ミッシェル・デルペッシュ氏は、私にとってフランス版マルコス・ヴァーリ氏みたいな存在であると、今も昔もそう勝手に考えている。

軍人だった我が祖父、そしてかの地で生涯を終えた我が父、二人とも、
今日、1月29日を、どのような心持ちで待ち望んでいたであろう。
そして陛下が慰霊をしてくださった瞬間、何を思ったであろう。。。


なんてことを一人考えながら、、、


私はといえば、ここ日本で、確定申告のための書類整理に追われているわけです。


でもねぇ、数字とにらめっこするのにあんまり適していない我がオツムのこと。
茹で上がり過ぎて沸騰したりなんかしないように、、、


ミッシェル・デルペッシュ氏の歌声を聴きながらオツムを落ち着かせていますよ、はい。
でるぺっしゅ
昔から↑このジャケットの写真に憧れてまいりました。
つまり、こんな風な家庭で暮らす幸福なおじさんになりたいなぁ、って、ね。


で、時は流れて、今。


『おじさん』にはなれたけど、『こんな風な家庭で暮らす幸福な』方にはなれてない。


なんて私のことはどうでもよくて、、、


長く苦しい闘病の末、先頃お亡くなりになったデルペッシュ氏を悼みつつ、
祖父と父、そしてかの地に散った英霊たちのことに想いを馳せながら、
今宵はまだまだ数字と格闘せねばなりませぬ。


もうさ、こちとら生きてるんだから、もっとがんばらんとね。。。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR