FC2ブログ

五十四。

えーと、数日前に五十四歳になっちゃいました。わはは。


54という数字、四捨五入するとまだ50の方なわけですが、
それでもダイブきちゃったなぁというのが実感です。
54.jpg
ま、五十四歳になったからといって何か生活に変化があるってわけでも無く、
例の腰痛やスギ花粉…今はヒノキか…の襲来に備え、時にはそれらと闘いつつ、
相変わらず描画や映像制作に勤しむ毎日を楽しみながら過ごしております…が、
そうはいっても成すと決めたことは順を追って実現してゆきますぞ。


えーとえーと、描画に関してちょっと脱線…
描き始める前のどんな絵にするか考える段階では、主に無音で机に向かいますが、
手を動かして描画に励む時は、いろいろお気に入りのBGMを流してまして…


そんな描画のお供に相応しいBGMは、
たとえばフランス映画のサントラアルバム等だったり、
fr_cdR.jpg

伊福部昭さんの遺してくれた楽曲の数々だったり、
Rihukube1RR.jpg

或はPerfumeさんのアルバムだったりするのです…
20150419hako07R.jpg


が…

ハンマーで軽く頭を叩かれ続けるような音楽であれば、
なおさら仕事が捗って良いのですよね…

故にここ最近はなぜか…そう、なぜか…


「涼宮ハルヒの憂鬱」関連の楽曲とか、
hrhi02.jpg

「けいおん!」関連の楽曲とかがヘビロテ中だったりしまして…
konon.jpg

上記二作品を制作した京都アニメーションは、演出が洒脱でそこはかとなく上品、
作画も、線がやわらかだったり色が目に優しかったり動きも繊細だったりして、
才能豊な女性がメインスタッフに多い様な印象なので、それでかな?とも思いつつ、
半世紀以上生きてきちゃった私にとっては、あの森やすじさんや大塚康生さん、
小田部羊一さんや宮崎駿さんといった諸氏がアニメーターとして在籍しておられた、
古き良き時代の東映動画長編作品における絵描きの皆さんの良心みたいなものが、
京アニの作風からも感じとれるような気がしておりまして…勝手な印象ですけど…
(もちろん音楽の使い方や楽曲そのものの出来栄えも素晴しいと思ってますしね…)

描画仕事のBGMとしてハルヒやけいおんの楽曲が気に入っているのも、
KonKon.jpg
だから、なのかもしれないなぁ…なんて、ね。


さて、少し前のある日。
東京大学総合研究博物館の研究室にうかがった際に…


赤門裏の桜がまだ咲いていたので、帰りがけにゆっくり眺めてまいりました。
赤門桜d
ヨシ。新しい年が動き出したって感じがする。

この一年も、しっかり生きて、仕事に励んでまいる所存です。
赤門桜e
同世代の皆さま方、共に頑張りましょうぞ。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

誕生日おめでとう🎉

Re: No title

さざ波さん

どうもありがとうございます。
すっかりご無沙汰してしまって…また近いうちに…
プロフィール

喜多村

Author:喜多村
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR