ドリンクホルダー装着 (笑)…AX14TRS

うぅむ、ドリンクホルダーだなんて…イマドキのクルマには最初から付いてますからね(笑)。


↓1986年にデビューしたシトロエンAX。
AX1986.jpg

デビュー当初、ラインナップは3ドアのみでしたが、、、
AX1986_3.jpg
(↑日本へは正規輸入されなかった最上級グレードの14TZS)

その3ドアボディのドアトリムに、、、
AX1986_2.jpg
巨大なボトルポケットが装備され、当時ちょっとした話題となったのは記憶に新しいところ。

1リッターボトルをまるまると収納するこのポケット、当時のクルマではまずあり得なかった、フランス車らしいユニークかつ便利な装備でした。もっとも我が国においては「そんなところにボトルを置いてもぬるくなっちゃうね」とか「運転中に飲み物なんて…」といった否定的な意見もあったりしたものの、本国では「だって便利じゃない?」とフツウに支持されたようですね。

AXTZS.jpg
実際、安価な割に良く走り実用性もそこそこ高いAXは、ここ日本ではパッとしなかったものの、フランス及び欧州圏では1998年までの13年間に渡り販売され、大成功を納めたBXと共に、一時危機的状況にあったシトロエン社を支えたのでした。ちなみにBX(1982 ~ 1994)の総生産台数は231万6234台、AX(1986 ~ 1998)は242万5138台だそうです。


ここで余談ながら、我が国におけるドリンクホルダーの歴史を紐解いてみますと…
ドアに取付けるタイプの商品が1975年には発売されていたようですが、折り畳むことができず、乗り降りの際に邪魔になるため大して注目されなかった模様。しかしながらこの年は缶入り飲料の自動販売機が急速に普及し始めた頃ですから、やはり潜在的なニーズはあったのでしょう、77年には使わない時に折りたためる新しいタイプのホルダーが発売され、乗り降りする際に邪魔にならないことがユーザーにウケて次第に売れ行きが伸びはじめました。
現在主流となった感のあるエアコンルーバーへ装着するタイプは1988年に登場、1997年には500mlペットボトルが普及し始めたことからペットボトルへの対応も迫られ、その後改良を重ねて現在に至る、といったところでしょうか。
そしてドリンクホルダーを標準装備したクルマ第1号は…なんでしょうね、とんと判りません。
以上、余談でした。


さて、本題。ウチのAX14TRSは5ドアなため、、、
AXa.jpg

残念ながら便利なボトルポケットは装備されていません。
AXeR.jpg

したがい「運転中にラクさせてヨ」と乞うならば、自分で何かドリンクホルダーを買ってきて、
どこかに取り付けねばなりませヌ。

よくありがちなのが、やはりエアコンのルーバーに取付けるタイプですね。
b holder
↑BXでもそのようなタイプの製品を使用していました。

でも、AXには極力簡素で目立たない方法を模索しているため、
cup05.jpg
エアコンルーバーへの取付けは断念。

一時はカングーオーナーご用達の例の日産車用ドリンクホルダーを使うか?と思案したものの、
cup002.jpg
(↑かつてトゥインゴ用にと入手したものの結局使わず、部品庫にて惰眠中…)

けれど、取付けにはドアトリムにネジ穴を空けねばならず、、、
cup001.jpg
ワタシ的にどうも穴空けは気が引けるため、この計画も却下。

いっそのことアッシュトレイにホルダーを2個並べてネジ留めしようかとも考えたものの、
それもなんだか大袈裟だし、そのための補強ステーをわざわざ作るのも面倒だし。

ならばと、カー用品店でひとまずドリンクホルダーを1個だけ買ってきて、、、
cup04.jpg
センターコンソール上の四角い小物入れ(トレイ)に貼付けるとしよう、と思い立ちました。

早速、近所のカー用品店にて購入してきたのは、、、
cup02.jpg
↑定価294円で売られていたチープな汎用品。

豪華なのやスタイリッシュなのは多々売られていますけど、そこそこの安価なモノで充分。
なにしろAXそのものが、しょぼくて簡素な大衆車ですから(愛情表現)。
ただし内装に合う色や材質、表面の仕上げ具合 (仕上げない具合か) の選択には気を遣いました。

さて、装着するにはホルダーの底をかさ上げしなければならず、しかも、、、
cup06.jpg

トレイの手前は傾斜しているので、接着面にも角度をつける必要があります。
cup07.jpg

そのあたりを考慮しつつちゃちゃっとやって準備完了、、、
cup08.jpg
では接着。

そして、完成。
cup09.jpg
『いかにも最初からそこにあったような雰囲気』を大切にしたかったわけですが、、、

落ち着き具合は…まあまあ、かな。
cup003.jpg

あんまりイケてないこのドリンクホルダー、、、
cup10.jpg
そのイケてないところ並びに余計な主張をしないところがマル。

でも、はたして1個で大丈夫なのか?という重大な問題が…(笑)。
まぁいいや。とりあえず1個で。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR