GSAで出向いた、というか出頭。

今日で5月もおしまいざんす。しえぇー、お早いざんすね。

さて、二週間ほど前の出来事です。
挿し絵のお仕事に追われつつ、合間に時間を見つけて最寄りの警察署へ出頭しまして…
いえ別に、何かしでかしたというわけではないので、念のため。
何のために出頭したかといえば、過日申請した自動車保管場所証明書をいただきに。

もちろんシトロエンGSAで、すすすいっと。
駐車場のGSA
いいなぁ、この角度から見たGSA。イケてはる。

でもって港北署の受付にて書類一式をGETし、踵を返して東京方面を目指す。

国道1号をひた走り、、、
アウトレーヴ外観2
東京・大田区にあるアウトレーヴさんに到着、諸々依頼をいたします。

この日。
店内には、チャーミングな社長さんご所有の、これまたチャーミングなGSが鎮座ましましておられて…5月の青い空のように瑞々しいブルーメタリックのシトロエンGS…。
 Tres bien!!!!
でもウッカリGSの写真撮影を失念。だってカメラの存在なんか忘れてついうっとり見入ってしまうほどにきれいなおクルマなんですもん。やっぱいいなぁ、フランスのクルマさん。

個性的な欧州車にご興味がおありの方、ぜひアウトレーヴさんへ足をお運びくださいませ。
すてきなクルマたちがお待ちかねですよ。

ところで。写真左のグレーのアルファロメオももちろん珍しいおクルマですが、、、
アウトレーヴ外観1
写真右の販売車輛、コレまた我が国ではたいへん珍しい存在です。名前はルノー フェゴ。

ちょうどこの日、フェゴご購入のお客さんのご納車日ということで、お店にてお話をさせていただく機会を得まして。
穏やかな笑顔がフェゴの上品な佇まいにばっちりお似合い。
新しいフェゴのオーナーさんは、そんなすてきな御仁でありました。

すこぶる個人的な意見で恐縮ですが、穏やかな笑顔で、いつもどこか遠くを見つめている、 "それが人生さ" などと呟きながら…なんて、やはりね、そんな御仁こそ、古いフランス車のオーナー氏として相応しいのじゃなかろうかと、ふとした拍子に考えるのでありますが…

GSA正面
待てよ?果たして己はいかがであろうか??。


スポンサーサイト

Perfume『レーザービーム/微かなカオリ』

 <日曜のこんな時間に仕事中、『微かなカオリ』をヘッドフォンで聞いていたら、
  なんでだろう、泣けてきた。歳のせいかな…。>


などと、先ほどtwitterにつぶやいちゃいましたけれども、ハイ、そのとおりで。

Perfumeさんの新譜『レーザービーム/微かなカオリ』。
レーザー2
当初は4月20日発売予定であったものが、諸般の事情で5月18日にリリース日が延期になったのでありましたが、、、
レーザー1

まぁあの、たいへんな状況に配慮してというのもあったでしょうし、また現実問題として、一時CDの原材料が不足したり、またインクや紙の不足など印刷業界も大変でありましたし…

でもそれだけじゃなくて。

実は3月11日の午後、Perfumeさんたちは横浜にある某スタジオで『レーザービーム』PVの撮影をしていたそうです。
レーザー4
でもあれで、当然ながら撮影が続行不可能となり、結局PVは未完となってしまって。
初回盤DVDに収録されているPVが[Short Ver.]となっているのは、そのためなんですって。
レーザー3
きっとね、びっくりしたでしょうし、その後も大きなショックを受けたことでしょうし、
被害の甚大さに心を痛めたことでしょう (彼女たちのBlogにもそう綴られてましたし) 。


そんなわけで。
”恋してるヒトのささやかな心の中にあるひみつの幸せ” を明るい希望とともに歌い上げる
『微かなカオリ』を深夜の仕事中に聴いたりしたら、ジーンときちゃうわけですわ。
シュンワりと、だけどストレイトに。最近ゆるいからなぁ、ワタシの涙腺(笑)。


どうぞ、みんなを明るい気持ちにしてあげてね。元気にしてあげてね。
とても越えられないと思うような高くて険しい障壁も、笑顔で乗り越えられるように。。。
レーザー5

ありがとう。

家具の学校作品展にてSさんの作品を拝見。

去る5月15日(日)午後のこと。
挿し絵のお仕事に取り組みつつ、時間を作って神奈川県民センターへと足を運びました。

この日、県民センターでは『ダニエル家具の学校 有志交流作品展2011』が開催中で、
私が日頃たいへんお世話になっているSさんが制作された椅子が展示されているとのこと。
これはぜひとも拝見しに行かなければ!というわけでして。

会場の一角に並んだ手作りの椅子。
110515e.jpg

いずれ劣らぬ力作が並ぶ中、Sさんの作品は、、、
110515a.jpg

これだ。木の艶と暖かみ、生地の模様と色彩、、、
110515cR.jpg
それらのバランスがまことに素晴しく、、、

まるで遥か昔からずっとここにあったかのような、、、
110515d.jpg
クラシックな風格を醸し出す落ち着いた佇まい、、、

Sさんの作品、もちろん最近完成したばかりの新しい椅子なわけですが、目先の流行を追ったのでは作り得ない、伝統的な家具作りの本質といったようなものを感じさせてくれました。
遠くヨーロッパの椅子の文化に思いを馳せつつ、手作り家具の魅力をじっくり堪能させていただいた、そんな穏やかな日曜日の午後のひととき。

Sさん、ありがとうございました。
これからも作品作り、大いに期待しております!。

鋭意お仕事ちぅ(その4)

ここしばらくの間かかりきりだった児童書の挿絵のお仕事に関して。
ペン入れがひととおり終了。ぱちぱちぱち。

↓いちばん最後に描いたのはパンダの絵。
描画5


やはりですね、、、
今回の児童書の作者、山本省三さんとはじめてお仕事をご一緒させていただいたのが、
パンダカバー
くもん出版刊の絵本「パンダの手にはかくされたひみつがあった!」でありましたし、
そしてその時(もちろん今回もですが)本の監修をしていただいた東京大学総合研究博物館 教授の遠藤秀紀さんも、パンダのご研究でとても有名な方ですし。

はじまりのパンダ。ご縁はパンダ。なにかとパンダ。すべてがパンダ。

というわけで、最後にペンを入れるのはパンダの絵!と最初から決めていました。
こうして、ようやく53枚ものイラストのペン入れが完了したわけですが、まぁだだよ。
PC上での仕上げ作業が残っております。

さぁさぁ、お仕事に戻らなきゃ。
というわけで、失敬っ!。

ポケットも笑うんだそうで。

つい数日前のこと。打合せのため、長らく引きこもっていた仕事部屋からお外に出まして。

うれしい外出。久しぶりに散歩に連れて行ってもらった犬みたい?かどうかはともかく。
都会の大通りを闊歩するのは気持ちがいいですなぁ。
目にし耳にし肌で感じる何もかもが心地よい。今の季節ならでは、です。


地下鉄にて赤坂方面に向かい、関係各位との打ち合わせ無事終了。
ついでに渋谷タワーレコードに立ち寄った件は前回の記事でふれましたが、、、

タワレコ1階2 タワレコ2階
↑1階売り場にて。          ↑2階売り場にて。

このあとNHK近辺にあるかつての勤め先だった某映像プロダクションを電撃訪問したあと、
宇田川町界隈をブラついていたところ、最新の"ナウでヤングな渋カジ" (全て死語) を発見。

↓「大好評バカ売れ中」「雑誌掲載決定!」
ニコちゃんシリーズ1
ニコちゃんシリーズ、だそうです。

↓あはは、ポケットが笑ってる。おもしろい。
ニコちゃんシリーズ2
中身がべろのようにべろんと飛び出ます。
コレに何の意味があるのか?なんて聞かないで。

バカ売れ中らしいニコちゃんシリーズ、47のオッサンにも似合うだろうか??(笑)。

鋭意お仕事ちぅ(その3)

今日も今日とて挿し絵のお仕事、進行中でございます。

たとえば…ゾウさん。
描画中3
30年くらい使っているライトボックスで、下書きのラインを透かしつつケント紙に描く。

先日描いたシーラカンスの絵は…
描画中

スキャンして取り込み、別に描いた素材とPC上で重ねたり組み合わせたり…。
描画中4

動物を描いた絵や様々な素材をスキャンし、仕上げはこのようにPC上で行っています。
我が右手とペンを駆使して描けるものは大いにアナログちっくに描く。
そしてイメージ通りの仕上げをするためPCを使ってデジタルちっくに絵を完成させる。
そんな感じで、今回の児童書の挿し絵を鋭意制作しております。
刊行は今夏の予定だそうで。


さて。午後から別案件の打合せに出かけ、ついでにあるブツを目当てに渋谷へ向かう。

すたこら歩いて、やってきたのは渋谷タワーレコード。
タワレコ入口110520
タワレコ入り口には、現在このようなディスプレィを施し中。

予約していたCD(DVD付)を受け取り、ついでに特典のポスターもらっちゃった♪。

鋭意お仕事ちぅ(その2)

引き続き絵を描いております、猛然と。
もうね、お絵描きマシーンと化していますよ、ワタクシ(笑)。

描画中2
哺乳類はついつい細部まで描き込んでしまい、時間がかかってかかってしょうがない。

ところで。
5月18日はPerfumeの新曲『レーザービーム/微かなカオリ」の発売日だったんですが、
まだ店頭予約した初回限定盤を引き取りにゆけてない。
渋谷に住んでいた頃は、前日にフラフラっとフラゲしに行けたんですけどもね。
まぁ、そのうちに…。

鋭意お仕事ちぅ(その1)

児童書の挿し絵の描画に取り組み中、なう。
枚数が多いので、いつも以上にがんばっています。

描画中
ちょうど描いているのはシーラカンス・ラティメリア。
つまり魚の絵だ。

ぎょぎょっ。うおー。

TACといえばウルトラマンA。

仮住まいPART2の地に転居して1週間ほど経ちますが、ず~っとお仕事中(笑)。
就寝時間以外は仕事部屋で絵を描き続け、外出は食事時にちょこっと出かける程度。
そうそう、昨夜は急遽、渋谷まで画材を買いに行きましたっけ。
なんだかんだで2月の後半からこのかた、ちゃんとした休日がほとんどとれていません。

お仕事をいただけるということは誠にありがたく、しかしながら引越し荷物は片付かず。
あと1ヶ月はこんな状態が続きそうです。
ま、そうは言ってもオーライなんですけれどもネ、楽しいお仕事ばかりなので。。。


ところで。近所にて、こんな案内板を発見セリ。
TAC従業員1
『TAC従業員専用駐車場』

子供たちがだいすきなTVの怪獣番組には、怪事件を解決する架空の組織が登場します。
ウルトラマンでは科学特捜隊(略称”科特隊”)。
ウルトラセブンではウルトラ警備隊。
ミラーマンではScience Guard Members(略称"SGM")。
スペクトルマンでは…怪獣Gメン(!?)。

まぁいろいろありましたが、マグマ大使に登場した国際緊急出動とか、ジャイアントロボのユニコーン日本支部、ジャンボーグAのパット(PAT)などは、イマイチ冴えない名称ダナと子供心に思ったものでした。 (怪獣王子に登場したレンジャー遊撃隊というのもナンダカ…)

さて、TACといえば…1972年に放送されたウルトラマンAの劇中に登場した超獣攻撃隊(Terrible-monster Attacking Crew)の略称ですね。

そうか、TACってばこんなところに駐車場を構えていたのか。
例の政府の事業仕分けのせいで(?)ここへ自動車もしくは自転車で通っているとか…。
TAC従業員2
すると、あの裏山にタックファルコンのカタパルトなんかが隠されているのかも?。
出撃時はさぞかし凄い騒音でしょうに、横浜市長に訴えられたりして(笑)。

なんて…おふざけがすぎましたね。
どうやら肩だけでなく脳もコリコリみたいです、嗚呼…。


仮住まいPART2の地では、、、
TAC従業員3
今日もウグイスがあちらこちらで鳴いております。

の・ど・か♪。

Adieu,la BX!

本年3月、車検が切れるタイミングでお別れすることとした愛車シトロエンBX16TRS。
BXとプル5

1989年にこの世に誕生して22回目の春。
ぶっこわれて朽ち果てるまで乗り続けるなんて、かわいそうでとてもできません。
それほどにBXは素晴しいクルマでしたし、だからこそ愛着もまた格別に深い。
したがい、次のオーナーとなるであろう方に真っ当な評価をしていただけるうちに、
つまり旬なうちに、私の方から別れを告げるべき、と思った次第。

思えばBXと過ごした十数年、いろんな出来事、様々な思い出でいっぱいです。

↓何年前だろう??プルリエルのアルミを履かせて乗ってみたことも…
BXとプル1 BXとプル2
(そりゃもうドタバタして乗りづらいですよ、15インチホイールだなんてね)

↓当然プルリエルのほうは14インチの鉄チンスタイルに(笑)。
BXとプル3 BXとプル6
                   ↑OZの14インチを履かされたりも…。

ま、私のBXへの思いの丈をすべてここに記し切れるものでもありませんが…
そのうち。BXについてはいずれ総括したいと思っておりますが、それはまたそれとして。


これが別れの日の朝、BX最後の姿です。
BX003.jpg
東京・大田区にある行きつけのスタンドでハイオク満タンにし、、、

買い取りをしてくれる、遠方にあるショップを目指して、、、
BX001.jpg
3月某日、最後のドライブへと旅立ったのでした。

Adieu,la BX!

GSAも活躍。

仮住まいPART1からPART2へ。
今回の引っ越しにおいても、シトロエンがちょっぴり活躍しました。

シトロエン独自の油圧システム”Hydropneumatique”の恩恵により、、、
引越しGSA1

荷物を積み込んでもシトロエンGSAの車高は変わらず一定の高さを保ち続け、、、
引越しGSA2

ソフトな乗り心地&安定感ある走りも一向に妨げられる事なく、、、
引越しGSA3

4速トランスミッションをマニュアル操作すればいかなる時もスルスルと加速してゆき、、、
引越しGSA4
ホント、よくはたらいてくれる頼もしいクルマなんです、シトロエンって。


おや?半年前にも似たような記事を書いてましたね…。
あの時の引越しは、渋谷のマンションから仮住まいPART1の地へ、でありました。
そして、その時に大活躍したのは真紅のBXだったわけですが、、、
今はもう、BXは手元にはありません。

長年に渡り東奔西走、日常の足として、
仕事に遊びに、我が人生をばっちりアシストしてくれた愛車、シトロエンBX16TRS。

BX002.jpg
車検が切れる本年3月の終わりに、一念発起してお別れすることと相成りまして…

屋上庭園にて。

ゴールデンウィーク期間中に慌ただしく転居してきた仮住まいPART2の地。

これからしばらくの間、住民としてお世話になるため、区役所の屋上庭園にて、、、
区役所屋上庭園1区役所屋上庭園2
、、、ぼんやりと待つ。何を?。

転入届と印鑑登録申請書を提出する順番を、です。

んもう、窓口がびっくりするほど混んじゃって。
なにせ連休期間中、唯一の平日である5月2日に出かけたものですから。
番号札のナンバーを見ると、私の前には90人以上もの人たちが待っていることが判明。
そこで缶飲料を購入して屋上庭園に移動し、ひたすら待ち続けること4時間近く。
ようやく受理されたのは夜7時を回った頃でした。

↓ビオトープにいたメダカたちもきっと呆れてる(笑)。
区役所屋上庭園3

よくまぁ、みんなガマンして待ち続けたものだなぁ。
でも、ですね。
『不如意』という言葉がありますけれど、あんなにもこんなにも目まぐるしく劇的に変化していく今日このごろ、己の思い通りにならない状況で、たまにはじっくり何かを淡々と待ち続ける(待たされ続ける)のもいいものかも。
なんて。

↓屋上庭園の花たち。風にゆられて、くすくす笑っているようで。
区役所屋上庭園4
なんだか、おヒゲを生やした顔みたいに見えませんか?。
ジャンボマックスみたいな…あぁ~ほのぼの。

なんてのんきなこと書いてる場合じゃない。
この日の夜に風邪でダウンして寝込んじゃったんですから。
それで引越し計画は、んもうトンデモハップン歩いて10分、ナンノコッチャ。

うわ、部屋が片付かないよ。お仕事が始められないよ。お腹もすいてきたよ。

どたばた黄金週間でジタバタ

連休中は仮住まいPART1から、新しい仮住まいPART2への引越しでどたばたでした。
おまけに風邪でダウンしてしまい、さらにドタバタ増殖のてんこ盛り。
PART1のほうで熱を出して数日寝込んでしまったため、一足先にPART2に移設完了済みのPCを操作することができず、世の中と繋がっていない生活をしばし送るハメに。
もどかしくてジタバタ。にっちもさっちもどうにもブルドッグ。

でもこれがくたびれモードな私には丁度よかったのかもしれません。
PC画面を見ないため目はぜんぜん疲れないし、ネットに繋がっていないから世界の出来事に一喜一憂することもなく、世の中と隔離された自分の時間を存分に満喫できる、みたいな。

もちろんゼェゼェ言いながらただ寝てるだけ、なのではありましたが。

そうして眠り続けているうちに風邪もなんとなく治ったし、新しいお仕事のオファーもいただいているので、これからばっちり励めるように、急いで荷物を片付けなくちゃ。
もうね、部屋はたいへんな有様ですから、今はまだ。


ところで。
仮住まいPART2の区域には、こんなキャラクターがいるらしい。
ミズキー1 ミズキー2

町おこしや企業の広告だけじゃない。今や大学にまで"ゆるキャラ"たちが進出している時代ですよ、ちょっと不思議な気もしてますけれども。

おそらくこのキャラも複数案の中からコンペ形式で選ばれたのではないかな~と考えつつ、
落選しちゃった他の候補のほうをですね、見てみたい気もしております、はい。

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR