セイコーダイバー修理。

長年愛用しているセイコーダイバーズウォッチ。

ふつーの腕時計ですと、外ロケなんかで乱暴に扱って壊してしまうので、
仕事柄ダイバーズウォッチはとても重宝するんです。
それに運転中も視認し易いしね。
セイコーダイバー01
でもコレ、ここ数年は調子がイマイチ。
遅れがちな上に、リューズが固着しとうとう時刻合わせもできなくなって…

古い製品ですし、イマドキ修理は無理かな?と思ったりもしましたが、
近所の時計店に持ち込んでみると「大丈夫デスヨ」と引き受けてくれました。

そうしたら…

「経年劣化により外装ケースが歪んで防水効果が低下している可能性アリ。
 ケースの交換、どうします?」と、追加でそんな診断が下されまして…

え?ケースの部品なんて、まだ新品の在庫があるの?…

国内向けの製品ならともかくコレは海外向けのセイコーダイバー。
でも修理を引き受けてくれて、ちゃんと部品も在庫してくれているなんて。
嬉しいじゃないですか。

それで、水に潜る趣味は全然ないものの、躊躇なくケース交換もついでに依頼。
結果、新品みたいな外貌になって戻ってきました。
セイコーダイバー02
これで、この先も安心してまだまだ使い続けることができます。
セイコーさん、ありがとう。

新しい腕時計(しかも安物じゃない)が買えちゃうほどお金がかかりましたが…
セイコーダイバー03
長年に渡り古いモノを愛用し続けるとは、つまりこういうコトなのだよなぁ。


À bientôt!

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR