初期化進行中(1)…AX14TRS

赴任後1ヶ月が経過したシトロエンAX14TRSは1993年生まれ。
AX_F.jpg
…今年で "なんたって18歳" のMademoiselleですから、いろいろ手をかけてあげないと…
というわけでワタシ流いわゆる初期化計画、進行中ナリ。

まずは定番のエアコン。ガスがいささか詰まりぎみ&漏れぎみなご様子。
エアコンチェック中 エアコンチェック中2
「好機到来!! 謝々!!」と叫んだりはしませんが、ACコンプレッサーをフランス本国に発注。

1993年を境にコンプレッサーの型番が変更になっているため、Organization No.で調べると、
7月生まれのウチのAXは91~93年前期と同じ6453H8が該当(93年後期から6453N3になる)。

念のため、車輛の下に潜り込んでコンプレッサー本体をシャメシャメ。
エアコンコンプレッサー0 エアコンコンプレッサー4

↓型番記載箇所は見えないので鏡を使い無理な姿勢で撮影、アスファルトがあちち(笑)。
エアコンコンプレッサー2 エアコンコンプレッサー3
これらの写真をフランスのショップへ送り、該当部品との照会をしてもらう。
そして待つこと2週間弱。

↓…無事に到着。
ACコンプレッサ1 ACコンプレッサ2
・COMPRESSEUR CLIM 6453H8 / EUR160.00

もちろんリキッドタンクとエキスパンションバルブも新調します。
ちなみにAXのリキタンは、Fグリルを取り外さないと見えません。
リキタン1
ACコンデンサー共々コアサポートの外側に配置(取り付けスペースがなかったと思われ)。

後期型AXのFグリルは開口部が広いため、走行中に雨水など侵入してしまいそうで、、、
リキタン2
プレッシャースイッチやウォーターテンプコントロールボックスなんか、
こんな位置で大丈夫なのか?と心配になってきちゃいます。

とまぁアレコレ観察してはゴチャゴチャ言っておりますが…とっても楽しい(笑)。
スキなんです、こうやってくたびれたフランス車をよりよい状態に戻してゆくのがネ。

さてと、お次は…。

À bientôt!

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR