ISCバルブ交換。

えっと…10日くらい前のことかな…つまりシルバーウィークの少し前…


我が方陣営に加わってもうじき2年になる九七式 Xantia VSX。
xa20150815gR.jpg
このたび初めて積載車のお世話になりました(笑)。


理由は、突然のエンスト。
行きつけのガソリンスタンドで給油してもらっている間におひるを食べに行き、
戻ってきて「さぁ帰ろう」とエンジンをかけたらアイドリングが維持できなくなっていた。


思案するにスロットルケーブルを調節するかプーリーに何か挟んでテンションかければ…
xa_20150905dR.jpg
とりあえず自走できそうではあったけれど…若い頃のように無茶する歳でもないしね。


ここは素直に運んでいただこうと考えピポパと連絡したところ、さすがチューリッヒ。
状況を伝えてものの5分で積載車到着!!早いっ!!(イヤ、偶然近くにいらしたのだそうで)。
積込みも、スタンドの敷地内を使わせていただけてスピーディに行うことができました。
関係各位の皆さん、お世話になりました。


シトロエン車に乗り続けて25年目、故障での搬送はami6で2回、BX16TRSで2回。
xa_20150916dR.jpg
クルマが積載車に乗れて「うふふ」と喜んでいるようにいつも思うのは私だけだろうか??


ともあれささっと川崎市にあるミヤマエオートさんへ持込みます。
xa_20150919aR.jpg
修理待ちのBXやCXや4や5やXantia BREAKなどが「お前もかい?」とお出迎え(笑)。


さて、アイドル不良となればISCバルブが悪さをしているのは明白なんですけれど、、、
ICSバルブ清掃03R
これまで何度もバルブのチェックをして汚れていないのは確認してきたし。


なので、もしやセンサー類のどれかがダメなんじゃ?…だとしたらチョット難儀だなぁ…
意外に時間と手間(とオゼゼ)がかかるんでは?等と余計なことを考えたものの、、、


結果…今回のエンスト事案、ISCバルブの交換で治りました。
xa_ISC_20150919R.jpg
ステッパーモータが急にパンクしたのだろーか??…目視では判らんもんなぁ…


というわけで、すぐに修理完了。
ありがとうございました。


こうしてあらためて眺めてみると、、、
xa_20150919bRR.jpg
かつてのフランス大衆車のスタイルはやはり唯一無二で個性的、見ていて飽きません。


見かけのカッコばかりでカタチに必然性が全く感じられない最近のフランス車と違い、
この頃のは有する機能を上手くカタチに反映してシンプルかつ丁寧にデザインされている。
こうした敬愛すべき傾向はギリギリ90年代前半まで、でしょうかねぇ、残念ながら。


で、帰路は試運転のため遠回りをして50kmほど走行、、、


実はちょっと足を伸ばして圏央道方面へ…と思ったけれど、日が暮れてきたので断念。
xa_20150919cR.jpg
絵本やCD持って突然お邪魔しようかと考えていたのに叶わず…残念だなぁ…


À bientôt!

スポンサーサイト

黄金週間に対して呼び名は…白銀週間…でいいの?

世間では「シルバーウイーク」だそうで、各地大賑わいの大繁盛なんですって。
行楽地でたくさん遊んで、思い出いっぱい作って…帰路の渋滞もすごいんですってね。
ハンドルを握っていらっしゃるお父さんたち、お母さんたち、或いはその他の人たち、
誠におつかれさまです。道中、お気をつけて…


さて我が方…世の動静にはまるで関係なく、、、
シルバーウイーク期間中に小さい子向けアニメの4つめができあがり。
残すところあと1つ…なんですけども、一部はできているもののこれ以上着手できない。
ちょっと ”待ち” の状態が続いております。
で、3つめのアニメの背景画に若干修正が出たため、現在そっちを作業中。
あとは東大で撮ってきた素材を編集しなきゃ…
うむむ、しかし残り1つはいつ完成するのでありましょうや…
(ていうより、いつゴーサインがでるのであろぅ…??)


そんなシルバーウイークの初日(2日目だったか?)ベランダから見えた渋谷の空は…
快晴20150920
雲一つない快晴、澄み切った蒼い空ってすてきですね!!!。


ところが…我が街の穏やかな静けさをつんざいて、、、
今回のシルバーウイーク期間中もやっぱり彼等はやってきて、今も窓の外で騒いでいます。

私は、、、
子供の頃から、我を忘れて感情のままに叫んだり喚いたりするオトナがキライです。
オトナなんだから…他にやれることがあるんじゃないスか?…と思っちゃいます。
育った環境のせいかもしれませんが、小さい頃からずっとそう。だから一生変わりません。

国民一人ひとりがちゃんと考え、真剣に学び、己のすべきことをし、幸福な人生を生きる。
これを怠るとするならば、国なんて良くなる筈がない。

そりゃぁ不肖私めだって思うところ憂うところはあれども、、、
今やれる目の前のことに私は黙って尽力しますがね。今日も、明日も、明後日も。
そして己よりも賢明な人のお話を冷静に拝聴し、黙して熟考しますがね。

それにしても…今日のはなかなか終わらないなー。
渋谷中でサイレンぎゃんぎゃん鳴ってるし、マイク握った煽動者はぎゃぁぎゃぁ喚くし。
毎週末ごとにこれだもんなぁ…うるさくてかなわんなぁ…これじゃぁ仕事にならんなぁ…
…ぶつぶつ…

『鶏づくし展』続報。

私が映像制作を担当させていただいた『鶏づくし展』についての続報です。


東京大学総合研究博物館 遠藤秀紀教授による貴重なニワトリの剥製展示、『鶏づくし展』。
とりずくし07RR
文京区教育センターにて10月17日まで開催中!!!


さて。
今日は『鶏づくし展』展示映像の撮影風景をちょっとだけご紹介したいと思います。


本年5月、ニワトリたちと対峙する私(餌をやっているわけではありません念のため)。
DSCF3651.jpg
↑教授が撮ってくださったスナップ写真、手製のクレーンを使って剥製を撮影中。


分解組み立て式のこの簡易クレーン、制作費(材料費)は総額6千円くらい。
簡易クレーン撮影01R
アームの長さは2m、先端に小型雲台を装備。


片方にウエイトをぶるさげてバランスを保ち、ムービー用三脚の雲台を利用して操作。
DSCF3653.jpg
動作は極めて滑らか&浮遊間バツグン。意外にちゃんとした画が撮れます。


で、こちらがクレーンで撮った映像のひとコマ、まずはロングショット。
クレーン3R
なんだか兵馬俑のニワトリ版みたい…?。


続いてアップ、剥製標本の頭上スレスレをカメラはナメるように移動してゆきます。
クレーン8R
「ドローンで撮影したんでショ?」とおっしゃる方が会場に結構おられるようですが、、、


いやいや、貴重な標本の上でドローンを飛ばすだなんて、そんな愚行はいたしません。
テクノロジーを追いかけるのも時には必要でしょうが、モノ作り・映像作りの基本として、
お金を使わず機材も問わず創意工夫をもって現場に挑むことを大事と心がけております故。


というわけで撮影風景おしまい。
皆さん、お時間あればぜひ『鶏づくし展』の会場へ足をお運びくださいまし!!!。


世界中の珍しいニワトリたちがお待ちしていますよ。
tori.jpeg
こけこっこ。

相も変わらず。

今週末も楽しくお仕事中です。


小さい子向けのアニメーション、残り2つのうちの1つを作画中。
201509さくがちう
(感謝を込めて、昔お世話になった亡き先輩DirのJ.komさんをモデルに描いてるつもり)


休日返上のし過ぎか?、右手も腰の方もちょっとしんどいですが、でもちょっとですから。
まだまだいけるところまでがんばっちゃいます。
あ〜、でもおなかがへったなぁ(笑)。


作業合間の息抜きに、ぜいたくな三ツ矢サイダー、今度は”あらごしストレートマンゴー”。
みつやストレートマンゴー
お味は、なんと評したら良いのでしょう…ちょっと不思議なテイストざんす。


Xantia VSX、週に一度の出動を継続中。車輛の状態は概ね良好なんですが…
xa20150912hR.jpg
でもそろそろフロントハイトコレクターとO2センサーがバツかも…なんて感じるこのごろ…


そうこうするうちにチケットが届いた。
ぱチケ2015
Perfumeさん、結成15周年のアニヴァーサリーイヤーに相応しいビッグイベントです。


もはや若い人のような”すまぁと”な応援はできませんので…
去年のライヴを最後とすべきかな…なんてうつむいたり立ち止まったりもしたけれど、
やっぱり元気な3人のお姿を拝見したいですからねッ。
で、もしやあれかな…新録音されたというあの『イミテーションワールド』も、
今回のステージでお披露目!?なんて楽しく想像しながら過ごしております。


と、いった調子で相も変わらず。
いやホント。
去年とやってることはナンモ変わらず、たぶん基本的に小さい頃からナンラ変わらず。
というより変わりようがない、ですよね。
人の生き方ってそういうモンなんじゃないかな、なーんて考える五十一の秋。


À bientôt!

こどものくに 9月号『いいなあ』

今年3月から5月初旬にかけて描画に取り組んだ、
小さい子向けの絵本が刊行されます。


↓こどものくに 2015年9月号『いいなあ』(鈴木出版刊)
IINA_EHONN1.jpg
2〜3歳のお子さん向けの幼児絵本です。


作者は奥田実紀さん、絵の担当がワタシです。
今回も、鮮やかな色彩と触れてみたくなるような質感、これら2点を追求しつつ、
この絵本をおうちで見たあと、動物園に出かけて生きている本物の動物を見て、
動物のことをすきになり身近に感じてくれたら嬉しいなぁ、との思いも込めて描きました。


保育園で販売されたり、個人で年間購読されているご家庭に配本されたりする絵本なので、
一般の書店では扱っていないようなのですが…


もしもお見かけの際には、ぜひページをめくって味わっていただきたいと思います!!!
IINA_EHONN2.jpg
かわいい動物がたくさん登場する楽しい絵本ですよ!!!


↓鈴木出版さんのHPでも紹介されておりますので、ぜひご覧くださいましね。
http://www.suzuki-syuppan.co.jp/script/detail.php?id=1041033402
(年間購読はこちらのページ経由で申し込めるみたいですね)



「いいなあ…」
そんな風に思えるような出来事が、この世界にはいっぱい。
…さて、どんなお話かな??


今回も楽しいお仕事をさせていただき、どうもありがとうございました !!

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR