新宿、にしひがし(後編)

うわ!国の来年度予算の数字が発表されたけど、ほんっとに大丈夫なのか??。
ワタシの懐具合みたいに危ないぞ、こりゃ。


さて、だいぶ日が経ってしまいましたが、先日の ”新宿、にしひがし” の後編です。
12月15日、西新宿にて打合せの帰り道。
今度は新宿駅の東側に向かって歩く、歩く。
ゴールデン街3
20分ほど歩いて、花園神社裏手にある新宿ゴールデン街に到着。
しかしなんでまた?。

それはですね、写真家・寺崎誠三さんの写真展が行われていたものですから。
寺崎さん白黒展

……………………………………………………………………………………………………………

7年くらい前になりますが、寺崎さんと初めてご一緒させていただいたお仕事がこちら。
パナソニックのHPにて銅釜炊飯器の開発ストーリーのマンガを描かせていただきました。
↓その一部をチラリお披露目(ついでに上の下線部をクリックするとマンガに飛びます)
銅釜開発物語1 銅釜開発物語3
以来、寺崎さんのオフィスや写真展におじゃましたりしてお世話になっておりまして。

……………………………………………………………………………………………………………

さてさて、今回の写真展の会場はといいますと…いわゆるギャラリーではなくて…
↓小さなカウンターのあるBar ”こどじ” であります。
ゴールデン街2
(店内の様子は撮っておりませんのよ、おほほ)

お酒とお料理、ギターが奏でる音色、ほのかな白熱灯が育むあたたかい空気。
今宵ここで出会った人たちはみな旅人となり、時の過ぎゆくままグラス片手にしみじみと。

Barの店内で、壁一面に飾られた作品を拝見すると、モノクロームの写真の中に見えるはずのない色彩が見え隠れしているように感じてくるのは、ほろ酔い加減の脳と目が仕組んだ錯覚という名のいたずらでしょうか?。
このお店ならではの鑑賞法で白黒の芸術に触れ、体感できることの喜び。

またこの日、20年以上もこのBarに通っている、という初めてお会いした方々といろんな話(船のエンジン、ヘリコプターの操縦法、フランス車の特徴とか)で盛り上がったりもしましたが、そんな時を過ごすことができるのも、このお店が、今も変わらずここにあるから、ですよねぇ。

”変わらないって、すばらしい。”

う~ん、なんだかどこぞの広告のコピーみたいだ。ともあれ、、、
今回もすてきな出会い、すてきな時間をいただいたこと、感謝申し上げます。
ありがとうございました。



最後に、恒例(?)のクリスマス・イルミのコーナー(笑)。
↓新宿アルタ付近から歌舞伎町に向かうあたり…
歌舞伎町イルミ2 歌舞伎町イルミ1
…でした。


À bientôt!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR