FC2ブログ

初代ルノー ルーテシア RN(ていうか Clio)

9月の時点で「入庫したら最初にご連絡しますよ」と言ってくださいました欧州車専門店のフォルトゥーナの社長さんから、数日前に「仕上がりましたよ!」とお声がけをいただいたので、さっそく拝見しに行ってまいりました。


↓ルノー ルーテシア RN。 えぇと、フランスではクリオ(Clio)という名前ですが…
ルーテ1 ルーテ2
…日本では国産車メーカーのH社が商標登録済みだったため(車名ではなく店名ですけど)クリオ(Clio)の名は使えず、ルーテシアと命名されちゃったことは周知の通りです。
(フランスに行って「ルーテシアに乗ってる」といくら言ったところで理解されますまい)
現在、3世代目がルノージャポンより正規輸入されておりますが、この車輛は1世代目。

1995年モノ、1.4L、AT、5dr、走行6.2万km。稀に見るGood Conditionな1台。
ていうか、近年まずもって路上で見かけることがない絶滅危惧種であります。

↓内装…とてもきれい。        ↓エンジンも振動少なく軽やかに回る。
ルーテ3 ルーテ4

でもってフランス車党ならば誰もが気になるのが、小さなボディに対して車内がどのくらい広いのか、或いは狭いのか、ですネ。
早速チェックしてみました。
全長たったの3720mm、つまりT社のヴィッツより小さいサイズなのに、、、

↓リアシートの足元は想像以上の広々感。
ルーテ
後席に腰掛けても、前席シートバックに膝が当たらない。
窮屈さとは無縁です。いやぁ~びっくり。

↓すると荷室はかなりミニマムなのか?と思いきや、
ルーテ6
意外にトランクもちゃんとしている。立派なもんデス。

リアシートは左右分割で折り畳めるし、、、
15年前のクルマといえども使い勝手は二重丸。さすが仏車だ。

シートは例によって柔らかく快適ですし(フランス車として必須)、リアサスペンションはトーションバーですねぇ、おぉ懐かしい。

デビュー翌年にヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した初代ルーテシア(Clio)。
1990年~98年に販売され好評を博しましたが、当時のライバルはといえば、プジョー106、シトロエンAX及びSAXO(日本名はシャンソン…うわ、やな名前)、あとはオペルのコルサ(日本名はヴィータね…)、ローバーの114、フォードのフィエスタあたりでしょうか。あ、フィアットのパンダやティーポもそうかな。(追記:プジョー205を忘れてました)

フランスはおろかヨーロッパ中でかなり売れたそうですし、ルーテシア(Clio)が当時の ライバルより1歩抜きんでた優秀なクルマであったことは間違いないでしょう。

ルーテ8


いやぁ、ワタクシ、左ハンドルでドアが4枚でエンジンが小さくて乗り心地がソフトで、ミッションはMTでもATでもいいけれど、電子制御が施されていない時代の、フランス人が作ってくれた、そんなクルマについついお箸が進んじゃうというか、食指が動いちゃう。

なので…いいなぁ。コレ。


フォルトゥーナの皆さん、
年の瀬のお忙しい時にお時間をいただき、どうもありがとうございました。
フォルトゥーナ101229
この黒い309もいいんですけど、GTiだからなぁ…SIならなぁ…。

エンスー的欧州車専門店フォルトゥーナ


À bientôt!
スポンサーサイト



12月4日、増水した川に近づくのは危険です

昨日はすごい雨でした。
木曜夜から金曜朝にかけて。
まるで街全体が巨大なシャワーを浴びているみたいな。
いやほんと、ハンパない豪雨でした。

が…。

その頃ワタシは仕事のかたわら某図面とにらめっこしている最中で…
両耳は音声チェックのためのヘッドフォンで塞がり、両目はドライアイになりかねぬ勢いでPCモニター上のいじりかけの図面を凝視しておりましたゆえ、実は大雨どころではなく…。


それでも3日朝7時20分、東京都23区西部に大雨・洪水警報なんぞというスゴイのが出たものですから、びっくりするやら興奮するやら。
大雨洪水警報

なにしろ小学生だった頃、あの多摩川堤防の決壊騒動に遭遇してますので(当時は左岸側に住んでいたので直接被害には会いませんでしたが)。

これはいかん、すわ一大事!
万が一洪水にでもなったらタイヘン、なにしろ川から5分くらいの場所に住んでいますから、いざとなったらBXをどこかへ避難させなきゃ、とか、のらねこさんたちや中州に住んでいたタヌキどんは一体どうなるんだろ?などと考えながら、カメラ片手に近所へ見回りにでかけました(内心ワクワクしたりもしていたことは内緒)。


ですが、
雨はとっくに上がってますし、川の水位もさほどでもなし、というわけで、
安堵しながらあれこれパチパチしてきました。

多摩川101203_1 多摩川101203_2

多摩川101203_3 多摩川101203_4

多摩川101203_5

とりあえずよかった。ぱちぱち。


À bientôt!




12月のパレットの色は?

いよいよ12月。
2010年も残すところ1ヶ月…うは~っ、日の経つのが早い。早すぎる。


ここ数日、部屋にこもって某案件の映像制作のためのキャプチャー作業をしております。
ずいぶんテープが回ったため…素材はぜんぶで12時間くらいかなぁ、もうちょい短いか?…いずれにしても編集前の準備としてはオオゴトでありまして、膨大な"動画"をPCにデータとして取り込むわけですが、素材のチェックも兼ねているので見ながらの作業となり、これが結構タイヘン。
なにせPCの前でじっとしてなくちゃなりません。
(なんか、子供じみてますが…)

ふと窓を見やると、この季節独特の凛とした鮮やかな景色が目に飛び込んできて、なんだかもうそわそわしてしまいます。
今しか見られない色。今しか感じられない空気。
いてもたってもいられない。

なので、ムービーを書き出している間なんぞについつい散歩に出たくなったりします。
カメラをポッケに忍ばせて。


あらま、どちらへ?。
ちょっとそこまで。この季節のパレットに相応しい色と彩を探しに、ね。


101129多摩川8 101129多摩川1

101129多摩川9 101129多摩川6

101129多摩川2 101129多摩川5

101129多摩川7 101129多摩川4

101129多摩川3

とまぁそういうわけで、いろいろ見つかりましたとさ。


À bientôt!

プロフィール

喜多村

Author:喜多村
 映像Director、絵本作り、
 イラスト作画、アニメ制作、
 鉄道模型の設計などしている
 ”アトリエざんまい” な日々。
 最近は大学にて講義をさせて
 いただいたりも…。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR