イグ・ノーベル賞 2012!!

毎年ご紹介しているイグ・ノーベル賞、今年は如何に??

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ロイター 9月21日(金)配信
イグ・ノーベル賞、「おしゃべり妨害装置」で日本人2人受賞

9月20日、ユーモアがあり、かつ意義深い科学的研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」の授賞式が行われ、おしゃべりな人の話を妨害する装置「スピーチジャマー」を開発した日本人2人が受賞した。写真はそのうちの1人、塚田浩二さん(2012年 ロイター/Jessica Rinaldi)
[シカゴ 20日 ロイター] ユーモアがあり、かつ意義深い科学的研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」の授賞式が20日に行われ、おしゃべりな人の話を妨害する装置「スピーチジャマー」を開発した、産業技術総合研究所研究員の栗原一貴さんと科学技術振興機構研究員の塚田浩二さんの2人が「音響賞」を受賞した。

スピーチジャマーは、話し続ける人に対して、その人の音声をわずかな時間をおいて送り返す仕組み。そうすると、発話者はうまく話すことができなくなるという。

同賞を1991年に創設したマーク・エイブラハムス氏はスピーチジャマーについて、将来的に様々な目的に活用できるとの考えを示した。

今年の授賞式では、「体を左に傾けるとエッフェル塔がより小さく見える」という研究を行ったオランダ出身の心理学者らが「心理学賞」を受賞したほか、「コーヒーを持って歩くとなぜこぼれるのか」を調べた米カリフォルニア大学の2人に「流体力学賞」が贈られるなどした。

授賞式は米ハーバード大学で行われ、過去のノーベル賞受賞者らが賞を授与した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

…でありました。
上記の記事中、『過去のノーベル賞受賞者ら』とあるのは『過去のイグ・ノーベル賞受賞者ら』の間違いではないかと思いますが、、、まぁいいか。
受賞者のみなさん、誠におめでとうございます。
ぱちぱちぱち。

この素晴しくアカデミックな記事に相応しい画像がないので、こんなものでも。
コインチョコ
ノーベル賞の祝賀パーティが行われるストックホルム・シティホールのコインチョコ。

ちなみに「コーヒーを持って歩くとなぜこぼれるのか」について私も私なりに真剣に、
アレコレ考察してみたのですが、、、

↓モンティ・パイソンのばか歩きコントに登場する秘書の姿しか思い浮かびませんでした。
bakaaruki1.jpg
ばか歩き省の秘書がコーヒーを持って歩くとなぜこぼれるのか?…ばか歩きをするから(笑)。


スポンサーサイト

『生きる形』展、回顧。

東京大学総合研究博物館の『生きる形』展。

生きる形展入口

ワタシも関連行事において講師を務めさせていただいた今回の企画展、
すでに9月1日をもって終了しておりますが、ここで展示の様子を少しだけご紹介。
あなたにとって『生きる形』とは何を意味するものぞ?。

生きる力オブジェ1

生きる力オブジェ2


おしまい。


ちょっくら渋谷へ。

先週のこと。
所用で渋谷を訪れ、ついでに建て替え中のマンション工事現場にも寄ってきました。

うむ、だいぶできてきましたなぁ。
mitake120914.jpg
内装工事も始まったようで、あと数ヶ月で完成ってところか。

早いもので、仮住まいを始めてもうじき2年。
この間、渋谷の街も変わりましたよ。

センター街の入口に立つと、ずいぶん店舗が入れ替わったんだなぁと気づかされます。
shibuya03.jpg

以前はこんなのなかったし。
shibuya02.jpg

LOFTのムービングロゴも、赤錆びたようなアンティーク調から、、、
LOFT3.jpg

流行りのスマート系(ん?)へ、いつの間にかリニューアルしてたのねん。
LOFT4.jpg
あのヘンテコなBGM(褒メ言葉デスヨ、モチロン)もフツウになったし。

東横線のホームから見え隠れする景色もずいぶん変わって、、、
shibuya04.jpg
巷で話題の渋谷ヒカリエが、ほら、すぐそこに見えるよ!(笑)。

まぁしかし、どうもね、晴れないというか、気分が落ち着かないわけで。
あと、半年。
で、どうなんだい?
と自問自答は続く。


絵本、制作中。

7月から続いている絵本の制作が佳境にさしかかっております。
この3連休の間に仕上げるべく、日々猛進中のココロ。
そこで今日は、ちょっとだけ描画のようすをご紹介。
ちょっとダケヨ。

こんなもの(メディウム)を用意して、、、
ehonn01.jpg

アクリルガッシュと混ぜ合わせ、、、
ehonn02.jpg

青や緑のカラーペーパーに、えいやっ。
ehonn03.jpg

ハケで塗りたくったり、、、
ehonn04.jpg

棒で引っ掻いたり、、、
ehonn07.jpg
ついでに叩いたり捏ねたり…いやいやそんなことはいたしません(笑)。

こうして作った素材を切ったり貼ったり重ねたりしてコラージュすると、、、

あれま。青いお皿の絵ができました。
ehonn10R.jpg
なんだか地中海でシーフードを召し上がれ的な雰囲気ですが(←そうか?)、
実はこれ、ちくわが乗っかるお皿なんです。

なぬ??。

おっしゃー。絵本の完成まで、あとひと息。
というわけで本日はおしまい。


『カメの長き不在』

数日前のこと。
日頃よりお世話になっている某プロダクションへ向かう途中、、、

新宿西口公園内にある『新宿白糸の滝』のそばを通りかかりました。
西新宿のカメ1
それでもってやはり、いなくなったカメはどうしたかな?との思いが頭をよぎるわけで、
ちょっと足を向けてみたところ、、、

いましたよ!たった1匹だけど。
西新宿のカメ2
(この『カメの長き不在』のいきさつについては過去の記事をご参照くださいまし)
 →http://atelier463.blog101.fc2.com/blog-entry-545.html

あの時のカメが帰ってきたのか?、新しいのを誰かが放したのか?真相は判りませんが、
でもね、やはりね、ここにカメがいることがうれしいし、ありがたい。

お帰り。カメくん。
西新宿のカメ4

でもって新しい仕事の打合せを終えて帰宅したところ、夜になって不意に携帯が鳴り、
「あの案件、無くなっちゃった」との残念な一報が。
あらま。

けどね、とはいえね、池にカメが戻ってきたのだから。
いやほら、こーゆうことのほうが実は大事だったりしますから、、、

西新宿のカメ3
ま、そんなわけで、良しとしましょうかね。←いいのかそれで(笑)。

スマイレージとちくわ。

先週末、8月最後の日曜日。
近所の大型ショッピングモール内イベント広場にて、、、

スマイレージがミニライヴ&握手会を開催。
smi.jpg
いえーい。でも写真撮影は禁止。あしからず。

とても小さなステージだけど、全力のパフォーマンスでお客さんたちをお出迎え。
6年くらい前までは、Perfumeさんたちもこんな感じだったンダナ…
夢に向かって、がんばれ女の子たち!。

ついでにショッピングモール内の生鮮食料品店で『ちくわ』を買いました。
tiku01.jpg

否、ついでじゃないんです、実は。
この日の最重要ミッションは、本当はこっちの『ちくわ』を買う方なのでした。

ちくわといえば野沢直子サンを連想しますが(笑)…それはおいといて。
なんでちくわかといえば、いま描いている絵本の絵の参考資料として、ですよ。
やっぱり本物を見て、よく観察してから描かなきゃね。
つまり、このちくわクンたちは絵のモチーフなのだ。

とはいえ、うふふ、少しくらい食べてもいいかな。
tiku02.jpg
うまうま。

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR