『恐竜博2011』@科博

夏休みの混雑時期を避け、9月も中旬になってようやく行ってきましたよ。

国立科学博物館『恐竜博2011』。
kyouryuu5.jpg
がおー。

ワタシの恐竜に関する知識の大部分は、子供の頃に培われたようなもの。
きょうりゅうのなぞR
↑学習科学まんがシリーズ『恐竜のなぞ』昭和45年 立風書房刊
  (今も大切にしているかつての愛読書デス)

古生物に関する新しい発見や進化についての研究はものすごい勢いで進んでおり、子供の頃に学んだ如き古い知識は新しい発見によって次々と塗り替えられて、過去の常識が現在の恐竜論争においては全く通用しないことも稀ではありません。ワタシも己の恐竜に関する知識の大幅な遅れを取り戻すべく、今回の展示に挑んだのでありました~。

博物館の展示内容は現場で見学しなければなんにもなりません(あたりまえですね)。
ですので、ここではその一部のみ、さらりとご紹介いたしましょう。

今回の展示の目玉でもあるティラノサウルスとトリケラトプスの化石標本。
kyouryuu6.jpg kyouryuu7.jpg
最新の学説に基づく復元が施されておりまする。迫力満点!。

かつて科博の入り口付近に展示されていたアロサウルス(懐かしい!)も、、、
kyouryuu3.jpg
尾を上げた姿勢に復元し直した結果、幼少の頃に見た姿とはポーズが異なっています。

最近のトピックスである始祖鳥や羽毛恐竜についても多くの化石標本が展示されていまして…
kyouryuu4.jpg
もうね、恐竜に羽毛があった証拠は次々に発見されてますから、数の多さに目が回りそうです。

このほか羽毛を有したティラノサウルスの姿など、様々な"新しい学説"を目の当たりにすることができる『恐竜博2011』。この驚きを、ぜひとも多くの方々に味わっていただきたいものです。

それから…このことはぜひとも書かねばなりません。
今回の展示の一番最後に、東北地方で被災した博物館や資料館、その他の文化施設をレスキューしに出かけた皆さんの活動の記録が展示されています。
kyouryuu8.jpg
震災では、多くの研究資料が流され、標本が破壊され、職員の方々の尊い命が奪われました。
この展示を見て、、、
自ら出かけて救助にいくべきなのに、それができないワタシは力ない自分を恥じました。
kyouryuu9.jpg
博物館は…資料館は…先人たちが遺し、積み上げてきた発見や研究を、未来へつないでいくための施設です。私達はこれらの発見や研究の成果を、未来へ引き継ぐことをやめてはいけません。立ち止まることも、後戻りすることも許されないのです。
この展示を見た皆さんは…どのようにお感じになられるでしょうか…。

国立科学博物館『恐竜博2011』。
kyouryuu1.jpg
会期は10月2日までですから、あとわずか。

きっと。まだ間に合う。と思う。ので、宜しければぜひっ!行ってほしーの!。


スポンサーサイト

小田さんのチケットが届いた。

数日前ですが、チケットが届きました。

『KAZUMASA ODA TOUR 2011 どーも どーも ~その日が来るまで~』
Ticket2011.jpg
ワタシにとっては11年ぶりの小田さんライヴ。

↓書棚の引き出しの奥に今も残る過去の半券の数々。
チケシャoda
(チケぴやチケセに電話かけまくった頃が懐かし…)。

ここでちょっとワタクシ的小田さんライヴの思い出を振り返ってみようと思います。
当時のパンフレットで。もちろん、オフコース時代からスタートです。

1985年『The Best Year of My Life』~4人で最初、私にとっても初のオフコースライヴ。
bestyearof.jpg Ticket1985.jpg
この年、私は美大の3年生。すでに特撮のお仕事に関わっておりました、生意気にも (笑)。
(どこへいったやら、当時のパンフレットが見当たらず。なのでチケットの写真をば…)

1987年『as close as possible』~このライヴでハマりましたねぇ、社会人1年生の頃。
itsalllight1.jpg itsalllight3.jpg
(アルバム収録の楽曲「嘘と噂」には坂本龍一教授&大貫妙子さんが参加されてマス!!)

1988年『STILL a long way to go』~2回行きましてね、そのワケは、まぁ…おいといて…。
STILL1.jpg STILL2.jpg
群衆のイラストが描かれた幕、その幕越しにメンバーが透けて見えてくる演出が斬新でした。

1989年2月26日『The Night with Us』~東京ドームにおける、いわゆる解散コンサート。
nightwith01.jpg nightwith03.jpg
この1日だけのライヴを最後に、オフコースは惜しまれつつ活動を終了したのでありました。

1990年『Far East Club Band』(左上)、1992年『Sometime Somewhere』(右下)
ソロa1 ソロa2
ソロになって最初のライヴ (左上)、そして映画監督として初(?)のライヴ (右下)。
(映画初監督作品『Sometime Somewhere』は賛否両論あるも、私は感動したクチです)

1992年『MY HOME TOWN』~阪急西宮スタジアム&横浜スタジアムでのみ行われた、
myhometown1.jpg myhometown2.jpg
小田さん思い入れたっぷり(おそらく)のライヴ。ゲストも多彩でしたなぁ。

1998年『THRU THE WINDOW』(左上)、2000年『SAME MOON! 』(右下)
ソロb1 ソロb2
『THRU THE WINDOW』では、歌を聴いてたら初めて涙が溢れてきてしまいましてねぇ、
一緒に出かけたコが隣の席でキョトンと(笑)。そーゆーもんなんだよ、歳とってくると。

懐かしい。日清パワーステーションではネバったものの結局入場出来なかったっけ…なんて、
いろんなことが思い起こされます…と、ここまで振り返ってみて気がついた。
1995年の『FUN MORE TIME! 』TOURに出かけた形跡が…ない。
欠かさず行っていたハズ、とずーっと思っていたんですけれど…
なんで行かなかったのだろぅ…???

といったわけで、、、
ワタシにとっては2000年の『SAME MOON! 』以来のライヴとなりまする。
どーもどーも
久しぶりですからネ。とってもタノシミ♪。


ウナギ>フシギ

先週、東京大学総合研究博物館で開催中の「鰻 博覧会」展に行ってきました。

東大総合研究博物館は、東京大学 本郷キャンパス内にあります。
耳の樹00
↑懐徳門を入って右側正面が入口です。

↓展示フロアはこんな感じ。
鰻展1

昔から栄養価の高い食材として親しまれてきたウナギは、食文化に留まらず、我々日本人の営みに深く関わってきました。そんなウナギを自然科学のみならず、社会科学、人文科学の視点からも多角的に捉えて理解を深めよう、というのがこの展示の試みであります。

ところで、ご存知かもしれませんが、、、
実はウナギの生態については今もよくわかっていないことが多いのです。
どこだかわからない海の彼方で孵化し、何千キロも旅をして日本の河川へとやってくるらしい…ということまではこれまでにもわかっていたのですが…。

日本の研究船「白鳳丸」によりウナギの産卵場に関する調査研究が始まったのは1973年。以来、今日まで約40年間も続けられてきた研究の最新の成果をこの展示で間近に見ることができます。
そう、テレビのニュース等で大々的に報じられた、アレです。

↓アレ。すなわちコレ。
鰻展2
大発見、初公開の『天然ウナギの卵』。

え?なんだかよくわからない?もっとよく見たい?
でしたらば、ぜひ東京大学総合研究博物館へ足をお運びくださいまし。
「鰻 博覧会」展、2011年10月16日まで開催中(月曜休館)、入館無料。

これ見よがしの奇抜なデザイン、どこぞのエージェンシーが思いついたどうでもいいコピー、
饒舌すぎる過剰な演出、子供の遊び場と見まがうばかりの見せ物的展示空間…などナド…
そんなものはここにはありません。
あるのは、本物がもたらす『知』そのもの、なのであります。

しかし…素人目に見ても…ウナギってふしぎな魚ですねぇ…
見れば見るほど…これを魚と定義するのはどうなんだろう?なんて思えてきちゃいますが…
鰻展3
みなさんは…いかがですか…?



初期化進行中(4)…AX14TRS

新たにフランスから届いたシトロエンAX用パーツは、インテリアに関するもの。

↓1つめは右側トランクサイドトリム、色は当然ながら黒。
トランクサイドトリム右1
・SUPPORT DE PLAGE AR DROIT AX ALLURE / 7,50 EUR

リアトレイを左右で支えるプラスティック製のトリムなのですが、

↓実は納車時より一部欠損していました。 ↓ちなみに欠損していたのはこのヒンジ部分。
トランクサイドトリム破損状態 トランクサイドトリム右2

同じような症例を他に一件確認しておりますが、もしや隠れウィークポイントなのかな??
新車から18年経てば、日本の紫外線にやられて樹脂パーツの劣化は避けられないのですが…
でも今回購入したトリムに交換すれば、はい元通り。

↓続いて、グローブボックス ASSY。
グローブボックス1
・BOITE À GANTS AX ALLURE / 15,00 EUR

実は、ZXと同じく日本国内向けAX後期型の左ハンドル仕様車には、
axダッシュ
元々グローブボックスが装備されておりません。

当時の仏車としては不釣合なほど立派なエアコンユニットが押し込められているため、
エアコン中身2
グローブボックスのためのスペースがなくなり、該当箇所はフタで閉じられています。

でも車検証を車中保管するためには無いと不便なので、とりあえず購入。

但し、このままでは装着できません。
グローブボックス2
一部カットしたり取付けステーを自作するなどして、工夫しながらトライします。

今回の部品も、フランス本国からたいへん安価に購入することができました。
学校前にてAX
うれしー。


SHIBUYAは元気だねぇ。

久しぶりに古巣の東京・渋谷駅周辺をうろちょろしたところ、、、

↓新しくできたお店が気になる、気になる。
PANDA1.jpg

↓パンダレストラン、だそうですが、、、
PANDA2.jpg
…おしゃれ~な中華料理店とお見受けしました。

↓こちらは、北欧デザインハウスといって、、、
hokuou1.jpg
つまるところ北欧デザインの雑貨専門店ですな。

↓ちょっとねー、イロイロ楽しそうなモノが、、、
hokuou2.jpg
たくさんあ~るじゃないの。

↓元気だねぇ、SHIBUYAの街は。
hokuou3.jpg

初期化進行中(3)…AX14TRS

輸入中古車、初期化の定番。
今年で18歳のシトロエンAX14TRSについてです。

点火プラグ、プラグコード、エアフィルター…すべて国内で調達。
エアクリプラグほか
過去の交換歴が判然としないため、これらを思いきって交換しまする。

おっと、忘れちゃいけないイグニッションコイル、こちらはイギリスから到着。
イグニッションコイル_110805
・Ignition Coil / 28,99 GBP

というわけで、さっそく作業開始。

↓BOSCH製エアフィルター(Org No.5902→)
エアクリーナー交換mini

↓コイルはデスビlessのダイレクトイグニッションシステム採用車用。
IGコイル2コ

↓永井電子製ウルトラプラグコード+NGK製点火プラグ。
IGコイル交換mini

ヤブ蚊に刺されながらも…すべて完了。
プラグコード交換mini

で、交換後の様子はいかがであるかといえば、、、
AX110914a.jpg
低速域でのエンジンの吹け上がりがよりスムーズになった印象。

さて、お次は…。

新・渋谷のマンション、その後

さて、お久しぶり。
ワタシが昨年10月まで居住していた東京・渋谷のマンション、現状や如何に。

mitake110909_1.jpgmitake110909_2.jpg

着々と基礎工事が進行中なぅ。
mitake110909_3.jpg mitake110909_4.jpg

mitake110909_5.jpg mitake110909_6.jpg
モデルルームもそろそろ開設されるとのこと。

そしてワタシが『勝手にライバル』と呼ぶ渋谷ヒカリエはといえば…

↓こんなに大きくなっちゃって。
hikarie110909.jpg


ナンダ?…Yonda?

なんだかアヤシィ…ではなくてタノシィ郵便物が届いた。

Yonda1.jpg
↑中身はナンダ?と急ぎ開封すると…?

↓中身はパンダ。Yonda?のパンダであります。
Yonda2.jpg

2011年夏の『新潮文庫の100册』キャンペーンで文庫本を2冊購入するともれなくもらえる、
スウェーデンの陶芸作家リサ・ラーセンさんデザインによるパンダのキーホルダー。
ぜひとも欲しいっ!と、ワタシも応募しまして。

↓ちょっと猫背であんまりカワイクナイ(笑)。
Yonda3.jpg
そこんとこがそこはかとなく魅力なのです。

お。Perfumeさんの最新ニュースが舞い込んできました。
p-dome.jpg
◆2011/11/30(水)
  4th ALBUM『JPN』リリース決定、アルバム『⊿ (トライアングル) 』以来2年4ヶ月振り。
それに先立ち、
◆2011/11/02(水) 
  NEW SINGLE のリリース決定、キリン氷結CMソング『GLITTER』収録!。
また2012年1月からはツアーも始まるんだそうな。

ぃぇイ~!!。


初期化進行中 (2)…AX14TRS

シトロエンAX14TRS (1993年生まれ) の初期化計画、進行中です。
<AXカオ

先日も書きましたとおり、まずはエアコンまわりを新調。
ACコンプレッサーはそのままでイケることが判明したので、
↓リキッドタンクと、、、       ↓エキスパンションバルブを新品に交換。
2011082912570000.jpg 2011082913000002.jpg
(AXのエアコンはあまり冷えないとの説があるようですが、なんのナンノ、冷え冷えです)

続いてタイミングベルト。輸入中古車を入手したら何をさておいてもチェックすべきであることは、輸入車オーナー諸兄ならばご存知のとおり。
今回も、交換歴不明のタイミングベルト、ベルトテンショナー、ウォーターポンプを交換。
2011082913000000.jpg
同時にドライブベルト(エアコンやオルタネータを駆動するベルト)及びベルトプーリーも。

さらにウォーターテンプコントロールユニット(コレがどうも誤作動しているらしい)を交換。
2011082912580000.jpg
(=シトロエン純正部品は馬鹿高価いのでプジョー106用ユニットを一部加工して流用)

そしてクーラントテンパレーチャーセンサーも交換。
交換センサー

E/G OILは納車後すぐに近所のAuto-bでOILフィルターと共に交換したからヨシとして…
下回り
今回はM/T OILを交換。転ばぬ先の杖、であります。

・・・以上の作業を東京・大田区のアウトレーヴさんにて実施していただきました。
autoreve-cu.jpg
いろいろご教示いただきまして…いつもありがとうございます~。

これでひとまず安心。エアコンはばっちり効くし、水温計も終始安定しておりますぞ。
夜のAX
AX14TRS、快適ナリ。


初期化進行中(番外編)…AX14TRS

AX14TRSの初期化進行中、番外編であります。

過日、フランスからシトロエンAXの部品が届きました。
↓1986年のデビュー当初から91年までの初期モデル用フロントウインカーレンズ。
ウインカー左右
・FEU CLIGNOTANT AVANT GAUCHE 86-91 ORANGE NEUF / 17 EUR
・FEU CLIGNOTANT AVANT DROIT 86-91 ORANGE NEUF / 17 EUR

それから、ウチの部品庫で惰眠中の初期モデル用フロントグリル。これを、、、
↓ベールトリトン VERT TRITON(ERT)という濃緑メタリックに塗り替え。
Fグリル02
(元色はルージュフュリオ ROUGE FURIO(EJX)で塗られていた中古部品です)

これらは本来、ウチの1993年製AX(いわゆる後期型)には必要ない部品なんですけれど、
なんといいますか、機関の初期化だけでなく”おカオの初期型化”も企てておりますゆえ(笑)。

但し前期と後期ではグリルの爪部分の形状が異なるため、若干の加工が必要です。
グリルの違い

というわけで、さっそく”おカオの初期型化”、開始。
AX顔

ランプ交換1

ランプ交換2

ランプ交換3

ランプ交換4
ヘッドランプも手持ちのフランス製ユニットに交換して、、、

kaizouAX1.jpg
完了。

kaizoAX2.jpg
うーん、、、エンブレムの位置、どうしよう。


プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR