FC2ブログ

『ケモノノカタチ』展

文京区教育センター 別館一階にて開催中の『ケモノノカタチ』展。
ケモノノカタチ展04R
お子さんたちに向けた、東大総合研究博物館の標本展示です。


規模は小さめながら、そこで見られるのは貴重な学術標本の数々。
中にはちょっと触れてみることのできる標本もあったり。
入場無料、3月4日(火)まで開催中。

http://www.bunkyo-tky.ed.jp/ed-center/

http://www.um.u-tokyo.ac.jp/exhibition/2013kemononokatachi.html


お子さん連れで、どうぞ足をお運び下さいまし。


ここで知の源泉と対峙し、、、
ケモノノカタチ展01R
ご自身の探究心を磨いてみてくださいましね。


À bientôt!

スポンサーサイト



南極観測船『宗谷』のこと。

寒い寒い。

そうつぶやきながら、
映像の編集作業を日々進めておりますが、、、

あまりに寒いので、ふと。

宗谷_18

暑かった昨夏の、
南極観測船『宗谷』を見学しに出かけた日のことを思い出しました。

宗谷_01

宗谷_02

宗谷_03

宗谷_04

宗谷_11

宗谷_22

操舵室では、かつて海自と海上保安庁の職員をしておられたお二人のボランティア氏から
貴重な体験談をうかがうことができました。

宗谷_15

宗谷としらせに乗船された方々から、当時の話を直接聞かせていただけるなんて!
その節はどうもありがとうございました!

宗谷_17

で、南極はたしかに寒いのだけれど、そこへ行くには赤道を越えねばならず、
ということは一度猛烈に暑い思いをしたのち目的地に到着して痛烈に寒い思いをする、
つまり、南極行きとは、想像を遥かに越えた非常に過酷な旅なのですね。

宗谷_16

きっと、今年の夏も暑いのだろうな、なんてことを考えながら、、、

宗谷_23

まだまだ寒いこの冬を、ぶるぶる震えて過ごすことにいたします。

宗谷_08


おまけ。タロとジロもいたよ。
宗谷_12
(ちょっとこわい…)

Bonne Année 2014

2014年になりました。

xan20131230iRR.jpg
新年がみなさまにとって実り多き1年となりますよう、お祈り申し上げます。



昨年12月から、2年がかりのプロジェクトが始まりました。

自然科学の分野で及ばずながら教育現場に貢献したいというのが私の本望であるので、
このプロジェクトに参加させていただけるのは誠に有り難いし、心底嬉しい。
亡き父母もきっとそう願っておりましょうから、なおのこと、であります。

どんなお仕事であるかは今は書けませんが、いずれそのうちに。
よりよい作品に仕上げるべく、完成までがんばる所存。

そんなわけで、2014年はいつにも増して良い年になりそうな予感。


プロフィール

喜多村

Author:喜多村
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR