『サンダーバード博』

東京・台場にある日本科学未来館にて7月10日から開催されている『サンダーバード博』。

9月23日の終了まで残すところ1ヶ月を切ったということで、、、
TB博_01
そろそろ書いても良いかなぁ〜、なんて思ってちょっと書いてみたりして。


ちなみに『サンダーバード』とは…英国で1965年に放映されたTV番組(全32話)です。
日本での初放映 (NHKにて) は1966年、私が2歳の時でした(←どーでもいい情報)。
どんな内容であったかは皆さんおおむねご存知のことと思いますが、ざっとご紹介すると、
時は21世紀、宇宙飛行士だった大富豪の一家が私費を投じて設立した国際救助隊の活躍譚…
マリオネットによる人形劇と精巧なミニチュア特撮で描かれたSF娯楽番組なのでした。


さて、、、
三越本店『ウルトラセブン展』見学の際、Cさんから『サンダーバード博』の広告チラシを
いただいたのがキッカケで、こりゃ行っとくべき!と思い、暑さ厳しい7月下旬の某日、
『新交通ゆりかもめ』にユラユラゆられながら現地を目指したのであります。


その日、あたりに溢れかえる来場者のあまりの多さにまずはびっくり。
よく見ると、同じ日にすぐそばで Tokyo Idol Festival なるイベントも開催されており、
若くて旬なアイドルさんたちの初々しくカワイィお姿がそこかしこでキラキラしてまして、
つまりサンダーバードと Tokyo Idol Festival 両方のファンが全国から大集合というわけ。
おかげで周辺は猛暑×2(笑)…台場は熱気むんむん大賑わいなのでした。

↓『Tokyo Idol Festival 2013』ウエストプロムナード広場の SMILE GARDEN。
TB博_07
Perfumeのあ〜ちゃんの妹のちゃあぽんさんのお姿も(この写真には写ってない)。


で、、、『サンダーバード博』。
大前提として、展示には様々な見方があり、幾多の感想があることと思います。
そのうえで、あえて一筆啓上。
(ちなみに写真撮影はOK、但しフラッシュはお断りでありました)

我が国において『科学』と『科学技術』は往々にして混同されがち、ここが難しいところ。
また時期も時期、内容も内容ですから、展示が遊興施設化するのは仕方のないこととして、
それでもなお、やはりアレコレ考えさせられます…

たとえば、、、
番組中で描かれた未来の技術と現代の最先端技術を比較し、作品の先見性を論じている点…

それから、、、
運営方針なのでしょうけれど、展示床面積の広さに対し展示自体がいささか小規模な点…

そんな中、、、
小松崎茂画伯が描かれたプラモデルの箱絵の原画展示、これは素晴しかった。
なかなか本物を目にする機会はございませんから…感激至極…
であると同時に意外だったのが、印刷された箱絵のほうがナンダカ色鮮やかで艶やかで、
原画より美しく上質に見えてしまうこと。
いかん、いかん…

TB博_05

TB博_04

TB博_02

TB博_06

『科学館』と『サンダーバード』。
展示の名称に『博』と付けられていることに鑑み、ちょっぴり辛口な感想となりました。
ごめんなさい。てへぺろ。


貴殿は『サンダーバード博』をご覧になって、どんな感想をお持ちになりますかしらん。
ぜひ、科学未来館の会場まで足をお運びくださいませ。
9月23日まで開催中。


Thunderbirds Are Go !!!!

スポンサーサイト

”渋谷の夏、AXの夏”

所用のついでに ”渋谷の夏” の1枚をカメラで捉えるべく近所をうろちょろ。
といってもセンター街にいるおねぇさんたちを追いかけたわけではございません、
念のため。


↓ぱちり。
渋谷の夏2013bRR
蝉時雨、樹々を渡る風…
私にとっての ”渋谷の夏” の1枚はこんな感じ、カナ。



では ”AXの夏” の1枚はいかに?とカメラを構えてみたものの…

うーん…実は…
人間の方の腰痛がまだ完治しないので、ここんとこクルマの使用を控えているんですよ。
ストレートにいうなら、「クルマに乗れない状態が続いて」るンです。
ですので、 襟裳の春は…じゃなかった、"AXの夏" は…何もない夏です。

いやぁ、まいった、まいった(カトちゃん風)。
けれど物は考え様。

現在のマンション地下駐車場は、真夏のテンションMAXな炎天下の路上と違って、
充分涼しいし乾燥もしているし、そんな快適な場所にしばらく置きっぱなわけですから、
欧州生まれのAXにとっては過酷な条件下で無理させられるよりきっと幸せに違いない。

我が国の真夏の直射日光は、塗装にもゴム類にも樹脂類にもよくないからして。
(水温管理があまり得意じゃないAX1.4は過労とストレスでいかにも苦しそうだしね)


↓地下駐車場のパレットからちょぃと出してみた、シトロエンAX14TRS。
AX at mitake 1305
でも運転するのは正直しんどいので、すぐに元へ戻す。

新品に換えたばかりのセルでエンジン即始動、いいこちゃんね。
待っててくれてありがとう…


あ、ちなみに…
納車時に不調だったエアコンをバッチリ修理してもらって3回目の夏になりますが、
今夏もちゃんと冷えているでございますー。
あの時お世話になった東京・大田区のアウトレーヴさん、ありがとうございますー。

六十八回目。

↓元安橋より。
来広 048RR

祈念す。

ちょこっと出演。

えぇと、先週の出来事になるのかな。

某所にて、鋭意撮影中の某映画にちょこっと出演させていただいてきました。
今は何も書けませんが、一般公開された暁には、どうかな…
その時にはちょこっとご紹介できるかもしれません。


↓7月のある日、バルコニーから臨んだ夕焼け雲。
夕焼け2013年7月R

渋谷の夏の夕空ってのもなかなかイケますでしょ。
ふと、過去のいろんな光景や折々のいろんな音楽、そしていろんな人々の懐かしいお顔が、
あれこれ浮かんできましたよ。。。

うわ。もう8月か。

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR