GSAワイパー案件、つづき。

前回(さっきまで晴れていた空がにわかにかき曇り、大粒の雨がざあざあ)…
GSAワイパー7
…の続きです。

ワイパーが動かない(動かせない)視界不良のGSAをおそるおそる運転すること10分ほど。
目的地である西新宿の某映像プロダクションに到着した頃には雨も上がり、、、

GSAワイパー5
再び晴れあがった青空の下、GSAをコインパに停めながらホッとひと息。

上がってみればただの通り雨、というか、ちょっと手荒い天気雨、といった感じでしたが、
しかしワイパーが動かせなくては、今後も雨が降るたび危険な運転を強いられるのは必定。
どうにかせねば。

ところがどっこい大作、すでに手は打ってあるのです。
実は4月初旬、東京・大田区にあるアウトレーヴさんにご相談にうかがい、すでに必要な部品は発注済みなのでありました。

オシャレな欧州車を扱っておられるアウトレーヴさん、実はウチのご近所です。
(ここでお店の写真を掲載するハズが、うっかり撮り忘れちゃいました!すみませんっ!)

当初アームごと交換かと思われたものの、先端部品だけでも購入できることをお教えいただき、すでに部品の注文をお願いしてあったというわけなのです。
その後「入荷しました」とのお知らせをいただいていたので、今日しかない!と思い立ち、西新宿から一路アウトレーヴさんを目指しました。

↓破損したアーム先端部分。
GSAワイパー1
おそらく新車当時からそのままかと。

↓これが今回交換してもらった新しい部品。
GSAワイパー2
形状は異なるものの、ブレードはちゃんと装着できます。

というわけでアウトレーヴさん、どうもありがとうございます!。

これにて雨の日も安心して乗れるようになったわけですが…
GSAのワイパー8

やはりね、こうゆう古いクルマの場合、なんといいますか、異論はあるにしても、、、

できるならば、ですよ、、、

雨天での使用は避けたいな。

GSAのかお
ですよね、Sさん…。
スポンサーサイト

GSAのワイパーがぶちっと。

↓1983年生まれのシトロエンGSAパラス。
GSAワイパー3

製造から30年近く経った今でもグッドコンディションを保ち続けておりますが、、、
雨の日に乗ったりすると、ちょっと…
いえいえ、雨漏りするとかそういうことではなくて。

↓先端のU字のところにヒビが…
GSAワイパー1

ワイパーアーム先端の樹脂部分が左右とも破損してしまっていて、ワイパーを動かすたび、
緩くなったワイパーブレードが『ぶちっ』と音をたててどこかへすっ飛んでしまうのです。
このままではワイパーを動かすことができません。
というわけで、雨の日に乗ったりするのは、ちょっとタイヘンなのであります。


さて。いろいろと手続きをするため、GSAにて渋谷区役所へ出かけた日のこと。
用事を終えて、次の目的地である西新宿の某映像プロダクションへ向かおうとした矢先、
ついさっきまで晴れていた空がにわかに薄暗くかき曇り、、、

GSAワイパー6
突風と共に、スコールにも似た土砂降りの雨がフロントガラスを容赦なく打ち始めました。

すぐに降り止むであろう、という甘い考えも虚しく、雨脚は強くなるばかり。
GSAワイパー7
大粒の雫が次々に打ちつけては、徐々に前方の視界をさえぎってゆきます。

「早く!ワイパーを!」という心の声が、警告音と共に脳内に響きわたりますが…
むりだ。むりだよ。だってワイパーは動かせないのだ。
きゃほー。これを大ピンチと言わずして何としよう。


つづく。

仮ナンバー、ファイブオーオーオー。

とある駅のホームから見えた景色に目が釘付け。
双子の樹1

寄り添うようにしてきれいに並んだ二本の木…
双子の樹2
まぁ仲良し…ていうか、双子?(笑)。

なんてニタニタしながら写真撮影に勤しんでいたところへすべりこんできた急行電車。
ひらりと飛び乗り、渋谷へとすたこら向かう。

渋谷区役所に駆け込み、仮ナンバーをGETして…
仮ナンバー

こんなクルマを引っぱってきた。
仮ナントゥインゴ1

仮ナントゥインゴ2
ルノー トゥインゴ。

トランスミッションは、クラッチレスのイージーシステム。
仮ナントゥインゴ4
基本はマニュアルミッションであるもののクラッチ操作は油圧により自動で行うという、
いわゆるセミオートマ・ミッションであります(AT限定免許でも乗れるわよん)。

脆弱だといわれるルノーのイージーシステムですが、この車輛においては快調そのもの。
しっかりメンテ(というか部品交換)してあり、50kmほど試走しても不具合は全くナシ。
なんせ累積走行距離はたったの15,000kmですから。

でもイージーポンプなど油圧系部品の交換時期がいずれやってくるのは判っていますし、
その際には高額な出費を強いられるのは必定。
それになんていうか、運転中なんだか落ち着かなくて。いやいや、左足が、です。
だって見た目マニュアル車なのにクラッチペダルがない。
発進や停止の際、ついクラッチペダルがあるべき場所を左足で踏みつけてしまうのですよ。
仮ナントゥインゴ3
というわけで、どうしよう。イージーのマニュアル化。
(とか書きつつ、マニュアル化に必要な部品はすでに入手済みなわけですが…)


と、ここまで平常心でシタタメはしたものの、やはりですね、心にずしんときています。
春一番から日を重ね、ようやく暖かくて過ごしやすい季節の到来、と思った矢先にですよ、
なみだの季節にはまだ早いのに、こんなにも急いで微笑がえしだなんて。
もう、ハートのエースは出てこない。。。
これまで、20年間も病魔と闘い続けてこられたんですね。
その苦しみ、辛さはいかばかりか。
病気で母を亡くした私ではありますが、とてもお察ししきれるものではございません。
ご冥福をお祈り申し上げます。合掌。

科博でのお気に入り…続き

ローラースルーゴーゴーみたいなのに乗った小さな3人の子供たち。
派出所の前を通りかかった際、先頭の男の子がおまわりさんに手を振った。
すると、いかにもな雰囲気を醸したおまわりさんも、笑顔で手を振り返してくれる。
気を良くした男の子は、後続の女の子2人に「交番に向かって手を振って!」と促す。
女の子たちも手を振ってみると、おまわりさんも再び満面の笑みで手を振り返す。
”笑顔”と”手を振る行為”はコミュニケーションの基本なのかもね、会ったことも話したこともない相手と対峙した際には。
そんな考えを抱きつつ…
"今日"という日は、やはり疑いようもなく"今日"という一日なのでありました。
多摩川の土手っぷちにおける、なにげない日常のひとこまに、マル。


さて。
挿し絵のお仕事のために見学にでかけた科博での、私のお気に入りの続きであります。

日本館3階"日本列島の素顔"の展示フロア。
科博の魚フロア1
ここに、海に生息する生物の標本がずらずらっと並んでおります。

陸上に暮らす生物と違って、重力の制限を受けにくいかわりに、途方もない水圧に耐えなければならなかったり、太陽光の届かない真っ暗な深海で暮らさなければならなかったり…
海の生物たちは、そんな環境に適応するため、実にユニークな姿をしています。
見ていて飽きない。いつまでもずーーっとここにいたくなります(笑)。

中でも私のイチオシの珍しい生物をご紹介しましょう。

↓何だか判りますか?
魚のフロア2
なにやら、宇宙から来た怪獣みたいですが(笑)。

↓裏側から見ると…?
魚のフロア3
お判りですね?。はい。タコの一種です。
深海に生息しているメンダコ。詳しい生態は今でもよく判っていないのだそうですよ。
吸盤も一列しかないし、墨も吐けない(暗い深海生活なので墨を吐く必要がない)など、
タコの一種とはいっても随分と変わってますなぁ。エラの形状もなんだか耳みたいだし…。

といったところで、この続きは…
科博くじら2
東京・上野の国立科学博物館にて、ぜひ直接、ご自身の目でご覧下さいませ~。

科博のビカリア。

ここ一週間ほど全力投球してきた急ぎのアニメ案件がやっと終わった。
年に数回、映像制作をさせていただいている某所(?)からのお仕事なんですけれど、
うーむ…この件について、これ以上は書けませぬ。
前回もでしたが、内容についてBlogには書かないでネ、との上からのお達しにより…
理由はもちろん理解しておりますし、私としても同様とさせていただくことに。
したがい、ここでは『某科学教育施設でのお仕事』とだけ書き留めておきまする。


さて。
先日の科博の続きであります。

児童書の挿し絵を描くため、、、
科博くじら1
描画の参考にと見学に出かけた東京・上野の国立科学博物館。

ここへ赴くたび、必ず立ち寄るお気に入りの展示コーナーがいくつかあります。
その一つ、日本館3階展示室にある『日本海の誕生とビカリアの海』のコーナー。
BIKARIA1.jpg
ビカリア(Vicarya)は吸腔目キバウミニナ科ビカリア属 Vicaryaに分類される巻貝の総称。新生代第三紀に繁栄したが現在は絶滅…(Wikipedia より)。

実物は小さな貝くらいの大きさですが、それを拡大した模型を展示していまして…

よおく見るとですね、ごく稀に、1分間に1~2回くらいの割で、この中の一つが動きます。
ゆっくりと貝を持ち上げたり、這いずっているみたいにもそもそ動いたり。
でもビカリアはたくさんいるよ。動くのはいったいどれだろう?。

お教えしましょう。たまに動くのは…
コイツだ!。
BIKARIA2.jpg

初めて目にした時は、あれれ錯覚かな?と私自身も訝しく思ったりしましたが、
やはり気がつかない来館者もおられるようで(というか大多数は気づいてないのでは?)、
そんな時には、私はビカリアが動くという秘密をそっと教えてあげることにしています。
この日も、子供たち4~5人のグループがやはり気づかない様子でしたので、
そのうちの1人の女の子に教えてあげました。
「知ってる?あの貝、よおく見てると動くんだよ」
その子がむむっ?と目を凝らした時。もそもそっと貝が動きました。
「あ!動いた!」
運良く貝が動く瞬間を目撃した女の子は、さっそくお友達にも教えてあげます。
「ねえ!あの貝、動いたよ!」
でもねぇ。
たいていの子供は落ち着きがなくて、いつ動くか判らないモノが動くのを漠然と待ち続けるなんてできないものです。
結局、4~5人のうち、ビカリアが動くところを見られた子は1人だけ。

「ねえってば、さっき動いたのよ、ホントなのよ」
「動くわけないじゃない、だまされないわよ」

おやおや。これでは『オオカミ少年』ならぬ『オオカミ少女』ですなぁ。
でもね、きみたち。
何事にも変だゾ?と疑問を抱いたり、おなかが空くのも忘れてひたすらジッと観察し続けることができるような、そんな好奇心旺盛、集中力抜群なオトナに育ってほしいナ、なんて、長髪ヒゲヅラのおじさんはいつも願っているのですよ。

さてさて。
お気に入りの展示コーナーはほかにもありますが、それについてはまたいずれ。。。

47歳の春だから。

いやはや、大急ぎのアニメのお仕事できりきりまいの毎日を送っております。
2カット完成、あと1カット。今日中に終わるか否か。ヒーハー。

↓そんな私の最近の状況を絵にするとこんな感じか。
かお6歳
(6歳の頃…幼稚園で描いた絵デシタ…オハズカシイ…)


さて、1週間ほど前のこと。
私事ですが、今年も無事に誕生日を迎えまして、47歳になりました。

実は、お釈迦さまがお生まれになった日と同じなんです。
まぁなんたること。恐れ多くて。申し訳ございません。


そんな私が幼稚園の年少組に通っていた頃のエピソードです。
園内で遊んでいた時、乱暴な年長組の子から頬を叩かれたそうです、ぽかり!と。
すると私ったら「こっちの頬も叩けばいい」というようなことを言いながら、
もう片方の頬を相手に差し出したとか。
幼少時のエピソードとして、今は亡き母からさんざん聞かされた話でして…

ばっかじゃない?
いえいえ、なにしろ通っていたのがカトリックの幼稚園でしたから…
ん?お釈迦さまとカトリック?なんだかわけがわかりませぬが…


それはともかくとして、人生早47年。
山あり谷あり、時には落とし穴に落っこちてドイヒーな目に合ったりもしましたが、
それでも、ここまでのところ我が人生おしなべて幸福で満ち足りたものでありました。
ですが、まだまだ道半ば。
もっと前へ。
これからも元気にまいる所存です。

青山墓地の桜

国立科学博物館♪

数日前の火曜日の午後、東京・上野の国立科学博物館へ。
科博1
挿し絵のお仕事の参考資料とするため、いろいろな標本を見学してきました。

まずは地球館1階にて巨大な骨格標本に向き合い、、、
科博6

さらさらとスケッチをば、、、
科博のメモR
キリンの前肢、ゾウの前肢、それにコウモリの翼手。

続いて3階フロアへと足を運び、サルの仲間たちを見学。
科博2

この3階フロア、ものすごい数の剥製たちが来館者を迎えてくれる、、、
科博3
余計な文字も饒舌なグラフィックも排除された、だいすきな展示空間。

そもそも…
私がはじめて科博を訪れたのは6歳の時、昭和45年の冬のこと。
もちろん、父と母に連れられて。
以来、科博は私にとって特別な場所となったのです。
ココにくればたくさんの標本を見学できるし、無限の "知" の存在に気づかされます。
あの日の父と母にも会えるかな、なんて。
(あ、ついでに私が作らせていただいた映像も上映されてますし…)

いまでもココを訪れるたび、期待に胸膨らんで、、、
科博5
この日も、つい閉館時間まで長居をしてしまいました。

皆さんもぜひお出かけください。
お子さんがいらっしゃれば、ご一緒に。

二頭のパンダも上野にやってきたことですし、、、
上野Zoo
上野動物園とセットで見学してみてはいかがでしょう。

科博4
ウェルカム・パンダ記念 "科博標本動物園"、5月30日まで開催中です。
楽しいですよ。

新学期。

報道を目にし耳にするたび、一喜一憂じゃなくて一喜万憂する毎日。
万の憂については、その多くが後手に回る○○や○○の対応のまずさに起因するもの。
(中略)
しかしながら一つの喜び、そこにこそ明るい未来のタネがかくされているのではと。
例えば今回のことで転校を余儀なくされた子供たち。
いよいよ希望に満ちた新学期のはじまりです。
周りの子たちは、被災した子たちを笑顔で受け入れてあげなきゃね。
がんばれ!子供たちっ!!。
そして我々オトナは子供たちをしっかりと支えて、輝ける未来へと導いていかなくては。
些細な喜びでも、小さな幸せでも、ひとつひとつ積み重ねていけば、いつかは…
そう思い、願ってやみません。


さて。
2月末に発覚した夢の田舎暮らし計画(笑)の頓挫を受けて、私もアレコレ活動開始です。

先週の金曜日。
シトロエンGSAを駆って渋谷区役所(とか)へ。
区役所とGSA

アレやコレやに使用するためのナンやカンやの書類の交付のために。
あんなんなって、こんなんなって、、、脳裏に膨らむは我が未来予想図。
七転び八起き。
或いは、肉を斬らせて骨を断つ。
逆境こそ好転に向けた絶好の機会なり、ですよ。

とはいえしばらくの間は挿し絵のお仕事に全力投球。
それから、急ぎのアニメのお仕事についてお声がけをいただいておりまして…
ありがたや。

4月5日、福耳。

火曜日の朝。
東京大学総合研究博物館教授の遠藤さんの研究室において、
チーム ”親指四天王” による打合せがありました。


帰りがけ、本郷キャンパスの懐徳門付近にて、、、
耳の樹00
、、、おもしろい樹を発見。


どれどれ?。
耳の樹01
↑写真中央の樹の幹に、、、見えますか?

↓これです、これ。
耳の樹02

↓さらにアップ。
耳の樹03
何に見えます?

ご名答。

『耳』です。

名づけて”福耳の樹”。

こんな福耳でもって師匠の皆様方のありがたい教えをしっかりとキャッチして、
思いきり学業に励んでもらいたい。
ね、未来ある学生さんたち。

そんなこんなで(?)新しい児童書の挿し絵のお仕事も順調に進行しておりまする。


シトロエンGSA

こんなたいへんな時ではありますが、、、
車検が切れたBXに代わって活躍中のGSAについて、少し触れておきます。

1970年にデビューしたシトロエンGS、そのトランク機能をハッチバックに進化させ、金属製バンパーを当時の新素材であった樹脂製バンパーに変更、運転席周りの操作系を一新して79年に再デビューを果たしたのがGSA。
1986年まで製造されたGSAは、つまるところGSの大規模なマイナーチェンジ版。

GSA4.jpg
↑シトロエンGSAパラス、1983年モデル。

空力性能に優れたエアロフォルムを纏った流麗なファストバックスタイルの5ドアボディ。
横幅についてはそこそこであるものの、前後方向に広く、現代の目で見ても充分なスペースを提供してくれます。
GSA5.jpg
エンジンは1299cc空冷水平対向4気筒、トランスミッションはもちろんマニュアル。

なにより個性的なのが、運転席の操作系。
GSA1.jpg
クルマのコックピットとは俄には信じ難い。
パッと見の印象は、やはり…宇宙船…でしょうか。

よくある操作レバー(ヘッドライトやウインカー、ワイパー等の)はどこにも見当たらず。
GSA2.jpg
スイッチ類は、特殊なドラム形状のサテライトスイッチに集約されております。
上部にワイパースイッチ、下部にライトスイッチ、横にウインカースイッチを配置。

いわゆるスピードメーターも、数字が刻まれたドラムがくるくると回転するボビン式。
GSA3.jpg

しばらくぶりに乗車すると「はて?どうやって操作するんだっけ?」となりますが、すぐに慣れます。パワステ装備がないので重ステであったり、エアコンがないので空調面で不便はあるものの、サンルーフ(手動)を開ければ空気の入れ替えができますし、直進性の良さや、 Hydropneumatique による快適な乗り心地、強力な油圧で制御するよく効くブレーキなどの恩恵により、今でも一流の高度なドライビングプレジャーを私たちに与えてくれます。
ベースとなっているGSのデビューから40年以上も経過しているというのに、ですよ。

地面の数cm上を滑空するような運転感覚は唯一無二の、この時代のシトロエンならでは。

すばらしいぞ。シトロエンGSA。
GSA6.jpg
(こんな感じでしょうか、Sさん?)

4月1日、幸福を見つける目。

とある町で見かけたふくろうがいっぱいの家、名づけて『ふくろうの家』(そのままか)。

フクロウたち110322
ギョロ目のふくろうが家のあちこちにたくさんぶらさげられております。

ふくろう3
なぜ?でしょうねぇ。カラス除けでしょうか、それともハト除け?。
いやいや、もしかしたらこのふくろうたち、幸福を見つけるのが上手なのかもしれません。

ふくろう4
二つの大きな目で、この世のどこかに隠されている ”家主の幸福” を見つけてくれる…
(ふくろうだけに、福…なんてね)

まったく有り得ないような話ですが、、、
未来にかくされているかもしれない幸福を、見つけることができたらよいですね。
ついでに、怪しい話やよろしくない人物を選別することもできたならばなおよい。

この話題に関係があるのかないのか、、、
以前計画していた "田舎暮らしをしようとしていた件" が消えてなくなりました。
実は頓挫してから、もう1ヶ月以上も経つわけですが。

私にも、ふくろうの目があったなら。
もっと早く問題点を見つけ出して、早期に決断できたでしょうに。

でも大丈夫。
おかげで、将来起きていたかもしれない大難を小難にとどめることができましたし、
これにより本当の幸福を追い求めるキッカケを掴めたのかもしれません。
とはいえ、未来にかくされている幸福は、未来にならないと見えてこないんですけれどね…

これを読んでくださる皆さんにはなんのことやら…でしょうけれど。

なにしろ、ご卒業シーズンですから。そして、ご入学シーズンですから。

お引っ越しやら何やらで、周りの環境も変化してゆく時期ですから。

もう、春なんです。4月なのですよ。

誰もが羽ばたいたり、飛び出したり、新しいことにチャレンジしたりできる。

春って、そういう季節なんです。

こういうときですけれども、羽ばたける人から順に、思いきり羽ばたいていってほしい。

というわけで、私もがんばります。

明るい未来へ向かって。

さらに一歩、踏み出そうかなと。

ふくろう2

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR