初期化進行中(8)…AX14TRS

あたふたしている間に、AX初期化計画についてUPするのをすっかり忘れていました。

もう1ヶ月半ほど経ってしまいましたが…
AXchiba.jpg
シトロエンAX14TRSのその後です。

Pバルブの交換だけでは初期化第1弾は終わらない気がしていると前回も書きましたが
結局そのような展開となりました。
ぱんぱかぱん。

諸々相談の末、ブレーキPバルブの他に交換が必要では?と判断された箇所をざっと記すと…

 ・Egクランクシール及びヘッドガスケットからOIL漏れ(納車時から漏っていた)
 ・Eg及びMTマウント(Egアッパーマウントは特に損傷ひどく、すでに千切れかけ)
 ・スタビライザーブッシュ(外側のブッシュがつぶれかけていた)
 ・シフトアーム(シフトリンクのボール部分が摩耗してグラグラ)

んまっ、なんたること。けれど、実はここまでは想定済み。
来年実施予定の初期化第2弾で対処するつもりでいた箇所なんです。
でもとっくの昔に生産終了している絶版車ですし、部品があるうちに交換しちゃいましょ、
と考えるのは必然、というわけで、これを機にさっそく部品を手配して一件落着…
かと思いきや?。これだけでは済みませんでした。追加で判明したのが…

 ・ブレーキマスターシリンダーからのフルード漏れ

しぇーっ。2CV6やami6やami8やGSAやBXではフルードが漏れたらすぐに判るのですがね。
AXとかZXとか近年のバネシトロエンなんかにはマスターバックってのが付いてるでしょ?。
ピストンから漏れたフルードはマスターバックが吸ってしまうので、漏れた跡が残らない。
今回も、Pバルブから漏れた量とリザーブタンク内のフルードの減少量とが釣り合わないため、
ブレーキラインを辿って調べていくうち、やっとマスターシリンダーに行き着いたというわけ。
まぁねぇ、コレもいつかは…と思ってはいたものの、今がその時…とはね。ちと想定外でした。
ブツクサ言ってもしかたがないので、さっそくマスターシリンダーもお取り寄せ。
以上、すべて新品パーツにてぱりっと交換しました。

↓今回(つまり2011年11月下旬)外した部品たち。
交換部品07R
タイミングベルトもOILがまわってしまったので…夏に換えたばかりだけど…。
それからエキゾーストガスケット(2個)に、タペットパッキンもね。
取り外された部品たちみんな、長い間働いてくれてありがとさま。感謝。

そんな感じで、、、
9-29のAX3
AX14TRSの初期化第1弾、ほぼ完了みたいざんす。

いやいや、実はまだ少し残っているのですけどもね、それについてはいずれまたあらためて。
ぽんぽこぽん。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR