家具の学校作品展にてSさんの作品を拝見。

去る5月15日(日)午後のこと。
挿し絵のお仕事に取り組みつつ、時間を作って神奈川県民センターへと足を運びました。

この日、県民センターでは『ダニエル家具の学校 有志交流作品展2011』が開催中で、
私が日頃たいへんお世話になっているSさんが制作された椅子が展示されているとのこと。
これはぜひとも拝見しに行かなければ!というわけでして。

会場の一角に並んだ手作りの椅子。
110515e.jpg

いずれ劣らぬ力作が並ぶ中、Sさんの作品は、、、
110515a.jpg

これだ。木の艶と暖かみ、生地の模様と色彩、、、
110515cR.jpg
それらのバランスがまことに素晴しく、、、

まるで遥か昔からずっとここにあったかのような、、、
110515d.jpg
クラシックな風格を醸し出す落ち着いた佇まい、、、

Sさんの作品、もちろん最近完成したばかりの新しい椅子なわけですが、目先の流行を追ったのでは作り得ない、伝統的な家具作りの本質といったようなものを感じさせてくれました。
遠くヨーロッパの椅子の文化に思いを馳せつつ、手作り家具の魅力をじっくり堪能させていただいた、そんな穏やかな日曜日の午後のひととき。

Sさん、ありがとうございました。
これからも作品作り、大いに期待しております!。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR