読了ののち、私も回想す。

例に漏れず、本作もぐいぐい引き込まれるおもしろさ。


↓読了。
ビュイ8
『回想のビュイック8/スティーヴン・キング』。


スティーヴン・キングの小説、いったい手元に何冊あるのか。
自分の書棚を数えてみたら、ナント52冊。


モダン・ホラーの帝王と称されるキングの読み物のおもしろさを私に教えてくれたのは、
私にとって兄貴みたいな存在だった、映像ディレクターの J.Komさん。


J.Komさんとは、正式に出会う前に、実は某映像制作の現場ですでに出会っていた…
ふしぎな、そして特別な縁のようなものを感じる、そんな出会いであった。
その瞬間から、私の映像ディレクターとしての歩みが始まったのだ、たぶん。


2年前にこのBLOGに書いたEAGLESの記事にも登場する J.Komさんだが、
イニシャルだと "J.Kさん" となり、これだと女子高生みたいであらぬ誤解を招きかねず、
故に J.Komさんとしておこうと、私は密かに思っている(ちっとも密かじゃないネ…)。


現場でご一緒させてもらう機会も増え、築地方面で徹夜仕事に励んでいたある日のこと、
"同い年だ" と勘違いされていることを知り、「僕は年下ですよ」と訂正したら、
かなり驚かれて、、、同年代だと思ってもらえたのは嬉しくもあったけれど、やはり、
あの時は、恐縮する気持ちの方が上回っていたのだよなぁ。。。
ともかくあの瞬間の J.Komさんのびっくりした表情は、今も心にしっかり残っている。


のちに気づいたのだ。
"坂本龍馬" みたいに生きた人、そんなふうに感じていたんだナ、私は。
まぁ、ほんとに、いろんな意味で。
福山雅治さんが演じられたドラマ "龍馬伝" が気に入っているのは、そのためなのだ。
似ているのだ、なんとなく雰囲気が、立ち居振る舞いが、生き方が、 J.Komさんに。
だから、なのだ。



さて、本題。
20年くらい前、 J.Komさんに薦められて最初に読んだのが『シャイニング』。
もちろん怖かったし、そして怖いだけじゃなかった。
事前に J.Komさんから聞かされていたとおりだった。
怖さの向こう側にある、閃きにも似た ”ソレ” の到来。
読んでみて、言わんとしたことがよく判ったし、
そうして得られたセンスが、仕事に取り組む際にたしかに役立ちもした。


きっと、他の作品もそうに違いない…
読み終えるたびに、私は J.Komさんに聞いたものだ。
 「次にお薦めのキングの小説はナンですか??」
 「そうだな、それじゃ次は・・・」


キングの小説に目覚めた私は、水を得た魚のように作品を読み進んだ。
そのたび ”ぽん” と膝打ち、そうきたか!などと口走りながら。。。
 「怖いだけじゃないぜ。俺らのクリエイティブの参考になるような考え方や描写が、
  作品中にいろいろ見つかるから。おもしれぇぞ。もっと読んでみな・・・」



あの暑い夏。
容赦ない病魔と闘った挙げ句、星の王子様のところへ旅立ってしまってから早11年、
現場でお世話になった我々一同は、それぞれの場で今も各々活動を続けている。
そして私はといえば、、、
もう読むことができなくなってしまった J.Komさんの分もキングの小説を読むんだ…
…って決めて、以来、キングの小説を手に取り続け、積もり積もって52冊。


今でも書店で(古書店の場合が多いが)未読の一冊を手に取っては、
「次はコレを読もうと思うけど、どうかな…」
と、心の中で会話を交わす。


読んだことのないキングの作品が、この世にまだ、たくさん存在する。
決して急ぐ必要はないのだ。
本は逃げないし、本を読む私の時間も、まだ充分残されている筈だから。
なんて幸福なことであろう。
私にとって、そしてきっと、亡き J.Komさんにとっても。。。



でもって、本作『回想のビュイック8』。
もちろん、内容について詳しくは書きませんけれどもね。
大長編『IT』や、涙なしには読めなかった『アトランティスのこころ』とともに、
私のお気に入りの一冊、私にとっての宝モノの一冊と相成りましたヨ。



そんなこんなで本日は、J.Komさんの命日なのでございます。。。(合掌)

スポンサーサイト

じゅーねん。よーつー。じどーしゃ。

えーと、皆さんの場合は、いかがでしょう…


私の場合は…

10年くらいをひと区切りとして、そのたびに次の扉が開き、
新しい人生のフィールドへ移っていくように思います。
きっかり10年というわけではないのですけどね、
おおむね10年、ちょっとオーバーぎみ、っていう感じです。


思えば10年ちょっと前…

  会社を辞めてフリーの立場で仕事を始め…
  父と母が相次いで他界し…
  マンション建替え事業の立ち上げに従事するようになり…


そして10年くらい経過し、次の10年を歩みはじめようという今年…

  マンション建替えが完了、仮住まい先から戻って再び居住することとなり…
  次いでよーつーに見舞われ、クルマに乗れない日々が続いている…



↓マンション地下駐車場にて。月に2回はエンジンをかけているけど、、、
AX美竹2013夏aR
人間の体の方がまいっているので、しばらくお休み中のAX14TRS。



というわけで本題、よーつーについて(←ここまでの前置きが長いよ(笑))。



今年は年初から大型連休直前にかけて、かなり無視して体を酷使しちゃいましたからねぇ。
仕事(映像7本+アニメ)に引越し(実家の荷物含め3tトラック×2台分)が重なって、
それで、よーつーと仲良しになっちゃった。


ま、厳密には世間一般で言われる『腰痛』とは少し違うのです。
ギックリとか薬が効かないとかまるっきり動けないとか、そういうのではなくて、
長時間の座位が続くと腰から右足にかけての調子が悪くなる(ついでに背中も)、
といった類いの症状で、痛みがひどかった頃は靴下を履けず、椅子にも座れない状態に。


ん…これでは何だかよく判りませんね。
はい、そーなんです。


筋肉やら関節なんかについての痛みや違和感というのは、外から見てもまるで判らない。
顔が青くなっているわけでもなければ、咳き込んだり、熱で苦しんでるわけでもない。
せいぜい眉間に皺が寄ってるとか、歩き方がぎこちないとか、外見上はその程度の差異。
ですから本人が自覚している以外、他の誰にも判らないものなんですね。


また本人にしたところで、レントゲンやらMRIの画像で説明を受け判ったつもりでいても、
実際には患部を解剖でもして探ってみない限り、ホントのところは理解できない。
きっと、そういうものなんだろう、と私は思っています。


幸いなことに、ここ数ヶ月に渡る治療の結果、日常生活にさほど支障を来すことなく、
仕事もフツウにこなせる程度にまで回復してきました。


で、先によーつーの原因として挙げた『長時間の座位の継続』。
座って集中的にお仕事をなさる方々は多くの場合このよーつーの予備軍なんだそうですが、
私の場合、仕事で座位の状態が長時間続くのは避けられない宿命にあります。
しかも繁忙期のソレはパないレベルで、社会通念上のソレとは比べ物になりません(笑)。


ですから腰に負担がかかるのは当然ですが、それでも仕事をせねばお米が買えないので、
がんばってアトリエの椅子に座って(笑)作業机に向かい、今日も明日も仕事をします。
それができるぐらいには回復してきた、ということになるので、
これにて一件落着…って感じなのですが…


まだあるんですよ、ひとつ問題が。
それは、クルマ、であります(←れれ?実はここからが本題なのでした(笑))。


たとえば…怪獣退治の専門家であるウルトラマン。
仮に彼がクルマ(たとえばシトロエン(笑))の運転がすきだったとして、地球上では
3分間程しか活動できないのに、クルマに乗って遊びまくったりはしないでしょう。
貴重な3分間を、やはり専門の仕事をする時間に充てるでしょう。
それと同じ(たとえが悪い(笑))ようなもので…


私の場合も仕事を優先すべく、座位の時間を減らすため「クルマに乗らないでおく」との
選択に至る訳です。
クルマの運転、その姿勢たるや、腰への影響としては最悪の部類にあたりますからねぇ。
特に、私のすきな ”小さくてマニュアルでパワステ無しの車” というのがよろしくない。
姿勢を変えずに腰に負担のかかる動作を長時間続けるのは、実際のところ大いにシンドイ。


つまり今のクルマ(シトロエン AX14TRS)は、よーつーに良くない!むしろ悪い!と、
そういうわけなんです。


それで結論として、とりあえず落ち着いたのが『クルマに乗らない生活』。
これがまた私には新鮮で面白かったりします。


なんといってもびっくりなのが、おゼゼがかからないこと(笑)。


クルマに乗らないから燃料費がかからない、出先で駐車場を利用する際の出費もない。
余計なクルマの部品も買わなくなるし、関連書籍もミニチュアカーも欲しくなくなり、
所謂シトロエンに関連するグッズ集めもしなくなる。


クルマに興味の無い人は、こんなに浪費せずに暮らしているんか、というふしぎな驚き。
そっちのベクトルに向かっていた興味とか労力とか時間がそっちへ向かわなくなることで、
ふと気がつけば、ずいぶんと気がラク。


それらを『無駄』として切り捨てるつもりはないけれど、でもきっと、いやたぶん、
そういうことに全く興味のない人たちからしたら、大いなる『無駄』に違いないんだな。


思えばシトロエンを所有するようになって23年、興味を持ち始めてからだと30年くらい。
この間、一種の呪縛状態に陥っていたのに違いない。
だから先のことはともかくとして、今この時点でこういう呪縛から一旦解放されたことは、
新鮮以外のナニモノでもないし、それは先を生きるための良き布石とも成り得るでしょう。


そういったわけで、よーつーとじどーしゃとの関係から、次の10年をどう過ごすべきか、
それがだいぶ見えてきたので、ここ数ヶ月抱えていた不安も解消されつつあるみたい。


わはは。おもしろいですなぁ、人生ってのは。

イグ・ノーベル賞 2013!!

さてさて、毎年お伝えしているイグ・ノーベル賞。
今年も9月12日に授賞式が開催されましたよ。

以下にAFP通信の記事と、それでは内容が不充分なため、朝日新聞の記事もご紹介。
 
……………………………………………………………………………………………………………


『イグ・ノーベル賞、「タマネギ涙」の謎に挑んだ日本人も受賞』
(AFP通信の記事より)


ノーベル賞(Nobel Prize)のパロディー版、第23回「イグ・ノーベル賞(Ig Nobel Prizes)」の授賞式が12日、米ハーバード大学(Harvard University)で行われ、「人々を笑わせ、そして次に考えさせる」研究を行った科学者らに、正真正銘のノーベル賞受賞者たちから賞が手渡された。


自腹で授賞式に参加した受賞者には各1分間のスピーチ時間が与えられたが、持ち時間は8歳の「無情な」少女がきっちり管理した。


各賞の受賞者と受賞内容は以下のとおり。


・平和賞
 公共の場で拍手をすることを違法としたベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ(Alexander Lukashenko)大統領と、腕が1本しかない男性を拍手をした罪で逮捕した同国の警察が共同受賞。


・安全工学賞
 飛行機をハイジャックした人物をわなにかけて箱詰めにし、パラシュートで警察に引き渡すシステムを発明した、米研究者の故ジュスティーノ・ピッツォ(Gustano Pizzo)氏が受賞。


・確率賞
 ウシは横たわっている時間が長くなればなるほど、もうすぐ立ち上がる確率が高くなるとの研究結果を発表した英蘭カナダの共同チームが受賞。同チームはまた、1度立ち上がったウシがいつになったら次に横たわるかを予測するのは難しいことも発見した。


・物理学賞
 人によっては、池の表面を走れる身体能力がある可能性を発見した研究チームが受賞。ただし、月面であることが条件。


・生物学賞および天文学賞
 道に迷ったフンコロガシは天の川を道しるべに帰巣することを発見したスウェーデン、オーストラリア、ドイツ、英国の国際研究チームが受賞。


・心理学賞
 酔った人は自分のことを本気でもっと魅力的だと考えていることを証明した研究チームが受賞。


・化学賞
 タマネギを切るとなぜ涙が出るのかという長年の疑問に取り組み、「生化学過程はこれまで認識されていたよりも、ずっと複雑だった」という結論に至った日本とドイツの国際研究チームが受賞。


・考古学賞
 トガリネズミの死骸を湯通ししてかまずに飲み込み、人間の消化器系内でどの骨が消化されるかを確認するために、自分たちの排泄物を入念に観察した米国とカナダの国際研究チームが受賞。

……………………………………………………………………………………………………………


『日本人研究者が「医学賞」と「化学賞」を受賞した。日本人の受賞は7年連続』
(朝日新聞デジタルの記事より)


 医学賞を受賞したのは帝京大医学部の新見正則准教授(54)ら。マウスの腹に別の心臓を移植すると、その心臓は免疫の拒絶反応で8日後には鼓動が止まる。ところが手術後にオペラ「椿姫」を聴かせ続けると、平均26・5日、最長約100日間も心臓が動き続けた。モーツァルトの音楽でも同じ効果があったが、地下鉄の雑音ではだめ。鼓膜を壊すと効果はないため、音楽が脳を介して免疫反応に影響していると考えられる。

 授賞式では、マウスの姿で登場した共同研究者らがオペラを歌う隣でスピーチをして、会場を沸かせた。外科医の新見さんは音や匂いが免疫に与える仕組みを研究する。「いずれはノーベル賞に値する研究にしたい」と意欲を語った。


 化学賞に選ばれたのは、ハウス食品ソマテックセンター研究主幹の今井真介さん(56)ら。タマネギを切ると涙が出てくる。この成分は、タマネギやニンニクの風味をつくる成分と同じ酵素でつくられると考えられてきたが、今井さんらは催涙成分が別の酵素から作られることを突き止め、2002年に英科学誌ネイチャーに発表した。

 この酵素を働かなくすると、風味の成分はそのままで涙が出ないタマネギができた。遺伝子組み換え技術を使ったため「今のところだれも食べていない」と言う。

……………………………………………………………………………………………………………


というわけでした。
本気の大真面目な研究成果なのに、ユーモアセンス満点で笑っちゃうでしょ?。
うふふ、楽しい。


それで毎年のことですが、、、


このアカデミックな記事に相応しい写真が何もありませんので、
今年は『コノハチョウ』の写真をば。


↓たしか私が8〜9歳位の頃じゃなかったかな、今は亡き父からもらった標本です。
コノハ1
コノハチョウ…その名のとおり、、、


↓羽をたたむと木の葉にそっくり。
コノハ3
(経年劣化で触覚が折れてしまっているのはご愛嬌)


↓あはは。よく見ると「コノハチョラ」って書いてある。
コノハ2
この誤字に今日初めて気づいた…40年近くも経つっていうのにねぇ(笑)。


しかしナンでしょ、アレでしょ…
自分を外から客観視して隠蔽擬態の具合を確認しない限り、こういう模様を作り出すことは
できないと思うんだがなぁ…でも現実にコノハチョウにはそれができたわけで…

昆虫ってホンッッットにふしぎ。。。

映像案件、完了ス。

8月アタマからずっと制作が続いていた映像案件が完成。

ここ数日は西新宿にあるスタジオに篭り、アニメーターとして、またディレクターとして、
映像の編集と音響の仕上げ作業にひたすら腐心しとりました。

それがようやく完了し、とりあえず問題もなさそうなので、ちょっと息抜き。



↓夕暮れ時、都庁辺から見上げた高層ビル群の勇姿はなかなかすてき。
西新宿ビル街20130904
(マカロニやジーパンが走り回っていた頃はこんなじゃなかったけれどもね…)



さて、スタジオへ向かう途中、ふと視界の隅に白いヘンテコなものが飛び込んできた。
矢印1
↑ムーミンに出てくるニョロニョロみたいなのが風に揺れて蠢いている気配。


近寄って確認すると、、、


”かーかきんきんかーきんきん♪” のCMの火星人 (金星人のほうだっけ?) にも見えるコレ。
矢印2
柔らかいウレタンみたいな物でできた矢印が個々に動いて風向きを示す仕掛け。


じーっと見ていると、その計算されてない不規則な動きが独特でおもしろい。
「いとをかし」であります。


でも、一体何のために?…まさか気象庁が予算を使ってこーゆうモノ作るわけがないし…
矢印3
なんて考えつつよくよく見れば、、、


コレ、『Not losing to the Wind』なる題のアート作品なんだそうで…
矢印4
新宿クリエイターズ・フェスタ2013 という催しの展示物だったんですな。


なるほど。
そういう目で辺りを眺めてみると、他にもアート作品らしき物体が街のあちこちに。


↓とある建物のロビーには、高さ4〜5mはある得体の知れないミドリ色の怪物?が…
西新宿アート20130904
これもアート作品らしい、たぶん…近寄らなかったから正体は不明ですがね。

だって…おっきいし、こわいんだもん(笑)。



おまけ。

↓いつもの新宿中央公園の池に棲むカメも、ちゃんと元気そうにしていた。
西新宿の亀20130904
しっかし…いったいナニ食べて生きてるんダロ??…なぞ。

1,2,3,4,5,6,7,8…

9月になりました。
とはいえ、真夏の暑さ大いに継続中だとか天候異常が猛威を奮い中だとかは相も変わらず。

ま、異常な方が自然なのであって、生物の活動に都合の良い安定した気候が続く事の方が、
実は大いに不自然であったり異常だったり、なのですよね、地球の営みとしましては。
たとえ、その自然な ”異常さ” の片棒を担いでいるのが我々 "人間たち" であったとしても、
ですよ、ええ。



さて。
東京・渋谷は昨日に続いて今日も暑い。

そんな "あちち" な渋谷ですが、ちゃんといますよ、もちろん。
セミの2013夏2
どこに?なにが?。


↓ここに。
セミの2013夏1
セミが…(抜け殻ですけれども)。



ところで、、、

私がいま知りたいことは、、、

八景島シーパラダイスで飼われているベルーガ(別名シロイルカ)が、
ショーの演目の中で口に含んだプールの水を来館者にぷはーっと浴びせかける時、
いったいベルーガは何を思っているのか。

「こりゃおもしろい!もう楽しくって仕方がないよ!」なのか。
それとも「教えられた通りのことを義務としてやってるだけだもん」なのか。
どっちであろう。

ということ。


それと、もうひとつ、、、

心からひっそり漏れ出た「これでいいのでしょうか?」という問いに対し、
神様はいったいどのようなお返事をくださるのだろうか。

ということ。



さてさて。
仕事の続きに取りかからねば。。。


プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR