マエニススムベシ。

数日前なんですが…


ナント...53歳になっちゃいました。
P4060010RRRR.jpg


う〜ん。。。
そんな筈じゃなかったのに、と言うべきか…ん?…
この気持ちを、一体どう表現しましょうや。

20代から30代にかけてとてもお世話になったある方から散々聞かされたものです。
「50過ぎたら頭は鈍り腕は落ちてもはや使いモノにゃならんよ」とね。
お手軽に検索して得た浅い知識じゃなくて、実践に裏打ちされた重い言葉ナンデス。

故に、若い頃から”人生50年”って考えながら生きてきたんですよ。
50過ぎてなお今の様なお仕事をばりばりやらせていただけている筈が無い、と。
その頃には、もう死んじゃってるか、収入が途絶えて一人路頭に迷っているか…
用意されているのはだいたいそんな末路に違いないと想像していたものですから。

なんせ、親しくしてくださる先輩や仲間のうち50を待たず亡くなった方は多いし…
そもそも、体を壊して当たり前という位にこれまで無茶な働き方をしてきた訳だし…

ですから、50代を迎える前にきっとどうかなっちゃって終っちゃうんだろうと、
そう決めつけて日々生きてきたんです。
ま、事情あって我が父の40歳以降の生き様を詳細には知らないっていうのも、
そんな愚かしいことを考える様になった一因かもしれませんケレドモ…

そして歳を重ね、あれよと言う間に49歳となった時、、、
無いと考えていた未知の領域たる50代60代をどう生きるか熟考せざるを得ず、
その際に人生設計を一部修正し今に至るので、心の準備は充分できているつもり…
なのでしたが…

こうして53になった今、己がいまだ健在でまた幸福でいるなんてちょっと想定外。
我が人生、険しき山ありドンゾコの谷あり、猛烈な嵐も何度か吹き荒れたものの、
幸いにしてお仕事は順調に推移し、沢山の夢や希望を叶えさせてもらえて…

有り難き哉。

今まで拙者をあたたかく見守ってくださり、支えてくださった多くの方々に深謝。
本当にありがとうございました。
至らぬ人間ですが、引き続き頑張ってまいりますので、
これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。


生きてるうちは”前に進まない”なんていう選択肢は絶対に存在しないのですから、
この先も変わらず前に進むべく、草臥れた靴底にて我が尻を蹴り飛ばしましょうぞ。
P4060008RRRR.jpg
(初めてHDのシートに座らせていただいた。さざ波さん、そしてTくん、Merci...)


同世代の皆さん。
共に切磋琢磨し頑張りませぅ。


À bientôt!

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ここからは 儲けものと考えて好きにやりましょうね~(笑)

Re: No title

さざ波さん ありがとうございます。
そうなんですよね。
あとはオマケみたいなものですから(笑)、
たっぷり楽しみたいと思ってマス。
プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR