骨を見るし、骨に見られもする、そういう展示。

本日は、9月4日。
お子さんたちには夏休みが終了して最初の日曜日、ですよね。
みんな、宿題は無事提出できたかな…
自由研究はうまくまとまったかな…


文京区教育センターで開催中の『骨を見る 骨に見られる展』。
ほね160709hR
東京大学総合研究博物館 遠藤秀紀教授による多種多様な動物の骨の展示です。


展示室に入って右手前のTVモニターにおいて…
ほね160709eR
…私が制作させていただいた7種類の映像が上映されております。


夏休みの期間中、学童の皆さんも大勢いらして展示を楽しんでくださった模様。
大小様々な脊椎動物の骨を一度にたくさん見比べることができる展示ですから、
夏休みの自由研究の題材にしてくれた子たちも多かったのではないかな。
来てくださった皆さん、どうもありがとうございました。


文京区教育センター2階 大学連携事業室にて、11月26日まで開催中。
ほね160709dR
入場は無料です。まだの方はぜひ。(日曜祝日は休館ですのでご注意ください)


なお会場となっている文京区教育センターから東京大学へは徒歩10分程ですので、
ご見学の際は、ついでに東京大学総合研究博物館へも足をお運びくださいね。


↓『UMUTオープンラボ HALL OF INSPIRATION 太陽系から人類へ』
ちのかいろうあらため01
東京大学総合研究博物館にて絶賛開催中です。


こちらの展示フロアでも私が映像制作をさせていただいております。
chinokairo_20160531bR.jpg
題して『遠藤教授の部屋』シリーズ。
展示場Eブロック "無限の遺体" コーナー、天井に吊られた大型TVにて絶賛上映中。


なお、私が作らせていただいた映像は、定期的に何本かずつ入れ替わります。
これまで上映されていなかった新作映像を、今後も続々公開予定。
ぜひ何度でも展示室にお寄りいただき、ご覧くださいますよう…


どうぞお越しくださいませ & どうぞお楽しみくださいませ。
ありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR