BODY COVERのこと…AX14TRS

フランス旧車乗りなら誰もが案じるボディカバーのこと(但し青空駐車諸氏限定(笑))。
なんたってフランス製旧車は紫外線に弱い。高温多湿も苦手だし錆にも弱い。弱いとこづくし。

シトロエンGSAには某有名ブランドのカバー (ゴアテックス使用のアレ) を7年ほど使用中。
GSA4.jpg GSA6.jpg
青空駐車でもボディは錆びないしキズもつかなくて満足してはいるものの…5~6年ほど使用した段階でカバー表面が裂け始め(紫外線による劣化)、内側の起毛処理された部分も剥離してきて結構始末に悪いんですな。

さて。

シトロエンAX14TRSですが、前オーナー氏の管理がよかったようで、、、
9-27のAX3r 9-27のAX2r
新車当時からの塗装は色ツヤとも良好だし、外装のゴム類も問題なく、内装についてもダッシュボードやシートに傷みは皆無。屋内保管されていたとしか思えず(しかもどうやら禁煙車~♪)手厚く保護されてきたのは事実でしょうね。

そんな程度良好のAX用ボディカバーをハテサテどうするか。いろいろ考えました。
ゴアテックスのアレはたいへん高価だし、5~6年でダメになることを考慮すると…うぅむ。

熟考の末、AXには、 、、      COVERITE製ボディカバーを試してみることに決定。
AXサイド カバー3
ゴアテックスのに似た構造?のCOVERITE、気になる価格は…11,900円!お財布にやさしい!

↓カバー表面は防水加工&UVカット  ↓裏面は起毛処理でボディをキズつけない
表面 裏面
これで理屈上はオーケーなはず。なのですが、ひとつ問題が…

全長たった352cmの小さなAXにちょうどよいサイズがラインナップされていないため、、、
カバー1 カバー2
カバーの前後が余って地面に届きそうな、いわゆるブカブカでダブダブな状態。

そこで、ホームセンターにてストレッチバンドを2本購入(1.8m、@525円)
カバー5 カバー6
フックをバンパーに引っかけて、前後の余った部分をキュッと絞りまする。
こうするとサイズもぴったり、雨の日も風の日も安心。

で、効果のほどは?…
カバー7
雨水はカバー内側には達していませんし、雨上がりにも内部は全く蒸れていない様子。
1ヶ月くらい使用して、今のところは、ですけれども、ダイジョブそうでグッジョブ、ぽい。
もっとも雨対策より紫外線防止のほうを重視しているんですよね、ワタシ的には。

というわけで、ひとつお試しになってみてはいかがでしょう?。
しかしまー、とったりつけたりがめんどーですがね。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR