カーオーディオ換装…AX14TRS

シトロエンAX14TRSについてです。

↓新車当時のAX純正カーオーディオはカセットプレイヤーだったのですが…
AXカセット

↓ウチの子は過去のオーナー氏によってか?CDプレイヤーに換装されております。
AXCD1.jpg
(同じアルパイン製だし…もしや当時のディーラーオプション品だったのか??)

これはこれで、さしたる不満はないのですが、でもちょっとだけ、ある(笑)。
小さなスイッチ類がたくさん並んでいること、イルミネーションが子供っぽいこと、
そして操作パネルのデザインが左右非対称なこと。
それらがAX(というかワタシが考えるフランス車)の内装に全然似つかわしくない。
あとは若干だがラジオの受信状態が芳しくない時がある(気がする)。
なんだ。不満だらけじゃないの。

そこで、CDプレイヤーを他機種と入れ替えることにしたわけです。

↓松下電器が日産車用に製造・販売しているCDプレイヤー。
AXCD2.jpg
以前AMI8用にと入手したものの結局使用せず、部品庫にて長らく埃を被っておりました。

それではさっそく交換。

↓専用のカプラーを若干手直ししてジョイントし、、、
AXCD3.jpg

↓はいできあがり。
AXCD5.jpg
ちなみにこの製品、通常のCDデッキより奥行きが深いんですな。そのため若干でっぱった感じ
になってしまい、これ以上は奥へ押し込むことができないのがちょっと残念。

それでも小さなスイッチは並んでいないし、子供っぽいイルミネーションも装備されておらず、
シンプルでシンメトリックで地味なデザインが大いに気に入っています。

↓まるで元からそこにあったかのように違和感がない。
AXCD7.jpg
こーゆーのを求めていたのですわぃ(笑)。

そんな感じで、2011年も間もなく幕を閉じようとしておりまする。
ax_kinjo4.jpg

みなさま、よいお年を。


スポンサーサイト

お茶会みたいな。

本日は、東大の研究室にておいしいケーキとチョコと紅茶をいただきながら、
あんな話やこんな話をば。

111227.jpg

今年はほんとうにお世話になりました。
たいへんに貴重な体験をさせていただきまして、
誠にありがとうございました。
来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

↓のらにゃんこ、発見。
東大猫
本郷キャンパスに棲みついているのかな?。


Noël

Joyeux Noël!!

111225_1.jpg

111225_3.jpg

111225_5.jpg

毎年恒例、今年も教会にてお祝いをしてまいりましたよ。
そして夜はNHK『坂の上の雲』最終回ですな。
おっと。
小田和正さんと豪華ゲスト陣によるライヴ番組『クリスマスの約束2011』も放送ですか。


2011年のイヴ。

おそらく小学校に上がる前の昭和45年、
6歳の時にもらったプレゼントだと思うんですけれどもね。

↓マイクロスコープ、顕微鏡であります。
micro1.jpg
今も壊れることなく機能して、小さなものを大きく見せてくれます。

↓そのとき一緒にもらった標本も大切に保管しており…
micro2.jpg
…中身はちゃんとぜんぶ揃っておりますのよん。
micro3.jpg

他に、ワタシがもらったクリスマスのプレゼントとして記憶しているのは、、、
日本周遊や世界一周などのボードゲーム、昆虫のプラスティックモデル、ポケットカメラ、
レゴブロック、児童文学などの書籍がたびたび…と、今はそれくらいしか思い出せませんが。
(誕生日のプレゼントと混同しているものもあるかも…今となってはワカリマセヌ故…)

周りの子たちはカイジュウやミニカーやサイボーグ人形などもらって大喜びしていた時代。
そうゆうのが欲しいなぁと内心思ったりもしたものの、大人になってからアリガタミを実感。
遊びながら考えて行動し、何かを発見できるように、とのお導きだったのでありましょう。

サンタさん、ありがとう。
あまり賢いヒトはなれなかったけれど、、、
047.jpg
おかげでこんな大人になりました。

明日は…クリスマスでございます。



ひとつおしまい。

一つめの案件、完了。

MAスタジオにて(だれかジブンドリの上手なやり方おしえて!)。
PCL111220b.jpg

PCL111220c.jpg

PCL111220.jpg

ここ2週間ほど休日返上でお仕事に取り組んできたので、今日はお休みにしちゃおう。
さて、どんな風に休日を満喫しようかねぇ。
まずは朝寝坊からですな(笑)。


はたらくおじさん

むかしナツカシ、NHK教育テレビの番組『はたらくおじさん』。
幼少だった頃のワタシのご贔屓番組でありましたが、ご存知でしょうか?。

♪~タンちゃーん ぺロくーん ふたりでたんたんたーん~♪
 ♪~はたらくおじさん  はたらくおじさん こーんに・ち・は♪
hatarakuojisan.jpeg
おーい、はたらくおじさん。

はいはい、ここにも一人いますよ。はたらいてるおじさんが。

二つのお仕事のうち、一つめの案件である3D映像の制作もいよいよ佳境にさしかかり、
金曜がオフライン、土曜は自宅で編集、日曜が本編集、月曜も本編集、そして本日火曜はMA。
ここ数日、"編集漬け" なワタシ。おや、今週だけじゃない。先週も ”漬け” でありました。

ax_pcl.jpg

うわ。今年も残すところあと2週間足らず。やり残してることだらけじゃないの。


リヤドロ

最寄り駅付近の商店街にあるお店のショーウインドゥに、、、
リアドロR
可憐なリヤドロのお人形が飾られています。

もしも、の話ですが、
『汝の命も今宵限り、明日からは人形として暮らすのじゃ』
と神様からご沙汰が下ったとして、できればもう少し長生きしてみたいと思いつつ、
リヤドロのお人形の一人として暮らすのだったらそれもいいかも、なんて想像したり。

あ、でもスペイン語が上手に話せないと、このコとお友達にはなれないのかな?…


ところで、お仕事のほうですがね、
先日のオフライン編集試写でエージェントからお褒めのオーケーをいただき、
本編集完了後の試写の席でクライアントからたくさんのダメ出しをいただいた。
すごろくで言えば "アガリ" 寸前で ”フリダシに戻る” な状態(笑)。

いや、笑ってるバヤイぢゃない。


ステアリング交換…AX14TRS

ここのところ連日連夜のお仕事でどたばた。ん?じたばた?。
そんなわけで本日は、、、

4ヶ月ほど前の記事で触れました、ステアリングについての話題の続きであります。
xm_1.jpg

かつての相棒、シトロエンBX16TRSでやっていたのと同じことをAX14TRSにも行いました。
すなわち、ステアリングをXMのと交換しちゃった、であります。

↓写真右の革巻きホイール+スイッチ類が装備されるXM-X用では、、、
xm_4.jpg
安価な大衆車たるAXには相応しくないので、、、

しょぼいウレタンホイールにスイッチ無しの、、、
xm_3.jpg
↑素のXM用のほうを選択しました。

ついでにワタシの趣味で、、、
XMバッジ2
↑センターパッド上のバッジは黒から赤に変更。

ちなみにXM用とAX用、両者を比較しますと、、、
XMAXhandoru.jpg
XMのほう (左) が若干径が大きくスポークの角度も深い。
でも握りの部分はXMのほうがちょっと細いので、さほど違和感なく握れます。
というよりAXの純正モノは握りがいささか太すぎるので落ち着かないんですよ、
ワタシにとっては。

では早速入れ替え。
エアバッグやホーンボタンが付かないAXのステアリングホイールは、、、
ステアリング外し
ナット1つでカンタンに外せます。
そしてXMのと付け替えるわけですが、そのままだとウインカーレバーのオートキャンセラーが働かなくなるので、オートでキャンセルできるよう工夫して内部に細工をします。
そうしておかないと、もしもワタシ以外の誰かさんが運転するようなとき心配ですからね。

というわけで作業完了。

↓こんなだったのが、、、
axダッシュ

↓こんなふうになりました。
AX to XM 111207aR
握りやすいし、メーター読みやすいし、運転もしやすいですよぉ。
なにより、とっても楽しい(笑)。

寒い。

いやはや、寒い。朝も、昼も、夜も。

東京・渋谷の某スタジオにて1つめの案件の作業を行い、とりあえずOKをいただきまして、
終電間際の駅に向かうと、そこにはたくさんの人、ひと、ヒト。

師走の夜、渋谷駅周辺は例年大混雑なわけですが、そんな喧噪を見ないフリしながら、
ハチ公広場前のクリスマス・イルミネーションを激写。
irumi2011sibuya.jpg

やっぱりね、渋谷のクリ・イルといえど例年に比べておとなしめだったりするんですが、
省エネだったりとか省資源だったりとかの影響で。
でも実は、経費節減だったりのほうがホントの理由なのかな…

さて、来週は2つめの案件もおはじまり。
1つめのほうも本編集に突入しちゃうし、おっと歯医者サンにもユカネバナラヌ。
てんやわんやの大さわぎ。てんてこまいの忙しさ。ちょっとおっさんこれなんぼ。
あたまの中で ♪買物ブギー♪ がヘビロテちゅう(笑)。

底冷えする décembre。
皆さん、お風邪など召されぬようご自愛くださいませ。


Perfume NEW ALBUM『JPN』

11月30日発売、PerfumeさんたちのNEW ALBUM『JPN』初回限定版でございます。
JPN1.jpg

特製スリーブケースの中は、、、
JPN2.jpg
こうなってます。

もうすでに巷で大きな話題を振りまいているようですが、ここでちょびっと感想など。

1曲目「The Opening」の “日本らしさ”を感じさせる打楽器のリズムで厳かな気分に浸りつつ、
2曲目「レーザービーム」と3曲目「GRITTER」のAlbum-mixを聴いて驚かされました。
Re-mix曲っていろいろあるけど、作者自ら原曲をこんなに解体しちゃっていいの?とか、
ついこの間リリースしたばかりの新曲を、こんなに新しく作り込んじゃっていいの?とか、
テクノポップアイドル(ん?今もそうだよね?)なのにこんな冒険しちゃっていいの?など、
いろいろな考えが脳内をめぐりめぐるよ、はらはらどきどき、アタマくらくら。
うっかりすると放送事故に聞こえそうな、音飛びしまくりの攻めっぷり。
ヘッドフォンから飛び込んでくるジャックナイフのような音の連打にいささか動揺。
でもって2度3度と聴き込むうちに、そうそうこれなのよ、と頷いてしまうのでした。

2007年発表のあの楽曲、『ポリリズム』。
po.jpg
初めて耳にした時、CUTEなのに無機質な歌声と重低音のBEATのつるべ打ち、EDGEの効いたクールでカワイくてなんだか懐かしく不思議とあたたかい感じにとまどいつつ、例のポリループの部分(やはり放送事故と思われることを避けたのか、当初はテレビでもラジオでもループ無しバージョンの方ばかり放送してましたね)の抗いがたい音とリズムの洪水にぐいぐい引き込まれていったあの時の衝撃を思い出して、フツウじゃありえないって思える音をごりごりばきばきと聴かせてくれる、Perfumeの楽曲のそこんとこが気に入って次第にハマっていったのでした。
そうそう、この感じ。
そのことを思い出しつつ、あーん、そうだったのだよねん、と再認識した次第。

そして今回のアルバム『JPN』。
JPN3.jpg
シングルとして既発売の楽曲も多いからベスト盤のようになっても不思議ではないのに、上記2曲のRe-mixと4つの新曲が入ることで、ニューアルバムとして見事にJPNしている。また表記はないものの、「不自然なガール」がアルバム用に若干Re-mixされているのも新鮮な印象を与えてくれます。
最後の曲「スパイス」に和楽器の音がサンプリングされていることで、再び1曲目の「The Opening」へと繋がる、和風つながり、というわけで一連の流れに統一感を保たせているのだねぇ、とお聞き受け。

2007年のアタマとタマシイを揺さぶられたアレを今一度思い起こさせてくれたアルバム、『JPN』。
JPN4.jpg
ますます来年のアリーナツアーが楽しみになってきましたゾ。

それはそうと、初回限定版に付属するDVDも中身が充実していてゴイスーですわよ。
PVがたっくさん収録されてマス。

震災の影響でPVが未完のままだった「レーザービーム」、、、
making.jpg
ついに完成♪よかったね。シロクマくん(!)にはびっくり。

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR