黄昏る。

日曜日。夕刻の空。

多摩川の空110227

飾らない。
偉ぶらない。
誠実。実直。正直。素顔。
なにひとつ偽りがない。
偽りようがないのだ、自然というものは。
それは時として残酷でもあり。
だからこそ心の底から信頼できるとも。

さて、我々はどうであろう。


P.S.:明日から、雨だそうな。

スポンサーサイト

旅先にて携帯電話が鳴り…

訃報が届いた。

ワタシの高校時代の友人のお父上がお亡くなりになったと。

お父上は、病魔との辛く苦しい闘いをこれまで続けてこられた。
そして友人自身も、お父上のために一緒になって闘ってきたに相違ない。

お父上が闘病しておられるとの話を聞いて以来、共に絵画のアトリエで切磋琢磨したあの頃から変わらない、ワタシらしい心で、ワタシらしい文章で、呑気な日記を書き続けた。
このBlogをいつも見てくれている友人への応援のつもりで。
それが友へのささやかな励ましになれば、と思いつつ。

『僕はいつでもかわらずここにいるよ。あの頃と変わらぬ気持ちのままで。
 友よ、ここに立ち寄り、愚かな駄文に接してホッとひと息ついてくれたなら幸いだ。
 どうかがんばって、お父上を支えてあげて…』

あれから3ヶ月。

さぞやご無念だったことと、ご心中深くお察し致します。


高校1年生の夏、林間学校にでかけた時に、クラスの皆で絵を描いたね。
↓あの日、僕は1人俯いて足元を流れる川底の石をひたすら観察しながらこの絵を描いた。
石の絵
僕の亡き母は、この絵をとても気に入ってくれたのだった。
君はあの日、どんな絵を描いたのだっけ?
そして、お父上は君の絵を見て何とおっしゃったであろう。
多感な時期に絵の勉強を存分にやらせてもらえた僕たちは、本当に幸福者だと思う。
もちろん、がんばる君の姿をご覧になったお父上も、きっとお幸せだったに違いないよね。


お悔やみ申し上げます。

新しい児童書作り

新しい児童書作りのお仕事に、絵描きとして参加させていただけることになり、
先日、東京大学総合研究博物館教授の遠藤秀紀さんの研究室にうかがいました。

↓東京大学本郷キャンパス内、総合研究博物館の施設(奥の建物)。
東大110215

↓昨年、日本児童文芸家協会賞・特別賞を受賞した科学絵本のシリーズ、、、
絵本5冊の表紙

以前このBlogでもご紹介した『動物ふしぎ発見』シリーズの3人衆、すなわち…

    表彰式_01rr のコピー
作者の山本省三さん 監修の遠藤秀紀さん 絵描きのワタシ

上記3名に、さらに編集者のOさんを加えた”おやゆび四天王”(勝手に命名…)が、この日、遠藤さんの研究室で一同に会し、初の全体打合せ。
今作も、多くのお子さんや親御さん方に読んでいただき、長く親しんでいただけるような、
すてきな本にするべく、頑張る所存です。

なお本の内容につきましては、ご紹介できるタイミングを見計らって記事にしてゆければと思っております。


前日に雪が降ったので、
↓東大・赤門の屋根も白く染まっておりました。
赤門110215
赤門の『赤』と雪化粧の『白』、なんだかめでたい(笑)。

とりあえず渋谷の基礎工事はじまる。

とりあえず。

昨晩 (16日) より作業していた案件A (♪ドドソソララソ~♪みたいな) のムービーが完成。とりあえず午前中にファイル転送サービスを利用してムービーデータを先方に送信開始。
洗濯物を干しながら、まてよ?かさばるデータだから時間がかかりそうだが、午後の仕事へ出かけるまでに果たして送れるだろうか?と、とりあえずヤキモキ。

若干押しでデータの送信は完了し、予定より遅れて部屋を飛び出したワタシは、南無三!と心の内で叫びながら走ること数分、とりあえず乗りたかった電車に乗車できた。

途中駅にて地下鉄に乗り換え、案件Bの打合せ場所(大手製造業本社ビル)に到着。
ぶぁーっとイラストの大ラフ(つまりラフのラフ)を描いてご確認をいただき帰路につく。

うっかり食べ損なったランチを遅まきながら食しつつ、そうだ!と思いたち、一路渋谷へ。

我がマンションの工事現場がどうなっているか、とりあえず気になるものですから、はい。

↓敷地の西側。地下3階よりさらに深いところに筒を沈めて基礎を作る工事の真っ最中。
美竹110217_3 美竹110217_4
美竹110217_5 美竹110217_6
筒の中の土砂を外に排出すると筒は自重で沈み込む。その上に新たな筒を繋ぎ足していく。

↓筒が予定の深さに達すると、巨大な鉄筋↓を中に挿入してコンクリートを流し込みます。
美竹110217_11 美竹110217_9
そうすることで、地下に頑強な鉄筋コンクリートの基礎ができあがるのであります。

↓ちなみに敷地の東側は水分を含んだやや粘土質な土壌のため…
美竹110217_2
工法が異なるのだそうです。

おや?。
不意にポケットの中で携帯電話が鳴った。とりあえず周囲を気にして物陰に身を滑らせつつ ”受話器を上げる”のボタンをプッシュ。電話の内容は、ワタシが駆け出しの頃からお仕事のご縁をいただいているYプロデューサーからのご依頼ごと。
「ぜひ!」とお返事申し上げ、スケジュール帳の空欄部分にボールペンでとりあえず予定を書き込む。

美竹110217_1

というようなアレコレを経て、とりあえず本日の業務も無事終了。
今日はあたたかかったなぁ。

さて。

文中に ”とりあえず” は何回登場したでしょう?。

シトロエンBXのトランク

ワタシの相棒、シトロエンBX16TRS。
さらばBX

長年に渡り、人間1.5人分くらいの重さ(たぶん)の荷物をトランクに積み込んだまま走っていました。でも、いけないよ。そのままじゃ。燃費にも良くないしね。
いよいよ2011年になったことだし(?)、そろそろトランクもきれいにしてみようかな。
そう思い立ち、寒さに震えながらお掃除を実施しました。

荷物満載時の写真はあまりにも汚くてナンなので省くとしまして、

↓清掃完了後のきれいなトランクの写真だけupします。
BXトランク1
試していませんけど、ワタシくらいの体型であれば2人くらいは収容可能な広さ(ん?)。

BX車高
1982年デビューのBX。全長4.23mはその頃のカローラやサニーやファミリア等に相当。
それに対しホイールベース2.36mは、マークツーやセドリック並みに長かった。つまり、
サイズは小さいのに室内はびっくりするほど広々。もちろんその当時での話ですが。
あ、でも、この全長にしてこのロングホイールベースは今でも1等賞なのではないかな。
(T社のOpaがかなり肉迫していましたものの、やはりBXのほうが勝っていましたね)

さて、実際に居住空間+荷室空間について検証してみますと…

↓前席の位置がこのくらい(大人が余裕で座れるくらい)だとして、
BXフロントシート

↓後席もこれだけ余裕がある状態、すなわち、
BXリアシート

↓リアシートで足が組める程に充分な余裕があって…
bxリアシートで足を組む

↓なおかつ、トランクはこれだけ広い。
BXトランク3

手放せないわけですよ。長く乗っちゃうわけですよ。
だって、便利なんですもん。
もっさりした1.6L、90HPのエンジンフィールに、前時代的なZF製4速ATという、いささかとろい組み合わせも、乗り続けるうちにすっかり身体に馴染んでしまったし。

ワタシから見て、このサイズでBX以上に使い勝手が良く、なおかつスタイリッシュなクルマは他に見つからないんですから。しかも衝突安全基準が厳しくなりボディシェルが分厚くなったぶん、室内空間が窮屈となりどんどん肥大化して重たくなってしまった最近のクルマではなおさら。

買い替えようにも、候補が見つからない。
ライバル不在、ですな。
いや実際、次に選んだクルマもBX、という御仁も大勢いらっしゃるわけで。

もしもライバルがいるとしたら、それは昨日の自分、といったところか(笑)。


À bientôt!

起工式と組合の解散

よく晴れた日曜日。午前10時30分。
更地となった渋谷のマンション解体跡地にて、起工式を開催。
起工式1

起工式2

起工式4

起工式終了後、予定より少し遅れて管理組合の臨時総会が開催される。
建物解体に伴う組合の解散に関するすべての議案が満場一致で可決。
これをもって、ワタシの任期も満了することと相成った。


 「関係各位の皆様、これまで多大なるご尽力並びにご協力を賜りましたこと、
  厚く御礼申し上げます。誠にありがとうございました。」


いよいよだ。
ここに、新しいマンションの建設が始まろうとしている。
起工式6

"シ" は渋谷の"シ"(後編)

昨日は渋谷について、やれ人が多いだの何だカンダとあれこれ書きましたが、
渋谷のもう1つの側面についてもあれこれ書いておきたいと思います。

渋谷区桜丘町。ワタシが高校1~2年の頃に住んでいた町です。亡き母が25年に渡り経営したエステティックの会社の店舗があったのも桜丘町でした。
だいぶ以前に聞いた話ですが、渋谷は太平洋戦争中に空襲を免れた街区がいくつかあり、焼け残った建物が多いのだそうで、そのおかげでワタシが高校生の頃は、まだ古き良き時代の洋館の姿をよく目にすることができました。

↓たとえば、桜丘町にあった集合住宅・日本会館の建物。
集合住宅・日本会館
ちょうど坂を上りきった所にあったんですが、すでに取り壊されてしまいました。

同じ渋谷区の代官山にあった同潤会アパートも、そのようなわけで焼け残ったのでしょう。
こちらも再開発のためすでに解体され、今は代官山アドレスになってしまいましたが…
代官山アパート2 代官山アパート1
…同潤会アパートへはカメラ片手によく出かけたものです、学生時代に。
(その頃の写真は引越し荷物のどこかに押し込まれていてまだ発掘できておりません…泣)
また代官山の同潤会アパートは、映画のロケにもよく使われましたね。いま思いつくのは、大林宣彦監督の『HOUSE/ハウス』、角川映画の『キャバレー』、あと何だっケ…
そうだ。ワタシが特撮に関わったTV番組『宇宙刑事シャイダー』のロケでも使われました。

代官山アドレスをお散歩するよりも、同潤会アパートを散策するほうが楽しいんだなぁ…
…ワタシ的には。

で、あのバブル期から10年くらいの間に、こうした古めかしい建物は次々に姿を消してゆくこととなったわけですが、桜丘町には今でも若干残っているのです。
そんなような古めかしいのが。

↓たとえばこんな建物。
桜ヶ丘の古アパート2
丸い窓がレトロでおしゃれ。

ここって、おそらくアパートではないかと思いますが、ふしぎな形ですよね。
なんとなく『二笑亭』を思い浮かべてしまいますが(なんとなく、ですよ、あくまで)、
この建物、高校2年生の時に油絵のモチーフにしたこともあり、ワタシとしては感慨深い。
というか、嬉しいのです。この建物がまだここに建っていて、今も人々の役に立っている、ということが。

↓玄関ホールから左右二方向に階段が下っていくというふしぎな構造。
桜ヶ丘の古アパート1
この階段を見るたび『欽ちゃんのOH!階段家族』を思い出しちゃいます(笑)。

ワタクシ、昔ながらの建物が残る渋谷という街のこういう側面がだいすきでありました。
とはいうものの、耐震強度の問題や雨漏り、排水管の劣化、水道やガス等のライフラインの維持管理等について考えると、古い建築物の保存というのは現実には難しい。
現代の基準で見て、人々がそこで安心・安全に生活できなければいけないわけですものね…


ところで…渋谷のマンション建替え工事は一体どーなっているんでしょう。


↓はいはい、只今現場はこうなっています。
美竹110202_3
あと少しで真っ平ら。

そしていよいよ、管理組合最後の総会が近づいてまいりました。
よーし、がんばりますぞー。

À bientôt!

"シ" は渋谷の"シ"(前編)

数日前、所用あって渋谷を訪れました。
まずはワタシ的に恒例となっている『あの絵』を鑑賞しにゆきます。

井の頭線への連絡通路の広大な壁面に展示されている…
明日の神話
↑岡本太郎さん作『明日の神話』。

『明日の神話』は、”第五福竜丸が被爆した際の水爆の炸裂の瞬間をテーマにして”おり、
”悲惨な体験を乗り越え、再生する人々のたくましさを描いた”とされる”大阪万博のシンボルタワー「太陽の塔」に並ぶ、岡本の代表作”(出展:wikipedia)ですが、今の渋谷の街の混沌が渦巻いている様子を描いたようにも思えてくるような、まったくすごい絵です。
この絵がロハですきなだけ見られるなんて!。

さて、人にぶつからないようにゆっくり歩きつつ、
目的地に向かうため青山通りを目指しますが、、、
宮益坂110209

↓舗道には古本屋さんが1軒。
渋谷古書店1

↓あらまぁ、もう1軒。
渋谷古書店2
毎度のことながら、ついつい立ち寄っちゃいます。

それでもって目的地に到着し、さっそく某案件について打合せ。
やがて打合せは無事終了し渋谷駅へとってかえすわけですが、帰り道もとにかく人が多い。
この地を去って3ヶ月半が経ちますが、よくもまぁこんな凄い場所に住んでいたもんだと、
あらためてあきれかえったりひっくりかえったり。

渋谷夜景1_110204
いえね、たまに遊びにゆくにはいい街でしょうけれど、ここに住んでいたわけですからね。

↓ハチ公広場は夜毎こんな感じで黒山の人だかり…
ハチ公広場
芋洗い状態とはこのことでしょうか。

↓同じく駅前スクランブル交差点も、同じく…
ハチ公交差点アップ
うは。


ちなみにワタシの仮住まい先である現在の生活圏はこんな感じ。
近所の道路
↑BXの契約をしている月極駐車場の前面道路。

昨秋から続いていた舗道の拡張工事&道路の補修工事が1月に完了し、とってもきれいになりました。渋谷に比べ、ここは同じ東京か?というくらいに静かでのんき。いいですなぁ。

でもね、、、
仏国製の紅茶の茶葉とか、神山町にあったお店のショコラとか、輸入盤の希少なCDとか、
フランスの自動車雑誌とか、そういう類いの『ワタシが大すきなもの』がどこにもなんにも売ってないの(笑)。

À bientôt!

赤いてんとうむし発見

近所の月極駐車場にて珍しいクルマを発見。

↓縦目のベンツ…
てんとうむし5

↓…のとなりに ”赤いてんとうむし” ことスバル360。
てんとうむし2
1968年登場の36psエンジン搭載 ヤングSS か、25psエンジン搭載 ヤングS のほうか。
ハテ、どっちでしょう??。

↓とても大切に維持なさっているようですね。
てんとうむし3

↓ボディサイドのウェーヴがすてき。
てんとうむし4

↓けれど、青空駐車…嗚呼。
てんとうむし6
雨の日はちょっとカワイソーかも。


↓えぇと、となりのシックなベンツについても少々…
てんとうむし1
3.5リッターの280SEL(70年代初頭の個体と思われマス)。
縦目ではあるものの3灯モデルでない点がちょっとワタシ的に残念ですけれども、
漆黒のボディにホワイトのルーフだなんて、ツートンカラーがしゃ・れ・お・つ。

ベンツ
この頃までのベンツは本物の気品と風格を兼ね備えているようでワタシもお気に入りです。
そうそう、この時代までのはメルセデスとは呼ばず、あえて昔のままにベンツと呼びたい。
(さらに昔に遡れば、赤ちゃんだったワタシは『べんちゅ』と呼んでましたが(笑))


ところで、昨今のエコカーブームとは違った視点でこの2台を比べてみるとおもしろい。
両者の大きさにあまりにも格差があるものですから。
まずはエンジンの排気量。ベンツの3.5Lに対しスバル360はたったの0.36L(笑)。
それぞれのクルマを作るのに使った地下資源の量も、ボディに吹いたペンキの量にしても、
走らせるために使う化石燃料の量にしても…歴然と差がありますでしょ?。

こうして見ると、てんとうむし…やっぱりエコなんだなぁ。

ということで、ひとつ。

(でももしヤングSS のほうだったら燃費はあまり褒められたものではないらしいケド…)


À bientôt!

2月2日解禁、Perfumeの新曲『レーザービーム』

さあ、2月になりました。
2月は如月(きさらぎ)の別称もありますが、ワタシのお気に入りは梅見月(むめみつき)。

 ”梅は~咲い~たか、桃屋は~まだかいな~”  いよっ!のり平師匠!


そんな2月になって最初にお知らせしなければならないこと。
それはPerfumeの新曲についてであります(笑)。

本日2月2日解禁の新曲『レーザービーム』、CD発売に関しては今現在発表はありませんが、
着うた(R)が「レコチョク」・「アミュモバ☆DX」にて配信スタートです。

  ♪ストレート ドキドキする 視線はまるで レーザービーム♪

↓さらにこの新曲、「キリンチューハイ 氷結」CMソングにも使用されます。
Perfume 新CM キリン氷結
曲に合わせて躍る3人の人影(CG)。

あの子供だったperfumeが、お酒のコマーシャルとタイアップですかぁ。
でも、小学6年生の時に結成したというPerfume(当時はぱふゅ~む)も今年で11年目。
もう大人なんです。

ちなみに、結成最初期の2000年春のメンバーはといいますと、
西脇綾香さん、樫野有香さん、そして河島佑香さん。
”のっち”こと大本彩乃さんはまだ加入していなかったんですね。
グループ名も、ゆかちゃん・あやかちゃん・ゆかちゃんのイニシャルをとって『Y.A.Y』。

それが、メンバー3人の名前に偶然にも"香"の文字が入っていたことから、
『Y.A.Y』から『ぱふゅ~む』(英語で香水)というグループ名に変えたのだそうですよ。
2000年 スーパージェットシューズ 河島佑香 樫乃有香 西脇絢香
3人のポーズが『Y.A.Y』に見えてきちゃうのはたぶん気のせい。

その後、河島さんが抜けて2001年夏に大本さんが加入し、現在のメンバー構成に。
1 2 3
ところが、大本彩乃さんの名前に”香”の文字はありません。

そこで、以後グループ名の由来について質問された時には、、、
「香りは人の気持ちを和ませたり、楽しい気持ちにするので、私たちもそういう存在になりたくて、香水という意味のぱふゅ~むにしました」と説明することにしたのだそうです。
(「まぁ後付けなんですけどね…」とTV番組で明かしていましたけどね…)。

オンタマ2009年7月6日~10日
かつて子供だったPerfumeさんたち、11年目の今年もたくさんの夢を実現できるよう、
怪我には充分気をつけて、大いにがんばってほしいものです。

え~、長くなりましたが…
2月2日(水)18:00より「キリンチューハイ 氷結」CMがTVにてO.A.スタートしますので、
ご覧になった際には「あ~この曲ね」とチェックしてみて下さいまし。


そして東京ドームでの公演を収録したDVDも、発売日(2月9日)が近づいてまいりました。
店頭予約した人への特典となるポスターのデザインも決まったらしい。
20110131-LIVEDVDPOSTERok.jpg
↑こんなふうに。

というわけで(?)寒い2月も張り切ってまいりましょう。


À bientôt!

プロフィール

喜多村 武

Author:喜多村 武
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR