FC2ブログ

BX、ヘッドランプのぽろり

日常の足としてがんばってくれているシトロエンBXですが、
無くて七癖、BXの場合はやはり、有って四十八癖(笑)。

BXクリップ0

数多い癖…というか欠点の一つ、
ヘッドランプのガラスがぽろり外れる件について書きます。

メッキを施した反射鏡(プラスティック製)に、ガラス製のレンズをコーキング材で接着してあるだけの構造でありますBXのヘッドランプは、経年劣化によってガラス部分がぽろっと外れます。走行中にガラスが落ちて破損するケースもあり危険ですし、また紛失したりした場合は新たに部品を調達しなければならず、なかなか手間がかかります。
BX正面2

ワタシのBXも2年前、ガラス表面をウェスで拭いていた時にぽろりと外れてしまいました。そこで、キレイにするチャンス到来!と、さっそく外れたガラスを部屋に持ち帰って洗剤で洗浄し、新たにコーキング処理を施しましたが、それではまた外れる可能性があると考え、ガラスを抑えるクリップを自作することにしました。

BXクリップ6 BXクリップ7
↑外れたガラスをガムテで抑えて…    ↑奥は洗浄後、手前は洗浄前(手前は汚いっ)。

この時代(80年代~90年代前半頃)のロールスロイスやボルボなど、BXに似た構造のヘッドランプを有する車輛は、ガラスの周囲をクリップ状のパーツ4個ほどで保持しています。
それを参考に、錆びにくい金属であるステンレスを使って自作しました。

自作といったって、なにも大それたものではありません。
書類を閉じる時に使うガチャ玉、アレをラジオペンチでひん曲げて作っただけです。
BXクリップ1 BXクリップ2
↑左はガチャ玉、右が自作クリップ。  ↑こちらも同じく、右が自作したクリップ。

これをコーキング処理したヘッドランプの裏側の窪みに引っ掛けてガラスを固定します。
BXクリップ3 BXクリップ5

最初はなかなか思ったような角度にならず、曲げる時にちょっと力加減が難しいものの、
やってみると簡単にできますので、ウチのコにも必要!と思われる方はぜひお試しくださいませ。これなら万が一ガラスが外れた場合にも、とりあえず落下は防げるのではないかな、
と思いまする~(いや、実際そうなった場合、どうなるかはわかりませんけれどもね…)。


À bientôt!

スポンサーサイト



1月25日、円谷監督の命日ナリ。

いつの時代にもですね、今しか見ることのできない旬な風物というものはあるにせよ、
東京スカイツリーのお膝元では、大挙しておしよせる見物客にちょっとお困りのご様子。
そのおかげで地域経済が潤おうという嬉しい側面も、もちろんあるわけですけれども、
地元に住まわれている方々は、毎日そこで静かに暮らしておられるわけですものね…。


↓鋭意建設中の東京スカイツリー。
スカイツリー
1月初旬、浅草方面を走行中にシトロエンBXから1枚。
(注:走行中とありますが、他の写真も含め、停車してパチリですよ!)

↓同じ日、言問橋を走行中にもう1枚。
スカイツリー101229_1
なんだかテリー・ギリアム監督の映画に出てきそうな近未来的な風景。

3月頃には世界第1位の高さになるのだそうです。
するとまた見物客も増えますなぁ。


さて、スカイツリーが新しい東京のランドマークであるならば、
昭和29年の東京のソレは、やはり銀座の和光ビル(旧服部時計店ビル)でしょうか。

↓昨年末、師走の銀座を走行中に和光の時計台を激写。
和光時計台
和光ビル…1932年の竣工以来、そのままの姿で建っているんですね。
多額の負債がどうこうと取り沙汰されているものの、何はさておき、すごいことです。


ところで、なんで昭和29年?。


えぇと、昭和29年11月3日に公開された映画『ゴジラ』(第一作) の劇中、当時東京のソレであった和光ビル(のミニチュア)が、ゴジラによって惜しげもなく破壊されたのです。

↓がおー。うぎゃー。
ゴジラ2

↓ついでに国会議事堂も足蹴にされて木っ端微塵。
ゴジラ1
時代が時代なだけに、このシーンでは観客の拍手喝采が劇場内に鳴り響いたとか。
(いつの世も変わりませんね、政治不信というものは)


あ、でもなんで今日、話題が『ゴジラ』?。


1月25日。


ただの作り物にすぎないゴジラに生命を吹き込んだその人、
円谷英二特技監督の御命日なのであります。

円谷英二写真集
↑円谷英二監督の写真集。
…昭和45年にお亡くなりになってから3年後、昭和48年に刊行。
円谷監督については、これまであまたの書籍が出版されてきたものの、一番グッときちゃうのはやはりコレ。なにしろ著者はご子息の円谷一(はじめ)氏なのですから。

監督の作品を見て育ったボクたち、みんな、がんばっていますよ。
それぞれの場所で、それぞれの分野で。

ゴジラ3

合掌。

シトロエンXMのアレをBXのコレに戻した。

↓真紅のシトロエンBX16TRS、元気に活躍中!でありますが…
xm~bx13

↓ステアリングホイールをシトロンXM-X用の革巻きに換装してから、かれこれ2年…
bx内装
久しぶりに元のハンドルに戻そう!と思い立ち、さっそくD.I.Y(ん?D.I.Mか?)。

↓まず、XMのステアリングホイールを慎重に外す。
xm~bx1
中央にあるナットで固定されているだけ。

昨今のエアバッグ付き車と違って、いとも簡単に外せます。しかもこの頃のフランス車は、ホーンスイッチがパッド上に無いので、配線について考えなくてよいのでらくちん。
(ちなみにホーンスイッチはウインカーレバー先端に付いていることが多かったデスネ)

↓続いてステアリングコラムのカバーを外す。
xm~bx2
ウインカーレバーとワイパーレバーの角度を変更してあるので、元に戻さなければ。

↓コラム下のカバーが外れた。
xm~bx3

↓ネジを緩めて、レバーの角度をちょうどよい位置になるように調整します。
xm~bx4
うひゃあ、なんてアナログ作業なんだ。最近のクルマではまず有り得ないでしょうネェ。

↓BX用のステアリングホイールを仮止めし、レバーが元通りキテルかどうか位置を確認。
xm~bx5
よし。キテル、キテル。

↓分解したカバーを元に戻します。
xm~bx6
カバーは安っぽいプラスティック製。プラモデルを組み立てているみたいで楽しい。

↓いつもしんどい思いをするのが、コラムカバーの一番奥にあるネジ。
xm~bx7
うまく入ってくれないことが多いんですが、この日はすんなり入りました。


ちなみに…
両者を比較すると、ステアリングホイールの握りの部分はXMの方が細い。
xm~bx8
スリムさゆえに外径も大きいような錯覚に陥りますが、径はほぼ同じです、はい。

横から見ると… ↓こちらがBX用。   ↓こっちはXM用。
xm~bx11 xm~bx12
大きな差異は、スポークの角度です。XM用のほうが深いですね。
そのためにウインカー等のレバーが届かなくなり、角度の調整が必要になるんです。

そのほかについては、以前にも書きましたとおり。
ワタシにとってはメリットの方が多かったので、このモディファイ、ワタシはアリでアル、と思っております、はい。


↓さてと。最後に、ステアリングホイールをしっかり固定しておしまい。
xm~bx9
このステアリング、新品同様の状態で保管していた超美品ナリ。くぅーっ。

↓2年振りに本来の姿に戻ったBXのコックピット。
xm~bx10
うーん、ナンダカンダ言っても、やはりオリジナルな状態が一番ですなぁ。

Très bien!

初代ルノートゥインゴ elite

先日、アルフィスタのAさんのご好意によりトゥインゴの試乗をさせていただきました。
1997年製、eliteという名の限定車(eliteブランドとのコラボモデル)。

tw10.jpg

全長3.425m、全幅1.63m、全高1.415m、ホイールベース2.345m、重量860kg。
以前登場したルーテシア(clio)に比べ、全長は約30cm短いものの、幅はほぼ同じ。

ちなみに現在の軽自動車のボディ規格が全長3.40m以下、全幅1.48m以下、全高2.00m以下となっていますから、ほぼ軽自動車サイズなのに、幅だけは5ナンバー車並みに広いわけで、
あれこれ縛られがちな日本の自動車業界において、今もユニークな存在なのは間違いない。

ところで日本の軽自動車規格のことで言えば、『室内広々!』を謳い文句にしている昨今の軽自動車って、ただトゥインゴの背を高くしただけじゃない?なんて思ったりもします。
リアシートを前後にスライドさせて後席足元に広大なスペースを稼ぐところなど、単にこのトゥインゴの設計思想を追随してるだけ、みたいな。あくまで私見ですけれどもね。
もっとも、トゥインゴのデザインに大きな影響を与えたのが、かつてのホンダの軽自動車、トゥデイであったことも、ここに書き添えておく必要がありますが。

それはさておき、、、
エンジンはD7F型、1,148cc 水冷4気筒のSOHC。マルチポイントインジェクションにより、最高出力 58hp@5,250rpm、最大トルク 9.3Kg@2,500rpmを発生。
ar23tw.jpg ar11tw.jpg
(まぁ、動力性能については有り体に言ってしょぼいですが…)

ロングホイールベースのボディに広い室内、小さめのエンジンにマニュアルミッション、
キズがついても気にしない樹脂バンパー、泣き顔か笑い顔か判らぬ表情のヘッドランプ等、往年のフランス車らしさをそのまま継承しているかのような初代ルノートゥインゴ。

eliteモデルだけの特徴として、特別色のボディカラー、かご細工みたいな柄の専用シート、リアシート背面に装着できるeliteブランドのバッグ、13inchアロイホイール、などナド…
tw6.jpg ar03tw.jpg
…ポップな出で立ちが人気を博したトゥインゴの中でも、異彩を放つシックな一台でして…

とはいえ大仰なエンブレム類などは見当たらず、ドアノブにeliteの小さなロゴがあるのみ。
ar24tw.jpg tw4.jpg
ちょっとオシャレさん。この控えめさこそ本来あるべきフランス車流儀(だと思う)。


シックといえば、イニシアルという高級モデルもありましたね、かつてのバカラに相当するグレード…なのかな?(あまり詳しくないんです)本革シートに大人びた内装デザイン…
イニシアル1 イニシアル2
…イニシアル…ワタシ好みではありませんが、さらに上ゆくシックさが魅力ざんす。


初代ルノートゥインゴは1992年のパリサロンで発表、93年モデルより販売開始。
エンジンTYPE別に見ると、92年~96年のOHVエンジン、97年~2000年のSOHCエンジン、そして2000年以降のDOHCエンジンと、3世代に分けられます。
また98年(99年モデル)からマイナーチェンジしてトゥインゴ2を名乗るようになったので、デザイン面ではここで前期・後期と分けることもできますね。
日本では1995年に正規輸入を開始し、2003年に終了しましたが、フランス本国では2007年まで販売が続き、その年に現行型の二代目にスイッチしております。

tw1.jpg tw5.jpg
本国で14年間も販売されたご長寿モデルだという点も、往年の仏車を彷彿とさせますなぁ。

92年デビュー時、フィリップ・プティ・ルーレ氏のイラストを広告に起用したこともあり、日本に導入された95年頃、ワタシが最も期待を寄せていたフランス車でありました。

↓プティ・ルーレ氏の手による広告。
twingoイラスト 

でもねぇ、2ドアだったし、、、
ドア4枚派のワタシとしては、当時は購入にまで至らなかったわけですが…。

あれれ、ココまで書くのにずいぶんスペースを要してしまいました。

tw3.jpg

よって試乗記の続きはまたの機会に。

1月10日、シトロエンBXについての雑記

先日、我がhydro道の良き先輩、Sさんから教わりました。

シトロエンBXのLHMタンクのユニットに刺さっているリターンホース(オクトパス)の中の1本が繋がっているゴム製L字ジョイントを外すと、中に金属製の小さな玉が入っていると。

ハイドロの玉1
↑あった。ベアリングみたいな玉。

ハイドロの玉3
今までちっとも知りませんでした。

抜いてみたことなかったからなぁ…
でも、なんのために入っているのだろう?
普通に考えると、強い圧力がかかった際に玉を押し上げてホースへの入口を開く。
圧力がかかっていない時には、玉の自重により入り口を閉じる。
つまり一種のバルブの役割をしている、と思われるんですが…
そういえばこのホース、ブローバイだったような…ん?…

ハイドロの玉2

よくわからないけど…いろいろ勉強になります。
ことに電子制御化されていない時代のちょいフルなフランス車は、からくり的メカ満載で、見ても触っても面白くて楽しいし、機械工学に関して学ぶべき点も多い。
BXは知識の宝庫だ。日常は大して役にも立たない、どうでもいい知識ですけど、ね。


ところで…

寒い冬の朝、BX出動の際に暖機をしていると、マフラーの排気口が下向きなため、ちょうど月極駐車場のタイヤ止めのところで排気ガスが遮断されるんですが… 

BX排気1 BX排気2

これを見ていると、サンダーバード2号の発射カタパルトでの場面が思い浮かんで…

TB2.jpg TB3.jpg

なんか、似てるでしょ。

BX排気3
…そんなわけで、ひとり悦に入っております。

むふふ…。

『SPACE BATTLESHIP ヤマト』

先月、ていうか、もう去年か…

新宿ピカデリーにて見てきました。いま話題の映画。
かつて一世を風靡したSFアニメ『宇宙戦艦ヤマト』の実写版、、、
ヤマトポスター
『SPACE BATTLESHIP ヤマト』。

劇場で映画を見るなんて久しぶり。『犬神家の一族 リメイク版』…『ハウルの動く城』…いや、『こま撮りえいが こまねこ』以来か??(笑)。
学生時代には年100本前後見ていたんですがね。今はDVDで見たりもしているとはいえ、
少ない。少なすぎる(だって高価いんだもの、入場料)。

↓リニューアルされてシネコンスタイルとなった新宿ピカデリーのチケットカウンター。
ヤマト観に行く1
もんのすごい混雑ぶり。
カウンターにいた劇場スタッフ嬢に「いつもこうなの?」と笑顔で問うてみたところ、
「本日はレディース・デイですから」とのご返答。なるほど。たしかに女性が多い。
こうして映画館が大勢の人で賑わっている様子は、いつ見ても気分がいいものです。

↓おや?なぜかアニメ版のセル画(みたいなの)が展示中。
ヤマト観に行った2


でもって、巷では賛否両論、評価が別れているようですけれども、あのアニメの実写版としてはかなりイイ線いってるんではないかとワタシは高い評価をいたしております。
内容についてはここでは触れませんが、キャスティングも現在考え得る最良の配役であろうと思いますし(アニメで見た真田さんや島といったキャラクターたちがちゃんと実写の世界観の中で息づいていますし)、伊武雅刀さんや緒方賢一さんら声優陣も、そして何よりあの勇壮なテーマ曲もしっかり健在なのが嬉しい。

過去のアニメやヒーローものをリメイクする際、外してはならない要素というものがいくつかあると考えていますが、そのあたりをおおむね外すことなく踏襲したり発展させたり。
限られた上映時間の中でストーリーが幾分駆け足気味なのは仕方ないとしても、中学1年生の時に初日の朝5時、渋谷の映画館の大行列に並んでアニメ版を見たかつてのファンの一人として、今作はかなり楽しませていただきました。
いくつかのシーン(セリフ、ナレーション等)ではグッときちゃったりもしましたし。

そして、劇場では若い観客のすすり泣きや嗚咽が耳に届いてきたりもいたしました。
やはりねぇ、これって戦争映画なのですよね。もう敵側の理不尽な理由から仲間がばんばん殺されまくる。そういう日本映画ってここ最近ないでしょ。あったとしても、これほどまでに話題に上る作品は。
自分の人生、愛する者のいのち、家族との絆、そういったものをどう捉え、どう考えるのかってことを見る者に問いかけてくる映画なのですね。
若い皆さんにとってはきっと新鮮なショックなのではないかな。
アニメ版も当時は、はい、そうでした。

と、そういうわけでありますが、
ただ唯一、やはり佐渡先生の配役が…ちと残念で…。
沖田艦長、徳川機関長、佐渡酒造先生の3人は、古代たちとは年齢も、生きた時代も異なる
旧世代の男たちでなければいけないと思うんですが…
ま、ワタシの個人的な意見ですがね…


↓奇跡的に(?)ウチに保管してあった当時のポスター。
ヤマトポスター旧
たしか3種類あった図柄のうちのBタイプ?。

昭和52年公開の『宇宙戦艦ヤマト』。
のちにあらゆるSF・怪奇ものとか東宝特撮とか大林宣彦監督、市川崑監督、ヌーベルバーグと種々様々なるフランス映画、宮崎アニメ(ナウシカ以前のね)、モンティ・パイソン、
黒澤映画、007、チャップリンその他のサイレント喜劇、等ナド、あまたの作品を見まくる
ようになったキッカケというか、映画小僧の誕生前夜みたいな時期に出会った記念碑的作品であったなぁと、今この瞬間ふと思いました。


あれ?なぜか主演のキムタクさんには触れていませんな。
こちらについても賛否両論みたいですけど、いえね、ワタシはアリだと思いますよ。
なんか、上から目線でキョウシュクですが。
だってアニメのまんまの古代進では、今どき作品として成り立ち辛いでしょうに…。


↓最後に、以前もUPしましたが松本零士さんからいただいたサイン。
松本零士サイン

そういえばお名前、クレジットされてました?。
今作でも、設定・デザインの大部分は氏のお仕事の流用とお見受けしましたが。
見落としたかな??(パンフ買ってないしわからない)。


À bientôt!

Bonne Année

2011年。
あけましておめでとうございます。

本年も相変わらずのくだらなさで邁進してまいりますので、
ご面倒でなければ、引き続きお付き合いのほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


↓道ばたで見つけたこどものらくがき。
道路のらくがき

自由だ。
水玉模様の服を着た女の子がウィンクしている絵ですが、
大きくて、のびのびしていて、まったくもって自由でよろしい。


ワタシも、こんな風に自由でありたい。
いや、今までもそうだったかもしれませんが、
新しい年は、さらに自由でありたいと思っています。
信念をもって。


あ、一句できた。
『兎追う 信念のひと 自由びと』
信念と新年をかけてるんですが…新年は季語じゃないのかな?
ていうか、元旦早々なんじゃこりゃ(笑)。


Bonne année, bonne santé.

プロフィール

喜多村

Author:喜多村
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR