New Single「TOKYO GIRL」2017/2/15 Release!!!(そして「COSMIC EXPLORER」も…)

Perfumeさん、2017年最初のNew Single「TOKYO GIRL」。
tokyoG03R.jpg
2月15日にリリースされました。


曲名が『東京ガール』ということで…
当初は元気で明るいポップな感じなのかなと考えておりましたが…
Perfumeさんご出演のラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」において、
一足先に拝聴した時に…
心の深いところをえぐられるような切ない感じの楽曲だったので、
えっ?…と、ちょっと驚きまして…

明るい未来や元気になりそうな希望が感じられない訳ではないけれど、
それよりも、、、
その裏で人知れずそっと仕舞い込まれたであろう、哀しみ、
気づかないうちに無くしてしまった、誰にも知られる事のない喪失感、
そうしたものが、いつの間にか心に深く積み重なってゆき…
それでも東京は時を刻み続け、また明日がやってくる…

…と、そんな感じ…

日々頑張って生きる中で、知らずにぽろぽろこぼれてゆく何かがあることに、
ふとした拍子に気づかされて、それでもふり返る余裕なんてなくて、
無慈悲に突き放されたかのように、ただひたすら前へと進むだけ…

…と、そんな感じ…

ヴォーカルレスのインストルメンタルもまたずずんと深いところに響いて、
深夜にたった一人で聴き入ってみると、なんかこう、心の芯を強く突かれる…
1年前に活動拠点を渋谷から東京郊外に移した我が身ですから、
いまこのタイミングで余計にそう感じるのかもしれません…


もっとも、メイキング映像で3人が話してくれているように、
制作途中の段階ではかなりノリノリの元気な曲だったようです。
tokyoG_MA_01.jpg
でもそのあとAメロの音をどんどん削っていって今のカタチになったんですって。
8年前の「ワンルームディスコ」の時とは逆のパターン、といって良いのかな。

今作はドラマ「東京タラレバ娘」の主題歌でもあり、それで正解なのでしょうね、
毎回ラスト近くで静かだけど力強い印象的なイントロがズン!って鳴り始めると、
ピリッとした気配がドラマに漂い始めて…BGMとしてたいへん効果的に感じます。

そして…今回もMIKIKO先生の振り付けが素晴しい。
tokyoG_V_01.jpg
前作『FLASH』も、そしてついこの間まで大盛り上がりだった恋ダンスも、
はたまたリオオリンピック閉会式での圧倒的なパフォーマンスも、
(そしてBABYMETALもね)MIKIKO先生のお仕事はいつも素敵なのだけれど、
今回はまたひと味もふた味も違って、大いに冴えておられるなぁと感じます。

リリース日に生配信されたPerfumeさんのスペシャル番組内での、
綺麗な東京の夜景をバックに披露された3人のライブパフォーマンスが、
↓現在Youtubeで視聴できますので、よろしければご覧くださいまし。
https://www.youtube.com/watch?v=9pjtVUZNfWY


ちなみに、渋谷タワレコの店頭ではリリースイベントが開催されまして…
tokyoG02R.jpg
この日は都心もものすごい寒さ…タワレコスタッフの皆さんご苦労さまでした…

PerfumeさんのNew Single「TOKYO GIRL」。機会があれば是非ご試聴あれ。
tokyoG01.jpg
そしてもしご購入の際には、初回限定盤がオススメです。
特典DVDに収録されている同曲PVには吉高由里子さんも出演されてますヨ…


さてさて。


来たる2017年4月5日…
Cos_EX_03R.jpg
Perfume 6th Tour 2016「COSMIC EXPLORER」
Blu-ray & DVDのReleaseが決定したそうです。

昨年末にWOWOWで放送されたのは京セラドームでのライブでしたが、
なにしろ半分くらいの尺でしたから、実は多くの楽曲と楽しいMCがばっさり…

ほとんど半年間に渡り日本と米国で25公演も行われたツアーでしたし、
アリーナ公演とドーム公演ではライブの内容がかなり異なっていたしで、
メディア化する際はハテどうするんだろうとモヤモヤしていたら…

京セラドーム大阪と、幕張メッセでのスタンディングエディション、
2公演をまるまる収録するみたい。

ということはアリーナツアーでしかやらなかった「3:5:6:9」コーナーも、
ドームでしかやらなかった「パフュームの掟」New Versionも、
両方楽しめる訳ですよ!!! 。

初回限定盤の特典DISCには米国ツアーのダイジェストも収録されるそうですしね。
よかったよかった。

となれば幕張メッセで「Amazonさいこー!」と叫ぶあーちゃんの笑顔も、
「立ち直り早いから…」とこぼして笑いを誘うのっちさんの様子も、
買ったばかりのキックスケーターでステージ上を走り回る3人の姿も、
未開の惑星をかわいいロボットと共に探索するSF映画風のムービーも、
もちろんちゃんと収録される…かな…どうだろ…

ま、ともかく。こりゃすごいことになりそう。
Cos_EX_04R.jpg
リリース日が今から楽しみです。。。

スポンサーサイト

2月の活動、それに付随していろいろ。

2月某日、東大本郷キャンパスにて打合せ。
子供の頃から密かに抱いていた大きな大きな夢のまた夢。
生涯に一度で良いから…でも大きすぎて自分には無理だよなぁと思っていた。
が、その夢が叶う事に。
詳細は、いつの日かご紹介できそうになったらその時に…ね。

それはそれとして、
東京大学総合研究博物館で昨年5月から継続して開催中の、
『UMUTオープンラボ HALL OF INSPIRATION 太陽系から人類へ』展。
TODAI_UMUT20170208.jpg
引き続き、展示場Eブロック "無限の遺体" コーナーにて、
私が映像制作を担当させていただいております。
よろしければぜひ、足をお運びくださいませ。
休館日は土曜・日曜・祝日・年末年始・その他館が定めた日となっております。
ちなみに入館は無料です。



さて、別の某日、税務関係の書類を抱え東京 渋谷にて打合せ。
活動拠点は東京郊外に移転しましたが、勿論マンションは今も健在であるし、
我が事業拠点としてまだまだ渋谷とのご縁は継続中であります。

そのついでに、渋谷区役所の建替えはどうなったかなと足を伸ばしてみると…
2017024aR.jpg
もはや庁舎は影も形もない。

ちなみに健在だった頃の渋谷区役所総合庁舎がこちら。
区役所とGSAR
Citroën GSA pallasで訪れた時の写真ですな。

もう1枚、在りし日の庁舎。
渋谷区役所110311R
東京オリンピック開催の1964年に完成し、翌年庁舎として使用され始めた建物。
言うなれば私と同い年なのですよ、故に無くなっちゃったのは本当に寂しい…
ウルトラマン第4話「大爆発五秒前」 (ラゴン登場の巻) のロケにも使われたしね…


さて、区役所の向かいには、私が通い慣れたるNHKがありまして…
2017024bR.jpg
この横断歩道を渡ったちょうどその場所。
そこが、かつて俳優の加藤武さんと立ち話をさせていただいた場所であります。
ここに来れば、あの日の光景が今も目に浮かびます。
ひよっこの私に、とても丁寧に接してくださった加藤武さん…あらためて合掌。。。


その横断歩道の反対側に位置するのが二二六事件の慰霊碑。
もとはといえばこの一帯は旧陸軍刑務所の跡地なのですよね。
2017024cR.jpg
一部の人の間で恋愛成就のパワースポット扱いされているようですが、おいおい。
国の未来を憂いて行動に出た青年将校らと1,483名の下士官兵の皆さん…
我が国の現状を如何ご覧あそばされているであろう、なんて思っちゃいますヨ…


そのすぐそばに、まだあるかな、もうないかな。
2017024dR.jpg
あった。赤いトビラが目印のザリガニカフェ。
ドロールが閉店して随分久しい今、我が想い出のカフェは、もうここぐらいかな…


そしてびっくり。あの渋谷パルコが鋭意取り壊し中。
2017024fR.jpg
生きてる間にこんなことが起きる筈は無いであろうと考えておりましたが、
こんなことが実際に起きてしまったんですねぇ…うーん…


そしてそして、
私や亡き母にとって格別想いで深かった東急プラザ渋谷も既に解体され…
shibuya20170209aR.jpg
今はこんな状態。

跡地には…
shibuya20170209dR.jpg
こんなのが建つらしいですよ。


まだ書きたい事はあるのですが…
本日はこのへんで。


À bientôt!

Xantia V-SX、2017年初頭の諸々。

えーと、、、


いつの頃からであろう…
xa20170127eR.jpg
1年くらい前から、かな?


左前ドア下部に装着されたスピーカーが僅かにノイズを拾うようになった。
SP左cR
ハーネスの接触不良かも、なんて思うことにしてお茶を濁してきましたが…
いよいよノイズが煩くなってきたので、仕方がない。


1月のある日、防塵カバーを外してみると、、、


うーん、やっぱり。エッジがぼろぼろ。
SP左aR
ま、97モデル(1996年11月製造)なわけですから、そりゃ寿命ですよねぇ。
純正スピーカーちゃん、ここまでよく働いてくれました。感謝。


ちなみに右側は、、、まだ大丈夫。
SP右bR
ナビ側のドアは開閉頻度が低いため振動少なく圧もかからない…からかなぁ??


で、見ちゃった以上はなんとかせねばなりませぬ。
どこの銘柄にしようか思案すること数週間…


これ↓に決めた。PIONEER製、16cmスピーカー。
16cmセパレート01R
安かったんですよぉ(定価の4割引き位かな…)。


当然コアキシャルじゃなくてセパレートタイプをチョイス。
16cmセパレート02R
出で立ちが勇ましいというか…高音質であろうことは見ただけで判ります。


と、ここでふと思い出す。
時折カー用品店のオーディオ売り場で耳にするのが、
「輸入車はインピーダンスが違うので難しいヨ…」との不安を煽るような言葉。
要するに「素人にゃ難易度高いけぇわしらに任せんさい」との営業トークですな。
もちろんそういう事例も無くはないものの、Xantiaの場合はいたってカンタン。


では交換。まず最初に、これまでたくさん働いてくれた純正スピーカーを撤去。
SP交換20170202aR
こうしてあらためて見ると、闘いに明け暮れぼろ切れのようになった老兵のよう。
なんとも痛ましい姿であります。


外したスピーカーを裏返して黄色いカプラーを取り外す。
SP交換20170203bR
新しいスピーカーを装着するのにこのカプラーを再利用します。


新品スピーカーに付属するハーネスにちょっと細工をしてから…
Fスピーカ02R
カプラー同士を接続。
(スピーカー背面には防振用のパッキンを貼付済みです)


あとは4本のトルクスネジを均等に締めて本体を固定すれば済むのですが…
SP交換20170202kR
ネジの上にあるプラスティックの小さな突起、
コイツとスピーカーの溝を上手く合わせるのに、強いて言えばコツがいる、かな。


交換の手順はたったこれだけ。
スピーカ交換20170206aR
「輸入車はインピーダンスが違うので…」なんて心配はXantiaには無用です。


最後に、この防塵カバー…
SP交換20170202fR
無い方が音は良いに決まっていますが…いちおう元通り装着して完了。


続いて、まだ無事な右側ドアの方ももちろん交換。
SP交換20170203fR
左右の音質が一定でないと耳聴こえとしてよろしくないので。


なお現時点でトゥイーターは問題ないので今は交換せず。
リアスピーカーの方はどうしようかな…ま、今後要検討として、
とりあえず今回はフロントのみの交換で一旦終了。

フロントのウーファーユニットを交換しただけでも、新品だし、PIONEER製だし、
さすがに深くて厚みがあって臨場感溢れる良い音を楽しませてくれます。
というか、Xantiaってクルマはこんな良い音が聴けるんだ!!!とびっくり仰天。

BX以前のCitroën車に比べボディシェルは強固だし、遮音も行き届いているし、
何より純正6スピーカーのセッティングが上手く機能しているのでしょうね。


洗練されたスマート家電みたいな最近のクルマをまるで知らない私ですから、
たったこれだけのことでも目から鱗、じゃない耳から鱗?…
SP交換20170202gR
…よく判りませんが、自分専用の特別豪華なリスニングルームが誕生したっ!!!
って位にかなり嬉しい!!!。


2月に入り、交換したフロントスピーカーの試聴も兼ねつつ、
東京 武蔵村山市 伊奈平にあるWOKレストランへランチをいただきに参上。
xa20170202R.jpg
ギャラが出たので美味しいエビマヨも注文。満腹。ごちそうさまでした。

WOKレストランのHPはこちら↓。
http://www.geocities.jp/wokrestaurant/
皆さま、近くへいらした際にはどうぞお立ち寄り下さいまし。。。


ランチからの帰路、
前後バランスを調整して新品のフロントと使い古しのリアを聞き比べ、愕然とする。
スピーカ交換20170206bR
背後から聴こてくる音の劣悪ぶりったら…

悪い音は悪いなりにバランスさえ取れていれば耳が順応するので割と気にならない。
そこに突出した良い音が混入されると、バランスが崩れ脳が違和感を覚えるわけで、
新技術が必ずしも現行システムに幸福を齎す訳ではないとの喩えに使えそうな事案。
ともあれ、こうなればやはりリアスピーカーも近々に交換しなくては。
その時は…トゥイーターも一緒に換えた方が良いのだろうなぁ…


ところで。


我が方Xantia V-SXのハイドロリターンホース類。
サクションヒビ02R
製造から20年の間、一度も交換されておりませんで、故にいまも新車のまんま。

走行距離が5万キロに満たないこともあるのでしょうが、それにしても。
ゴムの硬化は進行中なるも、割れたり折れたりといった大事にはいまだ至らず。
乗り方や保管方法、専ら使用する地域にもよるのかもしれませんけれど、
BXに比べれば驚異的に丈夫で長持ちですよ、Xantiaのリターンホースは。
(BXは新車から十年以内にホースのあちこちからLHMが漏れ始めましたからね…)

…とはいえ…

オクトパスとセットになったサクションホース先端、ジョイントに刺さる部分に、
私が購入した当初から小さな亀裂が存在しまして…
サクションヒビ20170124aR
それが3年3ヶ月かけて徐々に広がりを見せ…
まだ平気ではあるものの、いずれ遠からず破断しエア噛みを引き起こすのは必至。


えらいこっちゃ…なんですが…
やっとその時が来たか!?という思いもあって、ちょっと嬉しい。


2年前、すでにリターンホース類はひととおり入手済み。
リターン20170203
なのにまだ交換せずにおりましたから。


それで、交換までの間はとにもかくにもの応急処置として、
プラスティック系テープ(ビニールテープではない)で頑丈に巻き巻きしておいた。
サクションヒビ20170124bR
破断を出来るだけ食い止めつつ、もし破断した際にはエアを吸わないように。
これで万が一の場合にもホースの断裂部分が大気に触れることはない(はず)。


こんな風にして日頃からエンジンルームを覗き込み、あれこれ観察しておれば、
びっくりするようなトラブルに見舞われる事はほとんどありません。
サクションヒビ03R
シトロエン車に限らず、旧い自動車を愛でるにはこうした接し方が必要なんです。


さて、ひと安心しつつ…
この応急処置はどれくらい保つのだろう?なんてことが気になり始めて…


考えた末、もうしばらくこのままの状態で乗り続けてみることに決めました。
xa20170127gR.jpg
どうなんでしょうねー、テープを巻いただけの応急処置はどれくらい保つのか。
でもしばらくの間意外に保ったとしても、やはり春には交換したいなぁ…

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR