ミッシェル・デルペッシュ氏は、私にとってフランス版マルコス・ヴァーリ氏みたいな存在であると、今も昔もそう勝手に考えている。

軍人だった我が祖父、そしてかの地で生涯を終えた我が父、二人とも、
今日、1月29日を、どのような心持ちで待ち望んでいたであろう。
そして陛下が慰霊をしてくださった瞬間、何を思ったであろう。。。


なんてことを一人考えながら、、、


私はといえば、ここ日本で、確定申告のための書類整理に追われているわけです。


でもねぇ、数字とにらめっこするのにあんまり適していない我がオツムのこと。
茹で上がり過ぎて沸騰したりなんかしないように、、、


ミッシェル・デルペッシュ氏の歌声を聴きながらオツムを落ち着かせていますよ、はい。
でるぺっしゅ
昔から↑このジャケットの写真に憧れてまいりました。
つまり、こんな風な家庭で暮らす幸福なおじさんになりたいなぁ、って、ね。


で、時は流れて、今。


『おじさん』にはなれたけど、『こんな風な家庭で暮らす幸福な』方にはなれてない。


なんて私のことはどうでもよくて、、、


長く苦しい闘病の末、先頃お亡くなりになったデルペッシュ氏を悼みつつ、
祖父と父、そしてかの地に散った英霊たちのことに想いを馳せながら、
今宵はまだまだ数字と格闘せねばなりませぬ。


もうさ、こちとら生きてるんだから、もっとがんばらんとね。。。

スポンサーサイト

Perfume Anniversary 10days 2015 PPPPPPPPPP「LIVE 3:5:6:9」リリース。

遅ればせながら…去る1月13日にリリースされました。


Perfume Anniversary 10days 2015 PPPPPPPPPP「LIVE 3:5:6:9」(初回限定盤)
サンゴーロクキュー01
本編収録時間137分!!!。


WOWOW放送時は『未来のミュージアム』と『Dream Fighter』、そしてMCの大部分
が放送時間の関係でカットされてしまいましたが、、、


今回それらがめでたく復活(とはいえ冒頭のハプニングはやはり…ですが…それでOK)。
サンゴーロクキュー03
そして内容盛り沢山の初回特典ディスクは収録時間なんと65分!


円形ステージを使った臨場感はやはり実際にライブを体験しないと伝わり難いけれども、
逆にリアルとヴァーチャルの狭間を行ったり来たりするトガった楽曲『STORY』では、
ビデオ映像で見た方が何がどうなっちゃってんだか判らない驚きを感じられるでしょう。


なんつったってやっぱすごいよ。
あの日、あのステージで起きた出来事の総てがすごい。


Perfumeアンバサダーショップを謳う東京 渋谷のタワーレコードにて購入。
ぱひゅむアンバサダーショップR
この素朴なタッチのイラスト、よく似てるしかわいいしすてき。


予約特典のポスターもらっちゃった。楽曲『STORY』の一場面ですが、、、
サンゴーロクキュー02
顔が陰って全然見えてないところが「アイドルなんかじゃない」感いっぱいです。

完了。

いろいろあってタイヘンだったけれども、、、


とりあえず移転完了。
xa20160109fR.jpg
うーん、部屋がぜんぜん片付かないよぉ…


うわぁマイナス2度。
xa20160113cR.jpg
やっぱり寒いよねぇ。。。


ゆき!ゆきゆき!。
xa20160118aR.jpg
おっと、確定申告の準備も始めなきゃいけないのに…


いやーちかれたびー。
20160118dR.jpg
空気が澄みきっていて夕景がとってもすてき。


で、こちらは…当たり前だけどがらんとしている。
最終20160115aR
早く決まるといいなぁ。。。

移転の速報。

さて、唐突ですが。。。


我が方アトリエ暮らしの拠点を東京 渋谷区から他所へと移転いたします。


決めたのは昨年(2015年)10月頃だったかな…
でも半年前の6月頃には漠然とでしたがオツムの中で計画を練り始めておりましたっけ。
さらに…ちょうど1年前、昨年のお正月に右手がダメになり春まで仕事ができなくなって、
その時に『いよいよかもなぁ』と感じ、以来心の準備は少しずつ始まっていたのでした。


が…。


実のところはもっとずっと昔(18年くらい前)に遡って…
渋谷駅にほど近い”古〜いマンション”を見つけ、さてどうしよう?というタイミングで…
今は亡き母に言われた”ある言葉”…
その時の親子の会話をキッカケに、プランはすでに発動していたのだろうなぁ…
なんて想い起こしたりもする年始早々の寒い冬の晩。。。


ともかくそういうわけでちょっとばったばたなものですから、本日はこのへんで。
いずれまた続報いたします。


移転先と渋谷とを何度か往復するうち、ついにというか…やっとというか…
xa20160105cR.jpg
Citroën Xantia VSXの累積走行距離が45,000kmを越えた。頑張ってくれております。


À bientôt!

Bonne Année 2016

新年、明けましておめでとうございます。
旧年中はご愛顧いただき誠にありがとうございました。
本年もぼちぼちとマイペースでまいる所存です。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。


xa20151212eR.jpg


もう”去年”ということになりますが、、、
冬なのに夏日なんていう暖かい日がありましたね、昨年12月に。
本年最初は、あの日、我が方バルコニーより望んだ渋谷の夕空が凄かった件、であります。


北側バルコニーより、黄金色に輝く新宿方面のビル街を望む。
渋谷夕景201512bR
直近と遠方の雲の厚さや色あいが違い過ぎるのは単に光の加減のせいだけではない筈。


西側バルコニーより…この日は温度だけでなしに湿度もかなり高かったに相違なく、、、
渋谷夕景201512cR
フォグフィルター越しに捉えたかのように、ビルに隠れた陽光が優しく滲んで見える。


同じく西側バルコニーより南西方向。
渋谷夕景201512dR
低い雲が筋状に次々流れてくる様が古い映画のワンシーンみたいで幻想的。


15分位経過して陽が陰った頃、再び北側バルコニーに立つ。
渋谷夕景201512eR
空を覆う雲海は水墨画の様でもあり…茜色の斜光と相まって息を呑む美しさ。


CGならばこんなのちょいちょいと描けるんでしょ? (笑) …けれどこれは正真正銘の本物。
建替マンションの引渡し日からもうじき3年になりますが、こんなお空は初めて見ました。
今の季節にしては異様な程に気温が高かったこの日、冬の雲たち総動員といった風情で、
稀に見る見事な色彩実験の成果を楽しませてもらった、そんな夕暮れ時の体験でした。
きっとこれらは、寒気と暖気のせめぎ合いがもたらす至極の技なのでありましょう。
温暖化が強く叫ばれる昨今ですが、それとはまた別の話として、やはり自然は偉大である。
しばし手を休め見惚れてしまいましたよ。


ではでは…本日はこれにて失敬。
2016年が皆さまにとって素晴しい一年となりますように。。。

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR