『骨を見る 骨に見られる展』会期は今月26日まで。

↓文京区教育センターで開催中の『骨を見る 骨に見られる展』。
ほね160709dR
東京大学総合研究博物館 遠藤秀紀教授による多種多様な動物の骨の展示です。


展示室に入って右手前のTVモニターにおいて…
ほね160709eR
…私が制作させていただいた7種類の映像が上映されております。


さて。。。


7月のOPEN以来続いていた遠藤教授のお話会も、10月29日でついに最終回。
骨お話し会
さみしいなぁ…最終回っていうのは決まってさみしいものなんだ…

でも、とっても面白くてしかも壮大な、最終回に相応しい素敵なご講演でした。
座席も満席状態、遠藤教授のご講演はいつも大人気です。
どうもありがとうございました。


↓展示室は連日見学者の皆さんで大賑わい。
骨20161029d

↓いろんな骨、たくさんの骨を熱心にご覧になってくださっています。
骨20161029c

↓私が作らせていただいた映像も…ご好評いただいている…かな?…
骨20161029a


お話会は終了しましたが、『骨を見る 骨に見られる展』はまだまだ続きます。
教育センタ外観02
とはいえ会期はいよいよ今月26日まで。
文京区教育センターへ、皆さん、どうぞお越しくださいましね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR