赤いてんとうむし発見

近所の月極駐車場にて珍しいクルマを発見。

↓縦目のベンツ…
てんとうむし5

↓…のとなりに ”赤いてんとうむし” ことスバル360。
てんとうむし2
1968年登場の36psエンジン搭載 ヤングSS か、25psエンジン搭載 ヤングS のほうか。
ハテ、どっちでしょう??。

↓とても大切に維持なさっているようですね。
てんとうむし3

↓ボディサイドのウェーヴがすてき。
てんとうむし4

↓けれど、青空駐車…嗚呼。
てんとうむし6
雨の日はちょっとカワイソーかも。


↓えぇと、となりのシックなベンツについても少々…
てんとうむし1
3.5リッターの280SEL(70年代初頭の個体と思われマス)。
縦目ではあるものの3灯モデルでない点がちょっとワタシ的に残念ですけれども、
漆黒のボディにホワイトのルーフだなんて、ツートンカラーがしゃ・れ・お・つ。

ベンツ
この頃までのベンツは本物の気品と風格を兼ね備えているようでワタシもお気に入りです。
そうそう、この時代までのはメルセデスとは呼ばず、あえて昔のままにベンツと呼びたい。
(さらに昔に遡れば、赤ちゃんだったワタシは『べんちゅ』と呼んでましたが(笑))


ところで、昨今のエコカーブームとは違った視点でこの2台を比べてみるとおもしろい。
両者の大きさにあまりにも格差があるものですから。
まずはエンジンの排気量。ベンツの3.5Lに対しスバル360はたったの0.36L(笑)。
それぞれのクルマを作るのに使った地下資源の量も、ボディに吹いたペンキの量にしても、
走らせるために使う化石燃料の量にしても…歴然と差がありますでしょ?。

こうして見ると、てんとうむし…やっぱりエコなんだなぁ。

ということで、ひとつ。

(でももしヤングSS のほうだったら燃費はあまり褒められたものではないらしいケド…)


À bientôt!

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR