg

しばしお別れ。
来年、また見頃になるまでの間、ね。


…しかしナンだな…

『爆弾低気圧』(言葉にするのも躊躇われる)なるもの、今冬も来襲。
ペギラが来た!とか思っちゃうけど、たしかギラドラスにもこういう能力があったっけ。
猛威を振るう寒波。台風並みの暴風。降り続く大雪。そして空には激しいイナズマ…

春の桜…秋の稲穂…出来事としては、そういうのと同族みたいなもの。
自然を愛し、自然に生かされていることを覚えつつ、地球とともに歩み続ける。

先の、あんなに暑かった夏を乗り切った我々ですから。
こんなに寒い冬であっても、我々みんなでがんばって乗り切りたい。

いろいろあるけど、ぜんぶがすてきなこと、そう思わないと。
なにしろ宇宙で一番幸せな存在なのかもしれないんですから、我々人類は。。。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR