Citroën Xantia 最近の動静

10月31日夜から翌明け方にかけてのいかれた乱痴気騒ぎも終わり、
渋谷の街も少し静かになりました。来年は自分ちの近所でおやりんさいね。


さて。


Citroën Xantia VSX 。
20140623_002R.jpg
我が方の戦列に加わってから早一年が経過。


この一年間の累積走行距離は、およそ2,000km。
遠方にある整備工場へ何度か往復している筈なので、実質は1,000kmとちょっとか。
少ない。ほとんど乗ってないね。


そーいえば最近Blogに登場しないけど、どうしちゃったの?。
20140516eR.jpg
だいじょーぶ、ちゃんとあります(笑)。


腰痛という『時限爆弾』…いやいや爆弾は今のご時世いささか物騒ですな。
むしろアレか、ウルトラマンの『カラータイマー』みたいなものか(笑)…
そういったものを抱え込んだ昨年以降、クルマで遊びに出かけることはほとんどないし、
それに、ここ最近はオモシロトラブルなど特筆すべき出来事もコレといってないし、、、


まぁなんといっても車輛価格18万円にしては内外装共に驚くほど程度良好であるし、
走行距離も97モデルにしてはたった4万キロと少ないこともあるし、、、


初期化と称して計画した整備もおおむね完了していることもあり、、、
xan20140912R.jpg
その後は記事になるようなニュースがなんもござんせんで、、、


この先やろうと練っている楽しい計画がいくつかあるにはあるけれど、
忙しくて時間がとれないため、それらもぜんぜん進んでいないし、、、


つまり、クルマについて何か書いたとしても面白そうな記事にならない(笑)。
というわけで、本日のまとめ。


Xantia VSX…誠に良いクルマです。おしまい。
xan20140920bR.jpg
あれ?…これで終わりじゃホントに面白くないですよねぇ…



あーそうだ。4月頃だっけ、デジタル時計のバルブを交換したので、ここでご報告。
デジタル時計バルブR
下からじゃいくらやってもダメなのね、上の空調のルーバーを外して交換するのね。


おー、それから…
運転席RR
空調コントロールパネルの照明バルブも、でありましたっけ。6月頃だったかな…


ご覧のとおり、下半分が不点灯。
ACバルブ13R
上下二段のうち、下段のバルブが切れている模様。


アッシュトレイとオーディオを撤去して、、、
ACバルブ04R
コントロールパネルを引っ張り出し、、、


バルブホルダーを取り外すと、、、
ACバルブ05R
おぉ、こんな形になっとる。


切れたと思われる下段のバルブがコレ。でも…
ACバルブ07R
手持ちの12V1.2W(T5)とは形状が違い交換できず、涙を飲んで元に戻す。


すると。
ACバルブ09R
うふふ。ちゃんと上下とも点灯しました。なぁんだ。接触不良だったみたい。


これで室内照明灯が全部点いた。
ACバルブ15R
おーけー。



それからアレだ。
20140718aR.jpg
LHMリターンホース購入の件。


まるで異口同音に、リターンホースの新品はもう無いよ!とあちこちで耳にします。
無い、とは、すなわちメーカーによる供給は終了した、ということ。

でも「ナイはずないでショ!」と反射的に考えてしまう私は、そんな話を耳にすると、
むらむらっと激しい闘志が湧き上がってしまうのです、いつものことながら。


ですから、7月頃だったかな、探してみました。
LHMタンクaR
LHMリザーブタンクに繫がるリターンホース類一式、大捜索。


さてさて、Xantiaの場合、、、

ハイドロとハイドラ II とアクティバ、ハンドル左右の違い、パワステ系統の設計変更、
ABSの有無、その他年式による諸々の違いに対しそれぞれ異なる部品が用意されており、
リターンホースも例外ではなく、多くの仕様の中から己の車輛に合うソレを探し出すのは
BX以前のハイドロ車に比べるとかなり難儀。

で、実際のところどうであったか。。。


捜索の結果、必要なリターンホースはひととおり購入することができました。
リタンホース20141102R
なぁんだ。やっぱり探せばあるんじゃないの。


それで、、、


不思議なのですヨ。
ちゃんとあるのに、どうしてあちこちで「無い!無い!」という話を耳にするのか。


以下、素人による考察に過ぎませんが、、、
「無い」とされているのは右ハンドル用なのかもしれないね。
世界的には右ハンドル車なんて極めて少数派だし、左用より先に欠品となるのも頷ける。
それが無責任な伝言ゲームの要領でこんな事態を招いている…のじゃないかなぁ。
わからんけど。。。


なんにしても、BXやAX、ami6や8、GSAにしても同様、必要な部品は全て入手できたし。
だから、やっぱり、人生、諦めちゃいけない。

なにしろ、生きるのを諦めたときは、死ぬとき、でありますから、
言い替えるならば、生きることは、即ち、諦めないこと。

誰に何を言われようとも、机にしがみつき、地べたに這いつくばって、
全身全霊、死にものぐるいで、血反吐を吐き散らしてでも、決して諦めない。
その先にあるのは、ボクのワタシの、輝かしい未来、そして、たった1つの幸福。


なんてね。
いかにも大仰ですけれども、実際これまた真理、でしょ、どんな分野においても(笑)。


…というわけで、、、


新車時のまま未交換なれどまだ弾力は残っているリターンホース。けれど…
LHMタンクbR
ぼちぼかなぁ?…とも思うので、これで準備万端、いつでも交換オーケーですよ。


本日は以上。
20140516gR.jpg
果たして…面白そうな記事になっとるんだろーか…??(いやいや)。。。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

心にシミます

生きることは、即ち、諦めないこと、ですか。
シンドくても、生き残れって事ですかねぇ。
心が折れそうな今日この頃、心にシミます。
生きてりゃ丸儲け(サンマ師匠)って言ってますしね。
プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR