突破。…AX14TRS

シトロエンAX14TRSについてです。

AX3.jpg

静岡にある某工務店の某倉庫に預かってもらっていた荷物を引き取りに向かう途中、、、
AX4.jpg

突破しました。10万の壁。

↓99999から…
AX5.jpg

↓はい、100000。
AX6.jpg


さて。1986年にデビューしたAXちゃんのリアシートですが、、、
AX7.jpg
背面を倒すことは勿論、簡単に背面を取り外して荷室をさらに稼ぐことができます。
座面についてもフロアに嵌っているだけなのでこれまた取り外しが可能なれど、
付けておいたほうがフロアがフラットになって荷物を収納し易いわけですね。

ま、現代の基準で見れば、なにを今さら…って話ですけれども。

とはいえリアサスの荷室への張り出しが少ないのはシトロエンならでは。
AX8.jpg
そもそも車幅が限られているため、その恩恵はごく限られていますが(笑)。

この日、積み込んだ荷物は、大きな衣装ケースが5箱(中身はami6、BX、2CV等のパーツ)、
ガラス製のサイドテーブル(いわゆるコレクションテーブル)、それにガレージジャッキ。

これらを小さなAXはまるっと飲み込んでくれました。
AX9.jpg

最近の日本車はミニバンから軽自動車までこの手の荷室拡張機能が充実しているわけですが、
サイズの割に広い室内、工夫を凝らしたシート構造、荷室の使い勝手の良さといったものは、
かつてはフランス大衆車の代名詞というか、お家芸だったのでありました。
荷室を広げた商用バン的出で立ちのブレーク、それに3列シートのファミリアールなんてのも
すでに戦前からラインナップされていましたしね。

ところで。この日の燃費ですが、、、
AX1.jpg

静岡往復に要したガソリン19.57Lに対し、走行距離342.9km。
故に燃費は満タン法で17.52km/L。ふむふむ。
帰路は荷物満載でしたし、若干回しちゃったし、乗り方次第ではもう少し伸びると思われます。
ちなみに都内をウロウロトロトロ走った時は11.15km/Lでした。
高速燃費がグンと伸びるところなんぞ昔のフランス車流儀そのものですな。

ん?…燃費がおおむねami6と同じ。否、ami6より若干良いか(笑)。


某工務店社長の愚行により不愉快な思いをさせられ、多大な迷惑を被ったものの、、、
AX10.jpg
荷物を預かってくれたことについては感謝しておりますよ。

ということで、これについてはいずれまた。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは!
初期化したAX綺麗でいいですね。
ステアリングの改良も他では見たことも
ないから新鮮でいいです。

お暇なときにでも
上のブログに遊びに来て下さいね。
こちらへもときどき顔を出します~。

ではでは。

Re: タイトルなし

怪鳥さま

コメントをいただきありがとうございます。

拙車をお褒めいただきまして、深謝です。
過去の記録簿が存在しない車輛の初期化は、暗中模索の連続ながらも楽しい作業ですね。
そのさじ加減には難しいところもありますけれど。。。

大した記事はございませんが、宜しければまたいらしてくださいませ。
私も怪鳥さまのBlogを拝見しにまいりますね。

それでは。。。
プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR