ゴマダラカミキリに出会う。

描画のお仕事を相手に追いつ追われつし続ける、そんな慌ただしい6月の終わり頃。
お昼どきに近所をうろうろしていたところ…


路上で、傷ひとつない綺麗な姿のゴマダラカミキリに遭遇。
ゴマダラ0702aRR
やった!!!。

これ以前にゴマダラカミキリと最も最近出会ったのはいつかと思い返せば…
たぶん小学校高学年くらいの頃、じゃなかろうか。
それ以来の出会い。
ですから、ずいぶんと久方ぶり。


そして、そうなんです…
中くらいサイズの甲虫の仲間では、ゴマダラカミキリが最も好きかも!!!。


ゴマダラくん、Très bien!!!。
なんたって色彩がすき。
EDGEの効いた体は黒っぽいがたぶん濃い群青色と我思う、そこに白のドット模様。
触覚は交互に白と黒とを配色、足元はPrussian blue系の淡いグラデでキメる。
むむむ、なんてお洒落な外貌なんだ。

造形美溢れるお顔も誠に精悍…いいね。
ゴマダラ0702dR
実は胸部の左右に一対の鋭利なトゲを有する、そんなところも隠れた魅力ナリ。

見かけによらずスバシッコイところも…いいね。
ゴマダラ0702bR
(素早く動き過ぎるものだから写真を撮るのに難儀をしたけれども…)
で、少しの間、一緒に遊んでからさよならしました。
歩み去る姿がまた可愛らしい…短い命だもの…元気でね。。。


えー、さて。
今回出会ったのはゴマダラくんの成虫なわけですが…

昆虫というのは幼虫の時代こそ最も楽しいんじゃないかなって話を先日したばかり。
幼虫はたくさん食べて成長し、じっくり時間をかけて大人になるのだけれども、
大人になってしまった成虫はといえば…やることといったらもはや…うーん…
そしてこれは、うっかりすると人間にも概ね同じようなことが言えるのかもなぁ…
なんて考えたりして…うーん…

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR