珍客がやってきた。

珍客…といっても小さな昆虫(甲虫)です。

kokuwa.jpg
今年、2匹目のクワガタムシ。

今の季節、まだ成虫はあまり見かけないはずと思うのですケド、今月早くも2匹目。
結構いるのね、仮住まい "PART2" の地には。
しかも森でつかまえたのではなく、玄関ドアの前でひっくりがえっていたんですよ。
最初の1匹目の時も、そう。
東京・渋谷ではまずあり得ないことです。

今朝は、いつものウグイスだけでなく、昔どこかの山奥で聞いたような鳥の声も聞こえたし。
そよ風が運んでくる新緑の香りも澄み切っていて、なんとも心地よいし。
自然が豊かな証拠、なのでありましょう。

ところでこれ、コクワガタのオスだと思うんですが、、、
kokuwa2.jpg
体は小さいしアゴも華奢な上に、一対の突起もちょっと出っ張ってるくらいしか見えない。

成虫になった時期が早すぎて発育不全なのかな?。
それとも最近のコクワガタはこうゆう未熟な個体が普通なのだろうか?。

それはともかく、1匹目の時と同じく近所のぼうやにあげてこようっと。
kokuwa03.jpg
というわけで、ばっははーい。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!

甲虫って、何か思案しているような動きをするので見ていて面白いです!

個人的にこの季節、鳥や虫たちの声や気配になんとなく安堵感を覚えます。

…て、基本(甲虫以外の)虫は大の苦手なのですが(汗)


Re: タイトルなし

ビアンキさま

いつもありがとうございます。

虫はたしかにふしぎですね。
人の気配を感じると一瞬動きを止めて、あたりをうかがうような仕草を見せたり…
もしかしたら…動くと鳥や獣に襲われるので、活動を一旦停止してやりすごそうとするような、単なる条件反射なのかもしれませんが…(死んだフリみたいな)
でも、本当のところは虫になってみないと判りませんね。
プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR