Perfume NEW ALBUM『JPN』

11月30日発売、PerfumeさんたちのNEW ALBUM『JPN』初回限定版でございます。
JPN1.jpg

特製スリーブケースの中は、、、
JPN2.jpg
こうなってます。

もうすでに巷で大きな話題を振りまいているようですが、ここでちょびっと感想など。

1曲目「The Opening」の “日本らしさ”を感じさせる打楽器のリズムで厳かな気分に浸りつつ、
2曲目「レーザービーム」と3曲目「GRITTER」のAlbum-mixを聴いて驚かされました。
Re-mix曲っていろいろあるけど、作者自ら原曲をこんなに解体しちゃっていいの?とか、
ついこの間リリースしたばかりの新曲を、こんなに新しく作り込んじゃっていいの?とか、
テクノポップアイドル(ん?今もそうだよね?)なのにこんな冒険しちゃっていいの?など、
いろいろな考えが脳内をめぐりめぐるよ、はらはらどきどき、アタマくらくら。
うっかりすると放送事故に聞こえそうな、音飛びしまくりの攻めっぷり。
ヘッドフォンから飛び込んでくるジャックナイフのような音の連打にいささか動揺。
でもって2度3度と聴き込むうちに、そうそうこれなのよ、と頷いてしまうのでした。

2007年発表のあの楽曲、『ポリリズム』。
po.jpg
初めて耳にした時、CUTEなのに無機質な歌声と重低音のBEATのつるべ打ち、EDGEの効いたクールでカワイくてなんだか懐かしく不思議とあたたかい感じにとまどいつつ、例のポリループの部分(やはり放送事故と思われることを避けたのか、当初はテレビでもラジオでもループ無しバージョンの方ばかり放送してましたね)の抗いがたい音とリズムの洪水にぐいぐい引き込まれていったあの時の衝撃を思い出して、フツウじゃありえないって思える音をごりごりばきばきと聴かせてくれる、Perfumeの楽曲のそこんとこが気に入って次第にハマっていったのでした。
そうそう、この感じ。
そのことを思い出しつつ、あーん、そうだったのだよねん、と再認識した次第。

そして今回のアルバム『JPN』。
JPN3.jpg
シングルとして既発売の楽曲も多いからベスト盤のようになっても不思議ではないのに、上記2曲のRe-mixと4つの新曲が入ることで、ニューアルバムとして見事にJPNしている。また表記はないものの、「不自然なガール」がアルバム用に若干Re-mixされているのも新鮮な印象を与えてくれます。
最後の曲「スパイス」に和楽器の音がサンプリングされていることで、再び1曲目の「The Opening」へと繋がる、和風つながり、というわけで一連の流れに統一感を保たせているのだねぇ、とお聞き受け。

2007年のアタマとタマシイを揺さぶられたアレを今一度思い起こさせてくれたアルバム、『JPN』。
JPN4.jpg
ますます来年のアリーナツアーが楽しみになってきましたゾ。

それはそうと、初回限定版に付属するDVDも中身が充実していてゴイスーですわよ。
PVがたっくさん収録されてマス。

震災の影響でPVが未完のままだった「レーザービーム」、、、
making.jpg
ついに完成♪よかったね。シロクマくん(!)にはびっくり。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR