ウォルター・ボッセ氏の作品

うほっほ、ちょっと"しぶぶら"と洒落込んでまいりまして。
しぶぶら?…しるぶぷれ、みたいですが、渋谷をぶらぶら、の略です。


↓とあるショップにて、かわいい動物オブジェを発見。
ウォルターボッセ1
オーストリア出身の工芸デザイナー、ウォルター・ボッセ氏(Walter Bosse)の作品です。
すでに故人となられたボッセ氏の1950~70年代に制作されたオブジェの鋳型が近年になって発見されたそうで、その型から抜いた復刻版とのことです。

ウォルターボッセ2
ゾウやらブタやら犬(たぶん…)やらカバやらネコやらフクロウやらウマやらウサギやら、

ウォルターボッセ3
真鍮製+ブラックペイントで仕上げられた動物たちがいろいろ展示してありますが…

中でもワタシのお気に入りが、楽しそうに歩いているゾウさんと小さなハリネズミくん。

…あ、いえその、楽しそうに歩いているゾウさんと小さなハリネズミくんの写真は、

ないんですよ。

ワケあって。

いやぁ~、とってもかわいいんですけど、残念ですなぁ、写真がなくて。

気になる方は、ぜひWEBにてググって探してみてくださいませ。
他にもいろいろ種類があるみたいですよ。

がおー。


À bientôt!

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR