ムーアさん、逝く。。。

2017年5月23日、英国俳優のロジャー・ムーアさんがお亡くなりになった。
コロムーア02
コネリーさんより3つ年上だったムーアさん…


もちろん七度に渡り演じられたジェームズ・ボンド役が強く印象に残っているが、
たとえば『ワイルドギース』での洒脱なアオレンジャー的役柄も素敵だったし、
あるいは『北海ハイジャック』でのおヒゲの隊長役もクールで恰好良かったし、
ご自身をパロディ化し楽しそうに演じておられた『キャノンボール』も懐かしい。


で、ここでは、ロジャー・ムーアさんが登場なさった、
7代目トヨタ・コロナのカタログ (1982年) をご紹介するといたしましょう。
コロムーア01
あらためて見るとススス、凄い。
肝心の新型コロナが表紙に一切登場しておりません。


中身にはもちろんコロナが登場しますが(当たり前)、それでも…


ダンディなムーアさんのお写真がそこかしこに配置されてもいて…
コロムーア03
まるでJ.B…うーむ、恰好良い。


なぜこのカタログが手元にあるかと言えば…


当時、今は亡き母がコロナ1800GXを購入したのですよね。
その時にディーラーで貰ってきたのがこのカタログなのであります。
コロムーア04
(その際検討したと思しきメモのあとが残っていたりして…)


私も、2CV6の新車を買う3年ほど前、まだ運転免許を皆伝したばかりでしたが、
母から借り受けてムーアさん気分でハンドルを握ることが度々ありました。
コロムーア05
日本製の小型大衆車であるコロナがボンドカーに相応しかったか否かは兎も角…
今見ても充分魅せてくれる、シンプルかつ秀逸なコックピットだと感じまする。
(ただチョット私は右ハンドル車が苦手なもので…いやはや…)


それで、、、
たしかシングル盤もあった筈だよなぁと思ってクロゼットの中を探してみると…


ありました。当時のCMソングです。
『追憶のストレンジャー』歌うはマキシン・ウェルダンという人。
コロムーア10
この曲をBGMに…
ムーアさんがコロナで登場し”美女との危険なランデヴー”をキメるのでしたネ。


ちなみに…


007シリーズ11作目『ムーンレイカー』のシングル盤も出てまいりまして…
作曲はジョン・バリーさん、歌うはシャーリー・バッシーさん。
コロムーア09
特にB面の方…シリーズ中1、2を争うほど好きなアレンジです…


いやはや…脱線してしまって、ムーアさん、ご免なさい。


私も若き頃は貴殿の作品に酔いしれ、再三に渡り勇気とやる気を戴きました。
スクリーンにて沢山の夢を与えてくださり、どうもありがとうございました。
極東の島国・日本に住むファンの一人として、慎んでご冥福をお祈り申し上げます。


当時の宣伝文句は… ”誰も私を超えられない。”
コロムーア07R
仰せごもっともにございます。。。

スポンサーサイト

皐月の東大総合研究博物館。

青葉繁れる季節。


JR御茶ノ水駅付近から見下ろすお堀の周辺を彩る緑は…
20170427御茶ノ水
この時期(撮影したのは4月末)が最も鮮やかに感じます。


何年か前までは、ここからさらに地下鉄でひと駅移動し、
本郷三丁目駅から歩いて通ったものですが、近年は地下鉄に頼らず、
御茶ノ水駅から歩くことにしております。
懐徳門まで片道だいたい1km、時間にしておよそ15分。


懐徳門をくぐってすぐ右に位置するのが東京大学総合研究博物館。
20170427東大博物館
現在、特別展『赤門――溶姫御殿から東京大学へ』を開催中。


国指定の重要文化財であるところの赤門の歴史を遡ってみれば、
加賀百万石 前田家本郷邸ゆかりの旧加賀屋敷御守殿門に辿り着きます。
これまでの膨大な歴史研究の成果を、ぜひこの展示で学んでくださいまし。
入場無料、赤門展は5月28日までですので、どうぞお見逃しなく。
なお期間中は土日祝日は開館、月曜が休館日となりますのでお間違えなきよう…


そして、常設展『UMUTオープンラボ——太陽系から人類へ』も引き続き開催中。
chinokairo_20160531kR.jpg
多くの方々がお越しくださり、”知”との格闘を楽しんでくださっているご様子。
誠にありがとうございます。


常設展では、引き続き私が制作させていただいた映像が公開されております。
chinokairo_20160531hR.jpg
題して『遠藤教授の部屋』シリーズ。
展示場Eブロック "無限の遺体" コーナー、天井に吊られた大型TVにて絶賛上映中。


どうぞお越しくださいませ & どうぞお楽しみくださいませ。


À bientôt!

Xantia 積年の課題。

我が方 Citroën Xantia V-SX は、1997モデル。
xa20170502fR.jpg
2013年秋にこのコと店頭で初対面した時、残念な問題を幾つか抱えておりました。
どれも緊急事案ではなかったので、その後も未解決のまま放置してまいりましたが、
でも、そろそろかな、と思ったので、4月のうちに問題箇所を順次改善。


まず、、、

  問題その1/「天井下がり」


天井の部材表面に貼ってある布地の接着部分が経年劣化で剥がれてきて…
XA20130910cRR.jpg
生地がべろんと垂れ下がるという、旧い欧州車にありがちな天井下がり。

前オーナー氏が虫ピンで止めてくれていたので、日々の使用に支障はないのです。
天井20170410aR
でも…万が一ピンが落下したら痛い思いをするかもしれんし、それに…

運転中に見上げなければ視界に入ることは無いものの、うっかり見ちゃえば…
天井20170410cR
天井がふにゃふにゃぽよぽよしてて恰好悪いし、なんとなく惨めな気分にもなるし。

それで、新車から21年目を迎えたこの機に天井の生地の張り替えを実施。
ルーフ20170502cR

生地が新しくなれば当然元の色と合わなくなるので、キーレス受光部も張り替え。
天井完了01R

出来上がった状態がこちら↓。
天井完了04R
んまぁ!本来の天井はこんなにシャープで綺麗だったんか!?とびっくり。

そうそう、もちろんCピラー部も張り替えましたよ。
天井完了07R

いやぁホントに綺麗になりマシタ。
天井完了05R
ずっと垂れ下がったままだったので、クルマに対し申し訳ない気持ちで一杯でした…
が、これですっきり、いい気分。


続いて、、、

  問題その2/「運転席ドアのウエザストリップ破れ」


納車時、運転席側のこの部分↓になぜか裂け目があったのですよ。
ドアシール破れR
しっかし不思議。一体どうやったらこんなトコロに裂け目が出来るのか??

お相撲サンみたいな太っちょサンでもここが摺れて破ける筈は無かろうに。
20170323ウエザストリップbR
運転中に雨や風が入り込む訳ではないし、実用上何ら問題ございません…が、
乗車の際に無粋な裂け目がその都度目に入るので、なんとかしたいなぁ。

さて、交換用の新品ウエザストリップは2年前に入手済み。
ドアシール右フロントR
ちなみに前期モデルと後期モデルとではパーツリストの品番が異なりますが、
どちらでも共用可です(今は後期モデルの品番で統一されているみたいですね)。

で、ふと考える…ドア一枚だけ交換すると、、、
各ドアの閉まり具合やボディ剛性のバランスが微妙に狂ってしまうよなぁ、と。

それで結局、ドア4枚分すべてのウエザストリップを入手することに。
ウエザストリップドア用一式R
潰れないよう注意しながら、部品庫で永らく保管してまいりました。

ちなみに、断面はこんなんなっとります。
ドアシール右前02R
天井張り替えの際にウエザストリップも上部を外すことになるので、
しからばついでにやってしまおう、と考えまして、、、

ではでは4本まとめて交換開始。
ウエザストリップ取付けR

で、交換終了。
ウエザストリップ交換後01R
運転席側の無粋な裂け目ともこれでお別れでございます。

外した方は、まだ弾力は残っているものの、全体的に平たく潰れている印象。
旧いシールR
捨てるのもナンだし…とりあえず部品庫で保管しておくとしますか…

それで、交換後の効能として、、、
走行中に運転席側ドアの内張り付近が時折ミシッと小さな音を立てていたんですが、
どうやらそのきしみ音が消えて無くなったみたい。
ウエザストリップがヘタったせいで、ドアが僅かに緩んでいたのでしょう、たぶん。
交換して良かったデス。


それから、、、

  問題その3/「ATの過去の整備履歴が判らない」


どうも過去にATFをまめに交換していたと思しき記録が残されていないので、
早めにATストレーナを交換した方が安心できるよなぁと考えておりました。
ATは手前
例えば、新車から2年毎の交換を継続し、走行6万km越えたら毎年交換、みたいに、
ちゃんとATFを管理してあれば、8万km越えた頃にやればOKな話なんですよね。

実際、BXやXMも含めて故障頻度が高いと揶揄されることの多いZF製ATですが、
このやり方を実践している私は、ATを壊したことは過去一度もございません。

今回はまだ5万kmに満たないというタイミングなので、ちょっと早いけれど…
パーツリスト02
ATストレーナ交換、思い切ってやっちゃいます。

↓ZF製ミッション4HP14用ATストレーナ、4点セット。
20170410ストレーナbR
交換後は…変速時のショックがほとんど感じられず、動作はウルトラスムーズ。
新車のATの状態に近づくことができた…かな…???


最後に、、、

  問題その4/「ボンネットが上手く閉まらない」


どうでもよさそうな話なんですけれども…

BXなどと違って、高級車たるXantia (?) はボンネットロックが二箇所もあり…
ボンネットロック01R
我が方の場合、それらが左右で若干ずれているらしく、右側が上手く固定できない。
つまりボンネットを閉めても右側だけがほんの数ミリ浮いちゃうんですよね。
数ミリ…ですから、見た目は浮いててもほとんど判らないのですけれども…

強めに落とせばちゃんと閉まることもあるし、ダメな時は上から押せばOKだし、
というわけで、これについても放置してまいりました。

が…

ボルトを2本緩めてロック部を上にずらせば済む話なので、思い切って調整を実施。
ボンネットロック04R
ボンネットロックを2.5mmほど上にずらしまして…

結果、フツーにボンネットが閉まるようになりました。
xa20170429cR.jpg
パッと見、判り難いです…でも、閉めてみると…効果は歴然。
うーん…もっと早くやっておけばよかった。



…とまぁ、こんな感じで、
気になる箇所を改善してまいりまして…


が、まだあと2〜3残っております故…
xa20170429dR.jpg
もう少し経ったら残りの箇所も実施するとしよう、かナ、と。

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR