2015年初春、ドリンクホルダーをようやく装着。

レーンをはみ出さないとか、ブレーキ踏まなくても勝手に止まる位じゃもう驚かない。
メーカー各社が競って『自動運転』なる技術開発と商品化に血眼の2015年。

ちなみに『自動運転』に対して現在のシステムは『自己運転』と称されているらしい。
インテリジェントシステムが広く一般に普及し、皆揃って『自動運転』をしてくれれば、
我が方の『自己運転』車輛にぶつかる心配もないし、コチラにもメリットはある…かな?

そんな技術革新著しい2015年にまるで相応しくない時代遅れな話題で恐縮です。
例によって、ドリンクホルダー装着の件(笑)。


Citroën Xantia には(にも)ドリンクホルダーなるモノが装備されておりません。
XA_20150115aR.jpg
なんたって、そういう時代(20世紀の終わり頃)のちゅーぶる輸入車ですから。


でも、やっぱりあればあったで便利なので、良さそうなモノがあれば装着したいなぁと、
我が方の陣営に加えた一昨年秋以降ずっと思い続けておりましたよ。


さて、ドリンクホルダーを取り付けるとしたらドコが良いかな。
XA20150105aR.jpg
エアコン吹出し口のルーバーなんかには付けたくないし…


やっぱりセンターコンソールのトレイに取り付けるのが良策かなぁ…
ドリンクホルダー設置00bRR
…などとぼんやり考えつつ、、、


量販店でこんなのを見つけてきたのは昨年(つまり2014年)4月のこと。
xanカップホルダ01R
ドリンク2本、それにスマートフォンなる通信機器も置けて便利なんだそうな。


とりあえず、設置予定場所であるトレイの深さを計測してみる。
xanカップホルダ04R
長年愛用している父の遺品のメジャーを用いて手際良く。


続いて、寸法に合わせてこんな台座を作成。
20140509_カップホルダ作業02R
この台座、全て廃品利用であるが故に材料費は0円。


買ってきたドリンクホルダーを裏返して、、、
xanカップホルダ08R
邪魔な部分を撤去し、、、


前出の台座を接着。
20140509_カップホルダ作業05R
ここまでの作業を終えたのが昨年5月頃。


問題は、どうやって取り付けるか、であります。


当初はマグネットで、と考えたんですが、、、
エアバッグECU_20141219R
トレイの下にはエアバッグ用ECUがあるため、無闇に磁気を発生すべきではありません。


しからばいつものやり方、つまりベルクロを使うことといたしましょう。
で、ちょうど仕事が忙しくなってきたこともあり、ここらで一旦作業は中止。
その後、多少時間に余裕ができた昨年12月頃になって、ようやく再開。


まず、トレイに貼ってあるベロアみたいな生地を丁寧に剥がしてベルクロを敷設。
トレイ01R
剥がした生地は、いつか元に戻す時のため大切に保管します。


ベルクロ敷設後。
トレイ03R
パっと見、元の素材と区別がつかないくらいソックリ。


次いで台座の補強材として、工具箱の底に長年埋もれていた用途不明のL字金具を活用。
L字金具04R
表面をつや消し黒のカッティングシートで覆い、台座背面に接着。


台座裏の接地面に敷設したベルクロ。面積を広げて固着力アップを狙うと共に、、、
L字金具05
万が一の際の転倒防止効果も期待して。


そうそう、コンソールに直接当たる右の角ッコには、、、
裏面かどっこ右R
滑り止めも兼ねた衝撃緩和材として硬質スポンジを貼っておきます。


左の角ッコは、、、
裏面かどっこ左R
右とは異なり、形状にちょいとひと工夫をば。


ここにようやく我がXantia用ドリンクホルダーが完成。この時点で、すでに12月末。
DホルダーできあがりR
仕事合間の作業なので、時間がかかるったらかかるのデス。


年が明けて2015年、、、


ついに車輛への装着に着手。
ドリンクホルダー設置01R
…といってもただベルクロ同士合わせて押し付けるだけ。


空調スイッチとのクリアランスを考慮しながら、、、
xanカップホルダ05R
ちょい右。ちょい左。宜候。


できた。
ドリンクホルダ完了20150105R
装着完了。しかしここまで長かったなぁ…。


心配していた空調スイッチへのアクセスにはまったく支障無し。
ドリンクホルダー設置07R
灰皿は使わないし、万が一の時はすぐに取り外せるからだいじょーぶ。


反対側からの眺め。メッキのリングがチャチくていささか興ざめだけれど、、、
ドリンクホルダー設置05R
薄暮時にはむしろ目立って視認し易いかな…うむ、そう思うことにしよう…


これにて終了。やはり、あればあったで便利なのでございます。
xan_20141219R.jpg
今世紀のフツウのクルマが有する快適性能にほんの少しだけ近づきました(笑)。


めでたし。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:

いつもコメントいただきありがとうございます!

いやぁもうヒッシですよ(笑)。
日々、ヒッシでがんばっとります。
ヒッシなんだけれども…決して険しい表情ではなく…
いつも笑顔で。。。

No title

すごい、よくつけましたね。何でもやってしまうね、見習おう

Re: No title

さざ波さん

コメントありがとうございます。

いやぁ、だってくっついてないんだもん(笑)。
だから自分でくっつけないと。

で、くっつけてみて結果は良好、たいへん便利です。
今を生きる人たちは皆さんこーゆう便利さを享受しているのねと、
あらためて気づかされましたよ(笑)。
プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR